1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 人生史上最高のセックス。忘れられないベッドでの出来事

人生史上最高のセックス。忘れられないベッドでの出来事

Share

世の女性にとってこれまでの「最高のセックス」はどのようなものなのでしょうか。3人の一般女性が、人生史上最高のセックスの経験談を打ち明けてくれました。もしかしたら、人には話しにくいかもしれない……だけど、忘れられない性の物語をご紹介します。

人生史上最高のセックス。忘れられないベッドでの出来事

最初にご紹介するのは、広告代理店で働く佐野優香さん(仮名・33歳)のお話。

5年前に最高のセックスを経験したと言う彼女。

相手の男性との出会いは合コンだったとか。

■Case1.口にあらゆるモノを入れられて……

「仕事を通じて知り合って仲良くなったフリーアナウンサーの友達に誘われんです。参加してみたら男女10人ずつのような大規模な合コンで。集まったメンバーは、女性陣が読者モデルなどキレイな人がズラリ。男性陣は30~40代の経営者や大手企業勤務など、高年収な方ばかりでした」

華やかな集まりに、優香さんは馴染めなかったと振り返ります。

「仕事自慢とか、有名人の誰と知り合いだとかそんな話ばっかりで。広告代理店に勤めているからってコミュ力高いと思われがちなんですけど、私人見知りなので……」

しかも、男性のうちのひとりがしつこく絡んできたそうで。

「飲食店をいくつ経営しているっていう30代前半の男性だったんですけど、みんながどんどん席を移っていってもずっと隣にいて。しかもことあるごとに肩や背中を触ってくるし……。頭を撫でられそうになったときはさすがに避けましたね」

助けてもらった男性と意気投合

女性陣も初対面ばかりで頼れず困っていたところ、助け舟を出してくれる男性が現れたのだそうです。

「マンガみたいな話なんですけどね(笑)。ひとりだけ遅れて来た男性がいたんです。浅野忠信さんを細くしたような見た目で37歳、大手商社勤務のエリートサラリーマンでした。間に割って入って話しかけてくれて。しかも話も盛り上がったんです。気づいたら、しつこかった男性は別の女の子としゃべってました。きっと本当は誰でも良くて、私が一番チョロそうに見えたんでしょうね」

その後、優香さんは2次会でもその商社マンとおしゃべり。会もお開きになり終電で帰ろうとしたところ、彼から呼び止められたそうです。

「私はワインが好きで、2次会ではその話で盛り上がったんですけど、『この近くにおいしいワインバーがあるから行かない?』って誘われて。楽しくてその人のことが気になっていたし、酔いもあって行っちゃいましたね」

ワインバーでふたりの仲はさらに接近。

「月並みですけど、仕事の愚痴をよく聞いてくれたんですよ。その頃には自然に背中に手を添えられてましたね。このときはまったく嫌な感じはしなかったです」

あくびをした口に指をいれられて。

忘れられないセックスの体験

そして深夜2時過ぎ。店を出たところで、彼から「ウチに泊まりなよ」との誘いが。

「この手の誘いについて行くのは初めてで『これがお持ち帰りか~』って思いながら彼の家に行きました。そのときは別にセックスするつもりはありませんでしたよ(笑)」

彼の家に着いても、特にエッチな展開にはならなかったんだそうです。

「リビングで私はソファで、彼は床に寝転がってふたりでDVDを見てました」

きっかけは優香さんがあくびをしたとき。

「不意に彼が振り向いて、私の口に指を入れて来たんです。びっくりしたんですけど、それがすごくよくって(笑)。そのまま舌を弄ばれてスイッチが入っちゃいました。そのまま覆いかぶさられてキスをされてベッドに行きました」

ベッドに移ってからも次々に優香さんの口内を攻める彼。

「彼、女性の口にいろいろな物を入れるのが好きだったみたいで、バイブにローター、ペンまでなんでも入れられました。M気質な私にはたまらなかったですね」

すっかりほうけたところで挿入されたんだとか。

「挿入中も口の中をいじくられました。息苦しくて、興奮して。頭の片隅で『私、何やってるんだろう』って思いながら、それすらも羞恥心の自家培養になっちゃって気持ち良いのが止まりませんでした。彼も私が苦しがっても全然やめてくれなくて……。そのまま初めてイっちゃいました」


以上が優香さんの人生史上最高のセックスの話でした。

彼女はこの経験以降、気になる男性からの誘いについ乗ってしまうことが増えてしまったのだそうです。

取材・Text/田中望

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article