幸せを運ぶ法則――心の中の「幸福のバケツ」を満たそう

幸せを運ぶ法則――心の中の「幸福のバケツ」を満たそう

なんだかいつも笑顔で、会うと元気をくれる人、っていますよね。彼らは幸せを運ぶタイプの人。笑顔や元気の好循環が起きれば、あなたとあなたの周りの幸せが増えていくはず。ポジティブ心理学の観点から、ちょっぴり気持ちが楽になり、幸運の波に乗りやすくなる不思議な法則をご紹介します。


こんにちは、島本薫です。寒い日が続きますね。

それでも心には温かな気持ちが満ちるよう、今日は「ポジティブ心理学」から、ささやかな幸せのヒントをお届けしましょう。

心理学といえば、「過去の心の傷」を探り、癒すためのもの――そんなイメージはないでしょうか。

でも、そうしたネガティブな面を研究するより、人のポジティブな面を研究する方が大切なのでは? 不信や失望、怒りやストレス、敵意や恨みではなく、自分の得意なこと、自分の良いところに目を向ける手伝いをしよう――。

そんな思いを抱いたドナルド・クリフトンという心理学者は、こんな考え方を生み出しました。

■いつも心にとめておきたい「バケツとひしゃくの理論」

「人は誰でも心にバケツを持っている。他人に何かを言われたり、されたりするたびに、このバケツの水は増えたり減ったりする。

バケツの水がいっぱいのときは、気分がいい。逆に、バケツが空のときが最悪の状態だ。

人はバケツのほかに、ひしゃくももっている。他人と接するときは、かならず、このひしゃくを使う。

相手のバケツに水を注ぐこともあれば、バケツから水をくみ出すこともある。誰かのバケツに水を注げば、自分のバケツにも水がたまる」

『心のなかの幸福のバケツ』(日本経済新聞社、2005年)より

さあ、どうぞ感じてみてください。あなたの心のバケツ、今どれくらい、水が入っていそうですか?

■幸せを運ぶ毎日にするには「バケツに水をためる選択をする」

多かれ少なかれ、わたしたちは日々たくさんの人と接し、その影響を受けています。ときには気持ちが明るくなり、ときには気持ちが暗くなる。

身近な人はもちろん、すれ違った人の何気ないそぶりやレジの人の対応ひとつでも、ちょっと気分がよくなることもあれば、ムッとしてしまうこともある。

イライラ・そわそわ・プンプン・むっつり……。ネガティブな感情は、伝染しやすい。

それを受けて、心ない言葉を返してしまったり、それでまた落ち込んだりもする。

そうやって、心の中のバケツから、水が少しずつ漏れ出ていく。

バケツの水が少ないときに明るい見方はできないし、ツイてないことにばかり目がいけばツイてないことを引き寄せ、チャンスの女神の手もすり抜けてしまう。

と、いうことは?

そうです、バケツの水を減らすのではなく、水をためる選択をしていけば、幸せを運ぶことができますし、あたたかく幸せな気持ちも増えていくということなのです。

バケツに水をためる選択、それは、幸運の波に乗るための初めの一歩でもあるんですよ。

■「幸福のバケツ」に水を満たそう

バケツに幸福の水を満たしていく、1つ目の方法。まずは、バケツが傾いたことに気づいたら、その都度「まっすぐに持ち直す」こと。

もしも「うっ」とへこむようなことに出会っても、たやすくバケツの水をこぼすことはありません。「ああ、今ちょっと水がこぼれたかも」と思ったら、傾いたバケツをひょいと元に戻すイメージを描いてみるといいですよ。

2つ目は、「自分から水をこぼさない」こと。

自分で自分に腹を立てたり、がっかりするのもよくあること。むしゃくしゃする気持ちに任せて、傷口をさらに広げたり、心の中にもやもやをため込んで、自分を責めたりしてしまうこともある。

