「自分から誘える女性」になれば、人生がさらに楽しくなるかもしれない

「自分から誘える女性」になれば、人生がさらに楽しくなるかもしれない

最近めっきりお誘いがない、男性と親しくなるきっかけがない……そんなあなたは「誘われ待ち」をしているのかも。今の時代は、女性は誘われるのを待つより、自分から誘う方が断然お得。スマートな誘い方を身につけてはどうでしょう。


■「自分から誘える女」になった方が人生は楽しいかもしれない

いいな、と思っている男性との会話の中で、ここに行ってみたいな、と言ったら、相手から、ほんと? じゃあ一緒に行こうか? と誘ってもらう。

それが、多くの女性にとっての理想ではないでしょうか。ただ「誘われ待ち」のスタンスは今の時代とっても損。なぜなら「草食系」と呼ばれる、女性に対しあまり積極的ではない男性も少なくないからです。

そこで今回は、女性から男性を食事に誘うコツをご紹介します。

■まずは「好みの食べ物」の下調べから

最終的には「どこかご飯食べにいきましょう、何がいいですか」。そんな風にさらっと誘えるようになるのが理想です。

ただ、慣れないうちは、まず相手が普段どんなモノを食べてるのかをそれとなく聞き出すことが大切。相手の食の好みをリサーチしてからの方が誘いやすいでしょう。

「好みの食べ物はなんですか?」でもいいし、「最近食べて美味しかったお店はなんですか?」でもいい。相手がどんなものが好きなのかを先に聞いておけば、「どこに誘うか」を考えやすくなります。

好きな食べ物は特にない、何でも食べる、なんて言われてしまって、好き嫌いがはっきりしなかったら、飲み物の好みを聞いておきましょう。「ビール好き」「日本酒が好き」などがわかれば、そのお酒の種類が豊富なお店に誘う口実ができます。

■誘う口実は「食べ物軸」で組み立ててみて

相手の好きな食べ物、飲み物がわかったら、「気になるお店があるのでよかったら一緒にいってもらいたい」という体裁で誘うのが鉄板です。

「ステーキが美味しいお店があるって友達に聞いて、行ってみたいなと思って。そういえば○○さんお肉お好きといっていたので、よかったら一緒に行ってもらえませんか?」

「この間雑誌で見かけて行ってみたいなと思ったお店が、日本酒の種類が豊富みたいなんです。○○さん日本酒好きって言ってたからどうかなと思って」

といったように、「軽さ」を意識して相談してみましょう。

仕事絡みの相手であれば「お仕事のことで聞きたいことがある」「情報交換したい」などの誘い文句を使っても良いでしょう。

慣れ親しんだ相手であれば「ぜひ一度じっくりお話したいな、と思って」と単刀直入に切り出すのもよいですね。

■誘うときは、相手に逃げる隙を与えるように

誘うときに意識したいのは、相手が断りやすい誘い方をすること。

たとえば、「私平日の夜が暇なので、いつでも会えます。予定が入っても、あなたに合わせます」というスタンスは、あなたに気がある相手以外からすると非常に重く感じます。

男性の中には、追われると逃げたくなる方も多いので、追い詰めないように。気軽に断れるスタンスで誘った方が、その後のふたりの関係性にも悪い影響を与えません。

「私来週の火曜日と金曜日だったらあいてるんですけど、ご都合いかがですか?」

という誘い方であれば、相手も「あ、その日は予定があって」と気兼ねなく断れます。

その後、相手から「その次の週は?」と聞かれるのであれば脈あり、もしそのまま会話が流れてしまうのであれば、あなたに対しての気持ちの温度感がまだ低い可能性が高いです。

そんなときは深追いせずに、ふたりの関係を温めてから、また声をかけてみるのがおすすめです。

■誘い慣れすることで、男性と親しくなるチャンスは倍増する

たとえその食事が恋愛に発展しなくても、男性とふたりでご飯を食べ慣れることで、次に誘うときの余裕にもつながるはず。

「自分から誘える女」になって、素敵な男性とのデートを楽しんでくださいね。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。