パリジェンヌは今の自分に必要なバッグを選んでいる

パリジェンヌは今の自分に必要なバッグを選んでいる

おしゃれなパリジェンヌはどんなバッグを使っているの――? 高級ブランドが立ち並ぶパリの一角。ショップのウインドーには素敵なバッグが並びます。しかしそれらを眺める、パリジェンヌの姿はありません。というのも、パリジェンヌのバッグ選びには独自のこだわりがあるから。今回はパリルックをおしゃれに決める、バッグの話題をお届けします


トップ見出し画像

フランスには女性の憧れブランドがいっぱい。パリに行ったら訪れたいショップや、ほしいバッグがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も初めてパリを訪れたときは、ガイドブックを片手に高級ブティックが立ち並ぶ、8区のモンテーニュ大通りを訪れたものでした。

もちろん「サントノレ」も有名ですね。このあたりにはエルメスやシャネル、サンローランなど多くの高級ブランドが集まります。

さて、パリジェンヌはそんなブランドに憧れを抱いているのでしょうか。私たちと同じように、雑誌で取り上げられる新作バッグをチェックしているのでしょうか。

■パリジェンヌはブランドバッグがお好き?

パリジェンヌはブランドバッグがお好き?

パリジェンヌの着こなしをチェックするとき、手に持つバッグに着目してみると、目に見えて「高級ブランド」だとわかるバッグを持つ女性はそう多くありません。

上品なマダムがヴィトンのバッグを持っていたり、若いパリジェンヌがヴィンテージショップで手に入れたであろう、グッチのポシェットを肩にかけていたりするのを、ときどき見かけるぐらいです。

もちろん、高級アパルトマンが立ち並ぶ16区は別として……。

とはいっても、パリジェンヌもブランドがお好き。おしゃれに敏感な女性たちの間では、ヴァネッサ・ブリューノやクロエ、ジェローム・ドレフュスなどが人気です。

シンプルなものというよりは、少しパンチの効いたものに惹かれる傾向があるよう。

■素材はレザー!デザインやサイズ感にもこだわる

素材はレザー!サイズ感やデザインにもこだわりたい

パリでは比較的リーズナブルなブランドであっても、レザーを使用していることが多いです。これはとても魅力的ですよね。そのため、レザーバッグを持つパリジェンヌはとても多いといえます。

またレザーなら使い込むほど味が出ますし、長く使えるという利点も。

とくにアラフォー世代以降のパリジェンヌには、大人の女性の余裕と上品さが備わり、レザーバッグが際立って見えることも。シンプルな装いにさり気なく持つだけで、真似したいと思わせる「パリスタイル」になるから不思議。

好きなデザインは、サイドにギャザーが入った丸みのあるもの。手に持っても肩にかけても体に馴染むサイズがお気に入りです。

かっちりしたタイプよりは、やわらかさのあるものがパリジェンヌの定番でしょう。

春のパリ流ベーシックスタイル

春のパリ流ベーシックスタイル

私がパリのカフェで出会ったのアラフォーパリジェンヌは、開きが深いVネックニットにストレートデニム、ローカットスニーカーという、ベーシックアイテムにレザーバッグをオン。

ブロンドのウェーブヘアも合わさって、とても魅力的に映りました。

パリジェンヌのイメージは、モノトーンやダークトーンスタイルですが、このように優しい色合いでまとめることも。パリのやわらかな日差しに良く合います。

今すぐ真似できる「パリベーシック」。春スタイルに取り入れてはいかがですか?

■パリジェンヌもプチプラを活用!人気はショルダーバッグ

パリジェンヌだってプチプラ!人気はショルダーバッグ

今、おしゃれパリジェンヌの間で人気なのが、ミニサイズのショルダーバッグ。レトロなデザインから、ショルダーがチェーンのレディなものまで豊富に揃います。

色は黒やブラウン、深みのあるレッドが人気。黒やブラウンはシックに、レッドは差し色として取り入れることができます。

このような旬アイテムは、プチプラブランドを上手く活用することも。ひとつ20ユーロ程で購入できるものがたくさんありますし、カラーバリエーションが豊富なのも高ポイント。

