パリジェンヌは今の自分に必要なバッグを選んでいる

パリジェンヌは今の自分に必要なバッグを選んでいる

おしゃれなパリジェンヌはどんなバッグを使っているの――? 高級ブランドが立ち並ぶパリの一角。ショップのウインドーには素敵なバッグが並びます。しかしそれらを眺める、パリジェンヌの姿はありません。というのも、パリジェンヌのバッグ選びには独自のこだわりがあるから。今回はパリルックをおしゃれに決める、バッグの話題をお届けします


トップ見出し画像

フランスには女性の憧れブランドがいっぱい。パリに行ったら訪れたいショップや、ほしいバッグがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も初めてパリを訪れたときは、ガイドブックを片手に高級ブティックが立ち並ぶ、8区のモンテーニュ大通りを訪れたものでした。

もちろん「サントノレ」も有名ですね。このあたりにはエルメスやシャネル、サンローランなど多くの高級ブランドが集まります。

さて、パリジェンヌはそんなブランドに憧れを抱いているのでしょうか。私たちと同じように、雑誌で取り上げられる新作バッグをチェックしているのでしょうか。

■パリジェンヌはブランドバッグがお好き?

パリジェンヌはブランドバッグがお好き?

パリジェンヌの着こなしをチェックするとき、手に持つバッグに着目してみると、目に見えて「高級ブランド」だとわかるバッグを持つ女性はそう多くありません。

上品なマダムがヴィトンのバッグを持っていたり、若いパリジェンヌがヴィンテージショップで手に入れたであろう、グッチのポシェットを肩にかけていたりするのを、ときどき見かけるぐらいです。

もちろん、高級アパルトマンが立ち並ぶ16区は別として……。

とはいっても、パリジェンヌもブランドがお好き。おしゃれに敏感な女性たちの間では、ヴァネッサ・ブリューノやクロエ、ジェローム・ドレフュスなどが人気です。

シンプルなものというよりは、少しパンチの効いたものに惹かれる傾向があるよう。

■素材はレザー!デザインやサイズ感にもこだわり

素材はレザー!サイズ感やデザインにもこだわりたい

パリでは比較的リーズナブルなブランドであっても、レザーを使用していることが多いです。これはとても魅力的ですよね。そのため、レザーバッグを持つパリジェンヌはとても多いといえます。

またレザーなら使い込むほど味が出ますし、長く使えるという利点も。

とくにアラフォー世代以降のパリジェンヌには、大人の女性の余裕と上品さが備わり、レザーバッグが際立って見えることも。シンプルな装いにさり気なく持つだけで、真似したいと思わせる「パリスタイル」になるから不思議。

好きなデザインは、サイドにギャザーが入った丸みのあるもの。手に持っても肩にかけても体に馴染むサイズがお気に入りです。

かっちりしたタイプよりは、やわらかさのあるものがパリジェンヌの定番でしょう。

春のパリ流ベーシックスタイル

春のパリ流ベーシックスタイル

私がパリのカフェで出会ったのアラフォーパリジェンヌは、開きが深いVネックニットにストレートデニム、ローカットスニーカーという、ベーシックアイテムにレザーバッグをオン。

ブロンドのウェーブヘアも合わさって、とても魅力的に映りました。

パリジェンヌのイメージは、モノトーンやダークトーンスタイルですが、このように優しい色合いでまとめることも。パリのやわらかな日差しに良く合います。

今すぐ真似できる「パリベーシック」。春スタイルに取り入れてはいかがですか?

■パリジェンヌもプチプラを活躍!人気はショルダーバッグ

パリジェンヌだってプチプラ!人気はショルダーバッグ

今、おしゃれパリジェンヌの間で人気なのが、ミニサイズのショルダーバッグ。レトロなデザインから、ショルダーがチェーンのレディなものまで豊富に揃います。

色は黒やブラウン、深みのあるレッドが人気。黒やブラウンはシックに、レッドは差し色として取り入れることができます。

このような旬アイテムは、プチプラブランドを上手く活用することも。ひとつ20ユーロ程で購入できるものがたくさんありますし、カラーバリエーションが豊富なのも高ポイント。

ちょっとトレンドを取り入れたいと思うときに、気軽に購入できる価格というのはありがたいものですよね。プチプラといえども、そのデザインは人気ブランドに劣りません。

■1つのバッグを長く愛用するのがパリジェンヌ

ひとつのバッグを長く愛用するのがパリジェンヌ

基本的に1つのものを長く愛用するパリジェンヌ。お気に入りのバッグを手に入れたら、毎日のように使います。それは、自分に必要なバッグだと自信を持って選んでいるから。

たとえ、バッグの角が擦れても、表面が汚れても好きだから平気なのです。これはちょっと見習いたいもの。こだわって選び、愛着を深めることで、より素敵なバッグになるのでしょう。

この記事のライター

アパレルメーカー勤務を経てフリーライターに。フランス情報サイトFRANCE365では、パリジェンヌの普段着に着目した「パリおしゃれ手帖」を連載中。他、雑誌GINGERのWEBメディア「Spark GINGER」など、あらゆる...

