ガーターベルト×ガーターストッキングで夏を快適に、官能的に過ごしてみる

ガーターベルト×ガーターストッキングで夏を快適に、官能的に過ごしてみる

ガーターベルトを使ったことはありますか? 一度使えばとても便利で快適だとわかるガーターベルト。ガーターベルト×ガーターストッキングで心地よく、官能的な気分も味わえる夏を過ごしませんか?


■ガーターベルトとは

ガーターベルトを実際に着用している女性に出会ったことがない――これは輸入ランジェリーの仕事をしている私が、男性からよく聞く声です。

皆さんはガーターベルトと聞いてどんなイメージを持ちますか? セクシー? 映画の世界? コスプレ? 日常的なアイテムとは思えない方も多いかもしれませんね。

しかし、ガーターベルトはもともと、現在普及しているパンティストッキングがなかった頃、靴下やストッキングを吊るすための、いわゆる靴下留めでした。かつては女性のみならず男性にも使われていたんです。

イギリスランジェリーブランド「Agent Provocateur」より

■ガーターベルト×ガーターストッキングが暑い夏の救世主に

暑い季節でもパンティストッキングを履かなければならない。そんなあなたにとって、ガーターベルトは救世主のような存在になるかもしれません。

特にパンティストッキングを履くことで汗をかいて、ウエスト部分がかぶれてしまう人、お尻にあせもができやすい人、長時間着席している仕事が多い人。

そんな方はガーターベルトを使うことで、ヒップ部分がナイロンから解放されるため、通気性がよくなり、汗もかきにくくなり、肌への負担が激減します。

■ガーターベルト×ガーターストッキングの秘密感に高揚する

イギリスのランジェリーブランド「Agent Provocateur」より

そもそも私、石川がガーターベルトの魅力に取り憑かれたのは、ランジェリーが大好きなことはもちろんですが、何と言ってもガーターベルトを着けているとき、「自分だけの秘密感」に気分が高揚するのに気づいたから。

ランジェリーは人からは見えない点で、基本的には自分だけの楽しみです。その中でもガーターベルトは究極のアイテムではないでしょうか?

■初心者向け、ガーターベルトの選び方

ガーターベルトにはいろいろな種類があります。初めて使う方や使い慣れていない方には「幅が広め」のものがおすすめです。

ウエスト部分があまりにも細いデザインだと安定感が少なく、日常的に長時間使用する際にはストッキングが下がってくるような感覚があって、初心者にとっては快適さに欠けるかもしれません。

色は最初の1枚は黒を選ぶと使いやすいでしょう。

コレクションごとにフルセットを集めるのも素敵ですが、コレクションで揃えなくてもまずは黒・白があればコーディネートしやすいですね。

初心者の方にもおすすめの幅が少し広めで使いやすいガーターベルト。
フランスの有名ブランド「Aubade」のこちらのガーターベルトは1万260円(税込)

初心者の方にもおすすめのガーターベルト。こちらはポーランドランジェリーブランド「オブセッシブ」から。ブラジャー・ショーツ・ガーターベルトの3点セットで8208円(税込)

■初心者向け、ガーターストッキングの選び方

ガーターベルトを初めて購入される方からよく受けるのは、「ガーターストッキングはどこで買えますか?」という質問です。

ストッキング売り場やランジェリー売り場にもありますが、私のおすすめはポーランドランジェリーブランド「ベネチアナ」のもの。

ストッキング網の歴史ある本場イタリアで製造されていて光沢も美しいストッキングです。

ネット通販では豊富な種類が揃い、手軽に購入できます。ガーターストッキング 15デニール 2916円(税込)

実はガーターストッキングは片足が伝線してしまったときでも、両脚共通で使用できるため、片方だけ交換すれば使える大変便利なアイテムなんです!

ガーターストッキングを買うときに気をつけて見てほしいのは、「シリコンあり」「シリコンなし」という表記。太もも部分の内側にシリコンがついているか否かを示す表記です。

シリコンありのものはガーターベルトを使わず、そのまま着用できますが、汗をかきやすい季節に使用する方やアレルギーなどがある方は、かぶれてしまうこともあるので要注意です。

シリコンなしのものは、ガーターベルトがないと使えません。ガーターベルトでしっかり吊るして使うタイプです。ガーターベルトを使うときは「シリコンなしのガーターストッキング」がおすすめです。

■ガーターベルト×ガーターストッキングで夏を快適に

ガーターベルトを使ってみたくなった女性は多いのでは?

この夏から挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

大手インポートランジェリーの輸入商社を経て、現在はポーランドのランジェリーのPR・営業を担当。東急プラザ銀座3階ヒンカリンカ1stにあるポーランドランジェリーセレクトショップ「コビエタ」をはじめ、全国百貨店などで期間限定ショ...

関連するキーワード


ランジェリー

関連する投稿


【新・解放系ブラジャー】ノンワイヤーなのに美バストキープ&動きやすい

【新・解放系ブラジャー】ノンワイヤーなのに美バストキープ&動きやすい

ワコールの“新・解放系”ブラジャー「SUHADA」から動きと肌にフィットした「SUHADA MOTION」シリーズが新登場。


締め付けずに美しく。究極の「ふんどしショーツ」が発売決定

締め付けずに美しく。究極の「ふんどしショーツ」が発売決定

究極のふんどしショーツ「Jolie Lapin」開発プロジェクトが、クラウドファンディングで目標金額達成。7月初旬にはいよいよ正式発売に。


ポーランドランジェリーの「kobieta」で特別フェア

ポーランドランジェリーの「kobieta」で特別フェア

ポーランドランジェリーセレクトショップ「kobieta(コビエタ)」がヒンカリンカ1st(東急プラザ銀座3階)にて初の特別フェアを開催。


「古いランジェリーをいつまでも身につけているような女はダメよ」- ある女優の言葉

「古いランジェリーをいつまでも身につけているような女はダメよ」- ある女優の言葉

ある女優の言葉「古いランジェリーをいつまでも身につけているような女はダメよ」を聞いて、この前ランジェリーを新調したのはいつだったかしらと考えました。手放すタイミングを見逃しがちなランジェリーとの付き合い方を考えます。


【ランジェリー】レトロヴィンテージ感が魅力のトレフルから新作

【ランジェリー】レトロヴィンテージ感が魅力のトレフルから新作

ワコールの最高級ブランド「トレフル」×福島リラのカプセルコレクション・ランジェリーを新発売。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。