ちょっとトレンドを取り入れたいと思うときに、気軽に購入できる価格というのはありがたいものですよね。プチプラといえども、そのデザインは人気ブランドに劣りません。

■1つのバッグを長く愛用するのがパリジェンヌ

ひとつのバッグを長く愛用するのがパリジェンヌ

基本的に1つのものを長く愛用するパリジェンヌ。お気に入りのバッグを手に入れたら、毎日のように使います。それは、自分に必要なバッグだと自信を持って選んでいるから。

たとえ、バッグの角が擦れても、表面が汚れても好きだから平気なのです。これはちょっと見習いたいもの。こだわって選び、愛着を深めることで、より素敵なバッグになるのでしょう。

Text/KUMICO

この記事のライター

アパレル歴20年。フランスのメーカー勤務後、フリーライターに転身。2007年初めてパリを訪れたのを機に年に1~2回の「暮らすように旅するパリ」を経験。パリ郊外の町・ブルターニュ・プロヴァンス・アルザス・バスクなども訪れ、各土...

関連する投稿


着るだけで背筋が伸びる。ツイードジャケットが1枚あるといい

着るだけで背筋が伸びる。ツイードジャケットが1枚あるといい

ツイードジャケットを着ると、背筋がピンと伸びる――そんな感覚はありませんか。1枚持っておくと、春という新生活を素敵に始められるような気がします。今回はツイードジャケットの着こなしアイデアをふたつご紹介。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


プロ直伝! 「バレンタイン × ロングブーツ」の大人っぽコーデ3選

プロ直伝! 「バレンタイン × ロングブーツ」の大人っぽコーデ3選

年に一度のバレンタインデー。どことなく街全体がソワソワするこの時期のデートは、いつもとちょっと違ったコーディネートを意識してみませんか? 寒い中でのデートの強い味方「ロングブーツ」を軸に、彼をキュンッとさせるコーディネートをスタイリストさんに教えてもらいました。


夜明けの色彩と地平線のフォルムを表現したバッグ「yoake」

夜明けの色彩と地平線のフォルムを表現したバッグ「yoake」

暗闇から差し込む光とともに、不安から期待へ、絶望から希望へ。新しい1日という物語をまた0から歩き出そう、といつも次の国へ向かう――そんな気持ちをくれる「夜明け」の時間をコンセプトに作られた"yoake"のボストンバッグが発売開始に。


冬から春へ、「前ボタンロングワンピース」が1枚あれば乗り切れる

冬から春へ、「前ボタンロングワンピース」が1枚あれば乗り切れる

ボタンをすべて閉めてサラッと1枚で着ると落ち着いた印象に。ボタンをすべて開けてロングシャツとして羽織ってもスタイルアップが叶います。それが万能な前ボタンロングワンピース。ボタンの開け閉めの仕方でイメージが変わる前ボタンロングワンピースのコーデを3つご提案します。


最新の投稿


全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第9回目では全身に効果があり、身体を活性化する「ダウンドッグのポーズ」です。全身がストレッチされて、緊張が解けて疲労感も取れやすくなるポーズです。


40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代からのブラジャーの選び方をご紹介します。30代後半頃から気になる胸の変化。年を重ねていけば変化することは、当然のことなのかもしれませんが、できれば年齢より老けて見えたくない、と思う方は多いのではないでしょうか。40代から変わるブラジャーの選び方を意識するだけで、バストの悩みは少なくなるはずです。


大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

リッチなテクスチャーでハリのあるやわからでなめらかなお肌へ導く、アンブリオリスの「アンブリオデルム モイスチャークリーム」。朝晩のお手入れ時の保湿クリームだけではなく、メイク前の下地クリームとしてお使いいただくと艶やか素肌の仕上がりになります。


女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

「レズ風俗」があるとご存じですか。多くの女性には未知の世界かもしれません。2007年に女性専用レズビアン風俗店「レズっ娘クラブ」をオープンした御坊さんの著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』から、レズ風俗とは何か、どんな女性が利用しているのかなど、まったく知らない人にとっての“気になる”を紹介します。


ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイへ行ったら買い物やグルメを存分に楽しみたい――そんな人へおすすめなホテルが、ワイキキ クヒオ通りの中心にある「ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ」。オフィスビルとして使われていた建物が、2017年1月、22階建てのスタイリッシュなデザイナーズホテルとして生まれ変わりました。