【DRESSプロレス部 活動報告】新日本プロレスKUSHIDA選手×清野茂樹アナトークイベント

【DRESSプロレス部 活動報告】新日本プロレスKUSHIDA選手×清野茂樹アナトークイベント

11月15日にDRESSプロレス部で開催したKUSHIDA選手×清野茂樹アナによるトークイベントの模様をレポートします。プロレスファンの女性が40名参加し、とても盛り上がった夜となりました。


プロレスファンの女性にとって、「初詣」的イベントともいえる1.4東京ドーム(新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム」)。

開催まで2カ月を切り、ファンにとっては待ち遠しい日々、DRESSプロレス部では、11月15日(水)、KUSHIDA選手×清野茂樹アナ トークイベント「新日本プロレス1.4東京ドームを楽しみ尽くす!」を開催しました。

ゲストにお呼びしたのは、新日本プロレス所属の人気プロレスラーKUSHIDAさんと、何でも実況してしまう“特殊実況”を得意とするフリーアナウンサーの清野茂樹さん。

トークは2部制で、1部ではKUSHIDA選手個人にフォーカスした内容に。2017年を振り返って思うこと、海外からのオファーが多く、世界を飛び回っていること、現在選手層が厚くなってきた新日本ジュニアヘビー級で戦うことetc.、KUSHIDA選手ファンにはたまらない、ここだけの話も。

海外のリングと日本のリングの違いなど、国内外で活躍するプロレスラーならではの「へー!」な話もいろいろ飛び出しました。

■質問タイムも大盛り上がり

2部ではいよいよ1.4東京ドームの話題について。イベント参加者の中にも、1.4東京ドームのチケットをすでに手配している方が多いようで、真剣に話を聞いていらっしゃる様子が印象的でした。

本イベントから数日前、1.4東京ドームでKUSHIDA選手は「IWGPジュニアヘビー級選手権試合4WAYマッチ」に出場することが決定していました。

試合に向けた意気込みや心境、長年東京ドームの舞台に立ち続けること、その他注目のカードなどについて詳しく話してくれました。

トーク後は質問タイム。コスチュームの「ロングタイツとハーフパンツを履き分けるルールは?」「自身の試合を後から映像で見返すことはあるか?」など、プロレスや試合にまつわる質問が多く寄せられました。

心からプロレスが好き、KUSHIDA選手を応援しているという熱いファン魂を見ることができました。

■全員での記念撮影ではじゃんけんも

イベントの最後は全員での記念撮影タイム。「KUSHIDA選手の横に座る権利争奪戦」はKUSHIDA選手VS参加者さま全員でのじゃんけんで進め、見事勝ち抜いた2名の参加者さまが、横の席を獲得。

全40名で登壇者との距離も近かったことから、アットホームなあたたかみのあるイベントとなりました。KUSHIDA選手が好き、プロレスが好き、という共通の「好き」を持った女性が集まるため、ひとりで参加している方同士で話が盛り上がり、開演前から楽しそうな雰囲気ができあがっていたのが印象的でした。

SNSなどを見ると、参加者の方同士でイベント後に飲みにいき、プロレス談義に花を咲かせた方もいたようです。「好き」を通じてつながりを持つ女性がもっと増えて、人生をより楽しんでいただけたら嬉しいなと、改めて感じるイベントでもありました。

最後に、今回のイベントをとても丁寧にレポートしてくださった、KUSHIDA選手ファンであり、DRESSプロレス部の部員さんとして加わってくださった女性の記事をご紹介します。イベントに参加できなかった方にも、内容がぐっと伝わる読み応えのある記事になっているので、ぜひお読みください。

■イベント終了後は嬉しいおみやげも

参加者の皆さんには、「歯が命」でおなじみの株式会社サンギ様から、アパガードプレミオ20gと、今秋新発売のアパガードディープケアポーション7mL×1個をセットにした「美白お試しセット」をおみやげとして提供いただきました。

白く、きれいな歯をキープしたい、とは皆が思うこと。参加者の皆さんも毎日使えるおみやげをとても喜んでいる様子でした。

今後もDRESSプロレス部では、定期的にイベントを開催していきます。随時お知らせしていきますので、DRESSプロレス部に興味のある方はDRESSやDRESSプロレス部のFacebookページをチェック、そして部に加入もしてみてくださいね。

