「しまむら」のカラースカートで大人コーデ

「しまむら」のカラースカートで大人コーデ

「しまむら」のカラースカート(イエロー・グリーン・ピンクの3色)をご紹介。「気になるけど、挑戦するのは勇気がいるなあ」と感じる方に「しまむら」で見つけた、大人コーデに大活躍してくれる、プチプラな高見えスカートをご紹介します。


前回のコラム「しまむら」で大人コーデを作る高見え服を発見に引き続き、しまむらで見つける「プチプラなのに高見えする服」を私物でご紹介します。

しまむらの店内にあるたくさんの服の中から、いったい何をどう選ぶのか? はたして大人が着る服があるのか? そんな疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

昔は確かに、安い=縫製の良くない製品がありました。私自身、昔から服が好きだったこともあり、さまざまな製品に触れてきて、そういったものを目にすることもありました。

しかしプチプラが定着してきた今、昔と違い、縫製が悪すぎるものはないとは言いませんが、かなり少なくなったような気がします。

それどころか近頃のプチプラアイテムには、「こんな金額でこのデザインを楽しめるんだ!」と見つけたときに小躍りしたくなるような、楽しい出会いがあることも少なくありません。

そんなこともあり、過去に高い服を多く買っていたのが信じられないくらい、今ではプチプラ服にお世話になることが多い毎日です。

■しまむらのイエロースカートが主役のコーデ

みなさんは洋服を買いにいくときに、買うもの(目的)を決めてから出かけますか?

私の場合は、昔は時間があればよく行く店を中心に立ち寄り、そのときの流行や手持ち服とのコーデを考えたり、直感で気に入ったものは購入したりすることがよくありました。

最近はそんな時間的余裕もなくなったことと、増え続ける洋服の整理も大変なので、季節ごとに自分のワードローブにないもの、プラスしたいものがあったら買うようにしています。

カラフルなスカートに心奪われ、まず購入したいなと思ったのがイエローのスカートです。

早速しまむらに行って、同じような色のスカートをいくつかピックアップし、試着。

試薬室では、履いたときのラインはもちろん、丈の感じ、縫製がどうか、下着は透けないかなどを細かくチェック。こうしてチェックの末に手元に残ったのが、このスカートでした。

ちなみに金額は、消費税込の1990円です!

実際に着てみるとこんな感じです。前に通販で買ったプチプラトップスを合わせました。

スカートのイエローを主役にしたいので、他は小物も含め、すべてブラックで統一しました。

トップス:通販
スカート・靴:しまむら
かごバッグ:ムーニュ

■しまむらのグリーンスカートが主役のコーデ

洋服を見にいくときに、決まった店しか行かない方もいるかもしれません。それはそれで、自分のファッションの方向性がしっかり定まっていて、良いことだと思います。

私の場合はときどき、変身願望がむくむくと湧いてきたり、今まで引っかからなかったものが急に気になり始めたりと、変化を望む自分がいることに気づきます。

そんなときは自分の気持ちに素直に動いてみると面白い! そうやって自分自身を楽しんでいます。

買い物をするとき、いろいろなショップがある中、「もういい大人だから」とか「ここは若い子向けでしょ」など、売り場やショップを決めつけていませんか?

私はしまむらでの買い物も他のショップでの買い物も、一切決めつけないで楽しんでいます。

何も決めつけることなく、自由な気持ちで店内を見ていると、「こんなところに素敵なものが!」と心踊る出会いもあります。

たとえば、以下に紹介するスカートもそのひとつ。

グリーンの色味が個人的にドンピシャだった一枚。

以前、しまむら店内を見ていたときに、遠くからこのスカートを見つけて反応(笑)。近くで見て「これはいい!」と確信し、試着して丈の感じやシルエットも◎だったので、購入しました。

これは後から気づいたことですが、実はこのスカート、キッズ向けだったのです!

キッズといっても、160サイズまで取り扱いがあるため、私の身長からするとサイズ的には問題なし。商品タグはキッズ向けでも、それを見なければ大人向けのものに引けを取らないデザインでした。

ちなみに、キッズ向けだからなのか、金額は1500円とよりリーズナブル。さらに驚いてしまい、その後、ひとりウキウキで帰ったのを覚えています(笑)。

先入観をなくして買い物にいくと、思いがけない発見や出会いがあるなと思っています。はじめから決めつけていては、見えるものも見えなくなりますから。

実際にこのスカートを主役にしたコーデはこんな感じです。

トップス・スカート・靴:しまむら
バッグ:アニヤハインドマーチ

■しまむらの大人ピンクスカートが主役のコーデ

「おしゃれは昔から好き、でも今までの好きなものが似合わなくなってきた」と、おしゃれに対し消極的になったり、「新しい色に挑戦して、今までとは違う自分を発見したい」と思いながらも、店員さんにそばに来られてゆっくり商品を見られなくなったり、勧められるがままに買って後悔したり……そういうことって多いですよね。私自身も経験があります。

