【DRESSプロレス部 活動報告】広く。さん×井上野乃花 部長トークイベント

【DRESSプロレス部 活動報告】広く。さん×井上野乃花 部長トークイベント

3月9日にDRESSプロレス部で開催した『プ女子百景 風林火山』著者・広く。さん×井上野乃花 部長によるトーク&ワークショップイベントの模様をレポートします。


DRESSプロレス部発足を記念したキックオフイベントが、3月9日(木)に開催されました。

ゲストにお呼びしたのは、プ女子ブームを巻き起こしたイラスト集『プ女子百景』の著者、「広く。」さん。

2月22日発売の新刊『プ女子百景 風林火山』の出版を記念して、DRESSプロレス部 井上野乃花 部長とのトークを繰り広げました。

この日は約20名のプロレスファンが集合。おひとり参加の人も多かったのですが、プロレスという共通の趣味を通じて、隣り合った人同士、席が近い人同士で、開演前からプロレストークに花を咲かせる人たちの姿も。

DRESSプロレス部 井上野乃花部長。この日、司会進行役を務めてくれました。

DRESS編集長 兼 プロレス部 部長補佐の池田も、プロレスに魅せられたきっかけを話しました。

■広く。さんと井上部長でトーク

前半は、井上部長が、広く。さんの「プロレス年表」を見ながら、広く。さんにプロレス観戦歴や活動を中心とした質問をし、話を広げていくという対談形式でした。

その中でとくに印象的だったのが、広く。さんが自身のブログを始めた当時の話。何もうまくいかないなあ……と感じていた広く。さんは、ある日「プロレス技をイラストに描こう」と思いついたのだとか。

そこで「100枚描けばなんとかなるかもしれない」と願掛け(?)の意味も込めて、イラストを描いてブログで発信し始めます。

そのブログが注目を集めるようになり、数年後『プ女子百景』の出版へ到ったというわけで、何かを続けること、どん底のときでも前を向いて行動を起こすことの大切さを、広く。さん自身のエピソードを通じて伝えてくれました。

広く。著『プ女子百景 風林火山』書籍情報

プ女子百景 風林火山
著 者:広く。
発 行:小学館集英社プロダクション
単行本(ソフトカバー): 272ページ
発売日:2017/2/22
価 格:1200円+税

[公式サイト]
http://books.shopro.co.jp/?contents=9784796876452

新日本プロレスに所属する棚橋弘至選手も「何かやって成果が出るのには3年くらいかかる」と語っていたことがあるそうです。

「がんばって続けていると、ある日突然何かにつながることもある。しつこく続けること、やめないことが大切」と語る広く。さんが、とてもカッコよく見えました。

確かに、プロレスラーの中にも、年齢を重ねてもリングに上がり続けている人はいます。「コツコツ継続すること」はプロレス道にも通じているのでしょう。

そんな広く。さんは「2020年までに1000技描きたい」と野望を語ります。「描けば自分の使命をまっとうできた、と思う」とも話す姿が印象的でした。

■「好きなプロレスラー」について考えるワークショップ

後半はワークショップの時間。

数分の休憩を挟んだ後は、当日参加者の皆さんに回答いただいた「好きなプロレスラー」などのアンケートを元に、ちょっとしたワークショップの時間を設けました。

好きなプロレスラーや好きな団体について、参加者数名に話していただくと、井上部長も広く。さんも、そして皆さんにも発見があったようです。

好き、という感情は強いもの。好きに確固たる理由がある場合も、なんとなく好きな場合も両方ありますが、好きという思いはやはり特別。

なぜ好きなのか? どういうところが好きなのか? など突き詰めて考えていくと、好きな選手には「こうありたい自分」の姿を重ねて見ているのかもしれない……と話は広がっていきました。

今は好きな選手がとくにいない、という人も、気になる選手、好きな選手ができたときは「なぜ、この選手に魅せられているのだろう?」と、じっくり考えてみると、気づきがありそうです。