新規無料会員登録はこちらから
入部する・会員登録がお済みの方

Text/池田園子(DRESS編集長、DRESSプロレス部 部長補佐)

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#5「BEL AMER パレショコラとフィナンシェ」

スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#5「BEL AMER パレショコラとフィナンシェ」

真壁刀義さんは新日本プロレス所属のプロレスラーで、「スイーツ真壁」としても活動するスイーツの識者。そんな真壁さんの連載【スイーツ真壁の手土産はこれなッ!】では、季節に合ったおすすめのスイーツ手土産を、毎月取り上げていただきます。#5はBEL AMERのスイーツ2種類にフォーカスします。


「世界一性格の悪い男」を知っていますか? プロレスラーの生き様を知る書

「世界一性格の悪い男」を知っていますか? プロレスラーの生き様を知る書

DRESS編集長/DRESSプロレス部 部長補佐の池田園子が、プロレスの見方がもっと面白くなる書籍をご紹介します。今回取り上げるのは、『俺達が愛するプロレスラー劇場 Vol.1』。現在活躍するレスラーからレジェンドまで、10人のレスラーの生き様を伝えた書です。


2018年、プロレス界の「最高男」宮原健斗を観にいこう

2018年、プロレス界の「最高男」宮原健斗を観にいこう

宮原健斗さんは、全日本プロレスに所属するプロレスラー。1989年生まれの28歳。団体の顔として、全日本プロレスの人気再燃に貢献してきました。DRESSプロレス部 部長補佐の池田が注目する、プロレス界で輝く若手エースのひとりでもあります。宮原選手のインタビューをお届けします。


プロレスには人生のエッセンスが詰まってる。だから私は観戦にいく【新世界を嗜む】

プロレスには人生のエッセンスが詰まってる。だから私は観戦にいく【新世界を嗜む】

『DRESS』1月特集は「新世界を嗜む」。2018年は新世界=「未体験の趣味」と出会ってみませんか。趣味は自分の生きる世界を広げてくれて、日々を今よりもっと素敵にしてくれるもの。本記事で紹介するのは「プロレス観戦」。プ女子としてブログを発信するOL、あやぱんさんに寄稿いただきました。


スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#4「ノワ・ドゥ・ブール フィナンシェ」

スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#4「ノワ・ドゥ・ブール フィナンシェ」

真壁刀義さんは新日本プロレス所属のプロレスラーで、「スイーツ真壁」としても活動するスイーツの識者。そんな真壁さんの連載【スイーツ真壁の手土産はこれなッ!】では、季節に合ったおすすめのスイーツ手土産を、毎月ひとつ取り上げていただきます。#4ではフィナンシェにフォーカスします。


最新の投稿


未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

別れた元カレから突然謝罪の連絡が来るけど、それっきり。「どうすれば良いの?」と悩む女性もいるでしょう。未練がましい男性ほど、本音を隠して次の行動を元カノに取らせようとします。素直に復縁したいと言えない男心と、どんな対応をすれば良いかについてお話しします。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

日本国内だけでなく、外国人観光客からも多くの支持を集める京都。そんな京都には悠久の時を超え、今も残る寺社や、晴れやかな気持ちになる雅な美食まで、パワーをもらえるスポットがたくさん。今回は新春におすすめな、開運京都旅のモデルプランをご紹介いたします。


”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

イラクを舞台に米軍爆発物処理班の兵士たちを描いた『ハート・ロッカー』、オサマ・ビンラディンの捜索に執念を燃やすCIA女性分析官を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』など、センセーショナルな題材選びに定評のあるキャスリン・ビグロー監督。新作『デトロイト』は、米国デトロイト暴動で起きた戦慄の一夜を映画化した、必見の衝撃作です。


フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

冷えや寒さから体調を崩しがちな冬、ちょっと調子が悪いなと感じたとき、どのようなケアを取り入れていますか? 早めに薬を飲むという手段もあるけれど、できればそれ以外で回復させたいもの。今回はフランス女性による風邪予防と対策法をご紹介します。


おっぱい