関連する投稿


バーバリーがアイコンバッグ「DK88」のポップアップイベントを阪急うめだで開催

バーバリーがアイコンバッグ「DK88」のポップアップイベントを阪急うめだで開催

バーバリーの最新のアイコンバッグ「DK88」。トレンチコートに使われるコットンギャバジン生地の綾織りをエンボスした「トレンチレザー」を使用した、バーバリーのブランドらしさや世界観を表現したバッグに仕上がっています。この「DK88」のポップアップイベントを5月31日より阪急うめだ本店で開催。


米ファッション界のカリスマたちが本音を語る『ファッション・アイコン・インタヴューズ』

米ファッション界のカリスマたちが本音を語る『ファッション・アイコン・インタヴューズ』

NYファッション・ウィークの創設者・ファーン・マリスが、アメリカのファッション業界のカリスマ19人に行ったインタビューを収録。マーク・ジェイコブズ、トム・フォードらファッションデザイナー、フォトグラファー、エディターらが本音を赤裸々に語っています。訳者の桜井真砂美さんにその魅力を教えてもらいました。


ZARAのチェーンバッグでシンプルコーデを上品に仕上げる

ZARAのチェーンバッグでシンプルコーデを上品に仕上げる

バッグは必要なものを運ぶ道具であると同時に、おしゃれを格上げする重要アイテムでもあります。今回のコーデで活躍したのはZARAのチェーンバッグ。洋服は飽きのこないシンプルファッションがお好きな方も、バッグを楽しんでエレガントなコーデに仕上げてはいかがでしょうか?


WAKA TAKAHASHI高橋和伽さん「世界観を形にしていくのがデザイナーの仕事」

WAKA TAKAHASHI高橋和伽さん「世界観を形にしていくのがデザイナーの仕事」

バッグのメゾン「WAKA TAKAHASHI(ワカ タカハシ)」を立ち上げた新進気鋭の若手デザイナー、高橋和伽さんをインタビュー。憧れの職、デザイナーになるまでの道のりやWAKA TAKAHASHIのバッグに込めた想いを伺いました。


スウォッチのクールな新作、薄型11モデル「SKIN COLLECTION 2017」

スウォッチのクールな新作、薄型11モデル「SKIN COLLECTION 2017」

スウォッチ(swatch)から、新時代の薄型11モデル “SKIN COLLECTION 2017”が3月23日より登場。


最新の投稿


相続税の節税といえば「生命保険」

相続税の節税といえば「生命保険」

「生命保険」と聞くと、死亡保障など万が一に備えて入るもの、というイメージを持たれている方が多いかと思います。もちろん貯蓄目的で生命保険に入る方もいらっしゃるのですが、実は生命保険は節税としてとても有効な手段です。今回は、相続税の節税としても使い勝手の良い「生命保険」について、以下、順を追って説明していきます。


ふたりの「結婚観」を言葉にすること【成功する結婚 #1】

ふたりの「結婚観」を言葉にすること【成功する結婚 #1】

奇跡的な出会い、そしてお付き合いを経て結婚することになったふたり。結婚式やハネムーンをプランニングする傍ら、パートナーシップについて話し合う機会を持つことができれば、結婚生活が始まってからもハッピーにやっていける確率が上がります。そうした機会を与えてくれるプレマリッジ・セミナーの内容を連載でお届けします。


美髪を作るドライヤーの使い方

美髪を作るドライヤーの使い方

毎日髪を乾かしているけれど、正しい方法で乾かしていますか? ドライヤーの正しい使い方や選び方、最近の機能のことはもちろん、自然乾燥とドライヤーによる乾燥の違いやメリット、デメリット、タオルドライの方法など、美髪のプロである美容師が正しい髪の乾かし方を改めて詳しく解説します。


「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」は離婚しやすい?

「夫婦別財布」スタイルより、小遣い制を選んでいる夫婦の方が多いようだ。しかし、子なし夫婦としてはそちらより、夫婦別財布のほうが何かとトラブルも少ないし、自由が利くと感じている。将来的にはやはり小遣い制のほうがよかった、と後悔するのだろうか。夫婦別財布とお小遣い制について考えてみた。


ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフといえば、インパクトのある色使いが魅力的なアイテム。カラフルな色を取り入れたファッションが復活した今年、コーデの一部として取り入れると、華やかに旬な雰囲気を楽しめます。ビンテージスカーフを結ぶだけでできるスカーフバッグの作り方をご紹介します。