いろいろと経験するのも勉強になるけど、それは若い頃までの話かもしれません。私たちのような大人世代は仕事や家庭・子育てとなにかと日々追われて忙しいものです。

だからといって、毎日を楽しむことを忘れたくないですよね。楽しみ方は人それぞれ。

私は昔からファッションが好きだったので、アウターやバッグなどはきちんとしたものを長く愛用したい派なのですが、他はなるべくお金をかけずに、無理なく毎日のおしゃれを楽しむためにも、プチプラ服を頼りにしています。

このスカートも「しまむら」で見つけたものです。

基本的には1990円が定番価格ですが、こちらは定価から30%offの限定価格のときに購入しました。ただでさえ安いのに、1330円で購入できるとは驚きです。季節外れの処分品ではなく、これから活躍できるものがときどき、ここまでおトクになることがあります。

プチプラは他にもたくさんあり、ユニクロなども含め、私自身よく利用します。が、そんなプチプラブランドの中でも、しまむらならではの魅力といえるのは、あまり人とかぶらない、デザイン豊富なところ。新商品も頻繁に入荷されます。

行けば必ず良いものがあるというわけではありませんが、ときどき出会える掘り出し物が、宝探しをしている気分で本当に楽しい。皆さんも、しまむらで宝探し、してみませんか?

この記事のライター

emi

40代になり、好きなことをやろうと思い立ち、幼少期より好きだったファッションに携わるべく、パーソナルスタイリスト講座を受講開始。同時にブログ「若作りに見えない40代大人のおしゃれ服」をスタート。UNIQLOやしまむらを取り入...

関連するキーワード


プチプラ

関連する投稿


ネットショッピングで失敗したくないなら「手持ち服と合わせたコーデ」を3つ以上考える

ネットショッピングで失敗したくないなら「手持ち服と合わせたコーデ」を3つ以上考える

ZARAのオンラインショッピングをしてみました。自宅で試着でき、さらに、あらかじめ考えておいたコーデを自宅で実際に着られるという、買い物の新しいスタイル。手持ち服×新しいアイテムでコーディネートを3パターン以上考えられたら即決OK、と決めています。皆さんも新しい買い物の形を試してみては。


プチプラアイテムを買うときに「9カ月先」を意識すべき理由

プチプラアイテムを買うときに「9カ月先」を意識すべき理由

プチプラアイテムの鮮度は、原則1シーズン。プチプラの強みは、「新しいファッションで新しい自分」に出会えるチャンスを作れること。プチプラで新たな挑戦を楽しめるなら、活用しないなんてもったいない! プチプラアイテムとの賢い付き合い方をご提案します。


GUハイウエストデニムなら誰でも脚長に、スタイルアップが叶います

GUハイウエストデニムなら誰でも脚長に、スタイルアップが叶います

GUのハイウエストデニムを用いたコーディネートをご紹介します。GUのハイウエストデニムは約2500円と超プチプライス。ストレートデニムに抵抗があった方でも気軽に試せる金額感です。新たにデニムを買うときもトレンドをほんの少し意識して、今旬なシルエットや色合いのものを選んでみてはいかがですか。


素敵ねと思われるプチプラコーデ術。コツはジャストサイズ選びとハイブランド1点投入

素敵ねと思われるプチプラコーデ術。コツはジャストサイズ選びとハイブランド1点投入

プチプラアイテムが人気の昨今。人とかぶらないプチプラコーデ術をご紹介します。ポイントはジャストサイズのアイテムを選び、どこかにリッチテイストを感じさせるアイテムを取り入れること。それだけでプチプラアイテムが安っぽく見えず、人ともかぶらない、自分だけの素敵な着こなしになります。


ZARAで楽しむシャネル流リトルブラックドレス

ZARAで楽しむシャネル流リトルブラックドレス

ZARAで手に入れたリトルブラックドレスを主役にしたコーデをご紹介します。リトルブラックドレス=シャネルのイメージ。大人の品のある雰囲気を楽しんでみませんか。


最新の投稿


岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生の美しい横顔は、もはや凶器だ。映画『伊藤くん A to E』で彼は、イケメンだけど超痛い男の役を演じている。最低なキャラクターなのに嫌いになれないのは、きっと、その言動がどこか人間らしいから。何にも縛られず自分らしく生きることに、私たちは憧れてしまう。岡田将生に、そんな“自分らしさ”について聞いてみた。


冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏のイメージが強いタイダイネイル。合わせるカラーを冬仕様にすれば、クールめな冬のネイルアートになります。マニキュアを使って作れるタイダイネイルは、コツさえ覚えれば簡単にできるネイルアート。そんな時短タイダイネイルのやり方を豊富な画像で説明します。


スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

「AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」では、人気No.1ブラジャーの「夢みるブラ®premium」から、バレンタインにもぴったりの新作デザインを1月19日より発売開始しました。


SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから、着物を仕立てる工程のひとつ「金彩(きんだみ)」をテーマにした春 カラーコレクションが登場しました。全12色でデビューした、SUQQU初の多色展開となるグロス「フロウレス リップ グロス」は、生命の色が透けるような、清らかな艶をたたえたアイテムです。


私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は行きつけの店で出会ったふたりをご紹介します。


おっぱい