■懇親会も盛り上がりました

ワークショップ後は懇親会でした。広く。さんのサインをいただく人や特設した「プロレス部屋」で写真を撮る人、プロレス話で盛り上がる人など、思い思いに楽しいひとときを過ごしました。

ワークショップ後の懇親会で、特設した「プロレス部屋」に集まる参加者の皆さん。

広く。さん、井上部長、池田のプロレス関連私物を集めた「プロレス部屋」。

プロレス名鑑を眺めながら参加者さんと好きな選手について話しました。

参加者の皆さんと交流中の井上部長。

お友達同士で参加してくれたおふたり。

イベント終了後、参加者の皆さんのSNSを眺めていると、イベント中に意気投合した人同士で、その後飲みに行ったり、友達になったりと、早速交流が生まれていました!

イベントを企画して良かった。開催して良かった。プロレス部を作って良かった。

心からそう感じてニヤリとした瞬間でした。

新年度もDRESSプロレス部では、定期的にイベントを開催していきます。随時お知らせしていきますので、DRESSプロレス部に興味のある方はDRESSをチェック、そして部に加入もしてみてくださいね。

【DRESSプロレス部 活動報告】ランズエンド新木場大会を観戦して

https://p-dress.jp/articles/3268

昨年末に誕生したDRESSプロレス部のプレキックオフとして3月1日(水)、東京・新木場で開催された「ランズエンド」の大会を観戦してきました。

入部する・会員登録がお済みの方
新規無料会員登録はこちらから

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


【DRESSプロレス部 活動報告】“GK”金沢克彦さん×井上野乃花 部長トークイベント

【DRESSプロレス部 活動報告】“GK”金沢克彦さん×井上野乃花 部長トークイベント

7月12日にDRESSプロレス部で開催した“GK”金沢克彦さん×井上野乃花 部長によるトークイベントの模様をレポートします。


一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

関本大介というプロレスラーを初めて生で見たときの衝撃は忘れられない。厚い筋肉で覆われた頑丈な体ですさまじい試合を見せてくれた。そんな関本選手の自伝『劣等感』をご紹介する。


【DRESSプロレス部 活動報告】プロレスリングWAVE「BE  EXCITING」を観戦して

【DRESSプロレス部 活動報告】プロレスリングWAVE「BE EXCITING」を観戦して

DRESSプロレス部では7月2日(日)、東京・後楽園で開催された「プロレスリングWAVE」の大会「BE EXCITING」を有志で観戦してきました。


バカにされ続けたプロレス人生。元祖アイドルレスラーが、トップに立つまで - 女子プロレスラー・桜花由美の生き様

バカにされ続けたプロレス人生。元祖アイドルレスラーが、トップに立つまで - 女子プロレスラー・桜花由美の生き様

桜花由美さんはプロレスリングWAVEを率いる女子プロレスラー兼会社役員。2001年にデビューし、今年で16周年を迎えるベテランです。まさにDRESS世代ともいえる桜花さんにプロレスのこと、これからの夢のこと……いろいろとインタビューさせていただきました。


和太鼓・ビール・イケメンで一足早い夏祭り! 「DRESSビール部」第2回イベントレポート

和太鼓・ビール・イケメンで一足早い夏祭り! 「DRESSビール部」第2回イベントレポート

今回はDRESSビール部が開催する「和太鼓×ビール」のコラボ企画にお邪魔して、当日の様子をレポートします。和太鼓演奏をしてくれたのは、イケメン和太鼓パフォーマーとして知られる「無限」の皆さん。キレのあるビールの代表格・アサヒビールを飲みながら、力強く華麗な和太鼓の音色に体を預ける贅沢な時間となりました。


最新の投稿


上質な眠りで爽やかな朝を迎えられるピローミスト

上質な眠りで爽やかな朝を迎えられるピローミスト

ニールズヤードから、質の良い睡眠をサポートするためのグッドナイト ピローミストが8月1日に新登場。マンダリンの甘いシトラスの香りが穏やかな気持ちにさせ、ラベンダーやカモミールのハーバルな香りが心身にリラックス感を与える製品です。


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


DRESS部活