1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 【鷹の爪リリカのマッチングアプリ塾】いざ、対面! 初デートの心得

【鷹の爪リリカのマッチングアプリ塾】いざ、対面! 初デートの心得

Share

恋活や婚活を目的に多くの女性が利用するマッチングアプリ。アプリを通じて出会った相手と結婚する女性もいる一方で、うまく使いこなせず疲れてしまう人も……。【鷹の爪リリカのマッチングアプリ塾】では、 婚活ブロガーの鷹の爪リリカさんがマッチングアプリで結ばれる人と結ばれない人の違いを解説。今回は「デート編」をお届けします。

【鷹の爪リリカのマッチングアプリ塾】いざ、対面! 初デートの心得

鷹の爪リリカ プロフィール

鷹の爪リリカ:
婚活ブロガー・マッチングアプリ芸人マッチングアプリを使い倒す婚活ブロガー。Twitter・ブログ・WEBメディアで恋愛ネタを発信している。リアルに出会う婚活女子交流会も不定期に開催。恋愛や婚活、人生で悩める女性の手を引くパワフルアラサー女子。
Blog:結婚できる人に恋しろよ
Twitter:@ririka_rrk

年収から服装の好みを予測できる?

初デートで迷うのが、当日の服装。
シンプルなワンピースや膝丈のスカートなど、無難で女性らしい格好を選ぶ方が多いと思いますが、マッチングアプリで出会った数々の男性とデートを重ねてきた鷹の爪リリカさんによると、「男性の年収によって服装の好みをある程度予想できる」のだそう。

「男性の年収によって、好みの服装に一定の傾向があるように思います。
高収入男性の多くは初対面で結婚相手としてふさわしいかを見極めようとする意欲が高く、自分と同等かそれ以上の知性や教養などがあって自立している女性を理想としている印象を受けました。そのため、知的な雰囲気を演出するきれい目のジャケットスタイルや、活発で仕事のできそうな印象を与えるパンツスーツなどを着ていくと褒められましたね」

年収が高くない男性にも何か傾向はあるのでしょうか?

「年収が低い男性は、お金をかけているエレガントな女性が相手だと劣等感を感じてしまうため、高級すぎないけれど清楚な印象を与えるファッションを好む方が多い気がします。過度な露出は避け、ブラウスにカーディガンを羽織って膝丈スカートなどを合わせるのがおすすめです」

ほかの女性と差をつけたいなら、初デートの前に彼の好みを予測して、第一印象アップを図りたいですね。

品定めする気持ちを捨て、自分が楽しむことを最優先に

せっかくマッチングしたのに、2回目のデートにつながらない。
そんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

「相手を品定めしよう、相手に良い印象を与えようという気持ちを捨てて、とにかくナチュラルな態度で自分が楽しむことを目指しましょう」

鷹の爪リリカさん曰く、2回目デートに誘われるコツは「とにかく自分が楽しむこと」。

「デートへの姿勢が会話の内容や態度に自然と現れてしまい、相手にも伝わってしまうんですよね。最近は自分を作ったりせず、相手に嫌われてもよいからナチュラルな自分で楽しもうと考えてデートに臨んでいます。すると、自然とリラックスできて初対面の相手とも短時間で親密になれるんです」

貴重な時間を思いっきり楽しもうと心がけることでデートが盛り上がり、2回目のお誘いも増えたのだとか。

「また、初回デートでも恋愛観や結婚観などの真剣な話をしっかりするのが重要です。うわべの会話だけでは距離が縮まりません。相手の恋活・婚活への熱量を確認する意味でも、過去の恋愛について語り合ったり、結婚願望の強さや相手に求める条件を聞いたりして、お互いの恋愛観や結婚観を共有するのはよいことだと思います」

さりげなく相手の本気度を見極めつつ楽しい時間を一緒に過ごすことが、2回目デートにつながるコツと言えそうです。

求めるポイントを明確にし、理想の相手に出会ったらきちんと向き合う

「マッチングアプリで婚活に成功した人の共通項は、男性に求めるポイントがはっきりしていたこと」と鷹の爪リリカさんは語ります。

「たとえば、友人Aの理想は『とにかく顔がタイプであること』、専業主婦になりたい友人Bの理想は『年収800万年以上の人』。彼女たちは理想の男性像をしっかり持っていて、それに合致した人を見つけたら自分から『いいね』をしたり、ほかの男性と比べたり別の出会いを探したりせず、一途に向き合っていたようです」

そのふたりはどのような経緯で相手の男性と結婚することになったのでしょうか?

「ひとりはアプリを通じてはじめてデートの約束をした男性とスピード婚しました。2回ほどデートを重ねた後に告白されてお付き合いをはじめ、その1カ月後には男性が彼女の実家へ交際の挨拶に来たそうです。両親の後押しもあって、その場で結婚が確定したのだそう。

もうひとりは『王子様みたいな人』という明確な理想像があって、合致する人に会うまではたくさんの男性とデートしていました。理想の相手に出会ってからはその男性に絞って自分からデートに誘うなどして積極的に押していましたね。その後、念願かなって3回目のデートで花束を渡されて告白されたそうです」

では、マッチングアプリで恋活や婚活の成果がなかなか出ない人にはどんな特徴があるのでしょうか?

「私自身がそうなのですが、『こんな人と出会いたい』という明確な条件がないため男性をつい比較してしまうのだと思います。たとえば、Aさんは年収や社会的地位は圧倒的に高いけど顔が好きになれないし、Bさんのイケメン具合と高身長は捨てがたいけど性格が難ありだし、Cさんは大手企業勤めで安定していて結婚向きだけど会話がつまらないからちょっとなぁ……といった感じで、ひとりの男性に決められないんですよね」

「すぐ出会えるから次を探せばいいや」と思って出会う男性を比較し続けてしまうのが、マッチングアプリの落とし穴なのかもしれません。

マッチングアプリ婚活で成功するためには、どんな相手と出会いたいのかを自分の中で明確にし、合致する男性に会えたらしっかり相手と向き合うことが大切です。

心がけるべきポイントは、アプリの出会いでも日常生活での出会いでも同じなのかもしれません。

Text/izuosa

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article