ただ、自分から水をこぼしても、いいことはなんにもない。ましてや自分で自分のバケツに穴を開けてしまうのは、あまりに悲しい。

今、自分が「水をこぼす選択をしている」ことに気づいたら、どうぞ自分にやさしくしてあげてください。

最後に、とっておきの、最強最高の「幸福のバケツを満たす」方法をお伝えしましょう。それは、バケツの水を「増やす」こと。

「バケツとひしゃくの理論」の最後の行を繰り返しますね。

「誰かのバケツに水を注げば、自分のバケツにも水がたまる」

■幸せを運ぶには「誰かのバケツに水を注ぐ」

日々周りから影響を受けて過ごしているように、わたしたちもまた、周りに何らかの影響を与えています。

バケツの水が汲み出されるたびに、人は傷つき、元気を失っていくのなら、その逆だってできるはず。ささやかなことでいい。誰かのバケツに水を注ぐことを選びながら、毎日を過ごしてみませんか。

「ありがとう」と伝えること。「いいね」「よかったね」と声をかけること。

きちんと相手の方を向いて、話を聴くこと。目が合ったら微笑むこと。

「おかえりなさい」と笑顔を向けること。名前を呼ぶこと。

不思議なことに、心のバケツの水は、与えても減りません。それどころか、誰かのバケツに水を注ぐと、自分のバケツにも水がたまっていく。逆に、人からもらうことだけを考えていても、バケツの水は増えはしない。

誰かの心にちょっと明るさを灯すことが、なぜだか自分の幸せにつながっていく。それが本当の「幸せを運ぶ」ということ。

心に小さな滴が落ちたのを感じたら、その感じを大切に受け止めて、味わってください。

うれしい気持ちが増えるように。幸せが、また幸せを運ぶように。

バケツの水があふれているときほど、幸運には気づきやすいものだし、人にも幸せのおすそわけができるものだから。

心のなかの幸福のバケツ - トム・ラス,ドナルド・O・クリフトン,高遠裕子|日本経済新聞出版社

http://www.nikkeibook.com/book_detail/31215/

人は誰でも心にバケツをもっている。だから、たくさんの水を注いであげよう。バケツの水がいっぱいのときは気分がいいし、注いだあなたのバケツにも水がたまる。ポジティブな言動がもたらす驚きの事実と方法を紹介。

この記事のライター

もの書き、翻訳家、ときどきカウンセラー、セラピスト。 大切にしている言葉は “I love you, because you are you.” 共感覚・直観像記憶と、立体視不全・一種の難読症を併せ持ち、自分に見えて...

関連するキーワード


開運

関連する投稿


ワンルームマンションでも風水の恩恵を受けられる!

ワンルームマンションでも風水の恩恵を受けられる!

ワンルームマンションの限られた空間で、風水の恩恵を受けるにはどうすればよいのでしょうか。今回はワンルームマンションでと風水の関係について、風水コンサルタント・田中道明さんに教えて頂きました。


烏森神社(新橋) - 社交運・美容にご利益があるパワースポット

烏森神社(新橋) - 社交運・美容にご利益があるパワースポット

新橋にある烏森神社は「社交性」「美容」のご利益があるパワースポットです。今回はそんなサラリーマンの街「新橋」にある烏森神社をご紹介します。


室内に植物を置いて、風水の恩恵を受けよう

室内に植物を置いて、風水の恩恵を受けよう

室内に植物を置いて運気を上げるシンプルなやり方を、風水コンサルタント・田中道明さんに教えて頂きました。寝室ではなく、玄関やベランダに植物を置くべき理由がわかります。植物を室内に配置して、うるおいを加えて運気をあげましょう。


金王八幡宮(渋谷) - 仕事運向上のご利益があるパワースポット

金王八幡宮(渋谷) - 仕事運向上のご利益があるパワースポット

仕事運向上のご利益がある渋谷のパワースポットとして知られる、金王八幡宮(こんのうはちまんぐう)をご存知でしょうか? 渋谷駅から徒歩で7分、平安時代からある由緒正しい神社です。今回はご利益を得るためのポイントと、その歴史について陰陽コンサルタントの高澄さんに尋ねてみました。


2017年に長時間向いてはいけない風水の方位

2017年に長時間向いてはいけない風水の方位

2017年の風水。今回は方位について、風水コンサルタント・田中道明さんに教えて頂きました。スマホのコンパスで普段座っているところの方位をチェックしてみましょう。2017年は、風水の方位を意識して「凶」を避けるようにしましょう。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。