幸せを運ぶ法則――心の中の「幸福のバケツ」を満たそう

幸せを運ぶ法則――心の中の「幸福のバケツ」を満たそう

なんだかいつも笑顔で、会うと元気をくれる人、っていますよね。彼らは幸せを運ぶタイプの人。笑顔や元気の好循環が起きれば、あなたとあなたの周りの幸せが増えていくはず。ポジティブ心理学の観点から、ちょっぴり気持ちが楽になり、幸運の波に乗りやすくなる不思議な法則をご紹介します。


こんにちは、島本薫です。寒い日が続きますね。

それでも心には温かな気持ちが満ちるよう、今日は「ポジティブ心理学」から、ささやかな幸せのヒントをお届けしましょう。

心理学といえば、「過去の心の傷」を探り、癒すためのもの――そんなイメージはないでしょうか。

でも、そうしたネガティブな面を研究するより、人のポジティブな面を研究する方が大切なのでは? 不信や失望、怒りやストレス、敵意や恨みではなく、自分の得意なこと、自分の良いところに目を向ける手伝いをしよう――。

そんな思いを抱いたドナルド・クリフトンという心理学者は、こんな考え方を生み出しました。

■いつも心にとめておきたい「バケツとひしゃくの理論」

「人は誰でも心にバケツを持っている。他人に何かを言われたり、されたりするたびに、このバケツの水は増えたり減ったりする。

バケツの水がいっぱいのときは、気分がいい。逆に、バケツが空のときが最悪の状態だ。

人はバケツのほかに、ひしゃくももっている。他人と接するときは、かならず、このひしゃくを使う。

相手のバケツに水を注ぐこともあれば、バケツから水をくみ出すこともある。誰かのバケツに水を注げば、自分のバケツにも水がたまる」

『心のなかの幸福のバケツ』(日本経済新聞社、2005年)より

さあ、どうぞ感じてみてください。あなたの心のバケツ、今どれくらい、水が入っていそうですか?

■幸せを運ぶ毎日にするには「バケツに水をためる選択をする」

多かれ少なかれ、わたしたちは日々たくさんの人と接し、その影響を受けています。ときには気持ちが明るくなり、ときには気持ちが暗くなる。

身近な人はもちろん、すれ違った人の何気ないそぶりやレジの人の対応ひとつでも、ちょっと気分がよくなることもあれば、ムッとしてしまうこともある。

イライラ・そわそわ・プンプン・むっつり……。ネガティブな感情は、伝染しやすい。

それを受けて、心ない言葉を返してしまったり、それでまた落ち込んだりもする。

そうやって、心の中のバケツから、水が少しずつ漏れ出ていく。

バケツの水が少ないときに明るい見方はできないし、ツイてないことにばかり目がいけばツイてないことを引き寄せ、チャンスの女神の手もすり抜けてしまう。

と、いうことは?

そうです、バケツの水を減らすのではなく、水をためる選択をしていけば、幸せを運ぶことができますし、あたたかく幸せな気持ちも増えていくということなのです。

バケツに水をためる選択、それは、幸運の波に乗るための初めの一歩でもあるんですよ。

■「幸福のバケツ」に水を満たそう

バケツに幸福の水を満たしていく、1つ目の方法。まずは、バケツが傾いたことに気づいたら、その都度「まっすぐに持ち直す」こと。

もしも「うっ」とへこむようなことに出会っても、たやすくバケツの水をこぼすことはありません。「ああ、今ちょっと水がこぼれたかも」と思ったら、傾いたバケツをひょいと元に戻すイメージを描いてみるといいですよ。

2つ目は、「自分から水をこぼさない」こと。

自分で自分に腹を立てたり、がっかりするのもよくあること。むしゃくしゃする気持ちに任せて、傷口をさらに広げたり、心の中にもやもやをため込んで、自分を責めたりしてしまうこともある。

ただ、自分から水をこぼしても、いいことはなんにもない。ましてや自分で自分のバケツに穴を開けてしまうのは、あまりに悲しい。

今、自分が「水をこぼす選択をしている」ことに気づいたら、どうぞ自分にやさしくしてあげてください。

最後に、とっておきの、最強最高の「幸福のバケツを満たす」方法をお伝えしましょう。それは、バケツの水を「増やす」こと。

「バケツとひしゃくの理論」の最後の行を繰り返しますね。

「誰かのバケツに水を注げば、自分のバケツにも水がたまる」

■幸せを運ぶには「誰かのバケツに水を注ぐ」

日々周りから影響を受けて過ごしているように、わたしたちもまた、周りに何らかの影響を与えています。

バケツの水が汲み出されるたびに、人は傷つき、元気を失っていくのなら、その逆だってできるはず。ささやかなことでいい。誰かのバケツに水を注ぐことを選びながら、毎日を過ごしてみませんか。

「ありがとう」と伝えること。「いいね」「よかったね」と声をかけること。

きちんと相手の方を向いて、話を聴くこと。目が合ったら微笑むこと。

「おかえりなさい」と笑顔を向けること。名前を呼ぶこと。

不思議なことに、心のバケツの水は、与えても減りません。それどころか、誰かのバケツに水を注ぐと、自分のバケツにも水がたまっていく。逆に、人からもらうことだけを考えていても、バケツの水は増えはしない。

誰かの心にちょっと明るさを灯すことが、なぜだか自分の幸せにつながっていく。それが本当の「幸せを運ぶ」ということ。

心に小さな滴が落ちたのを感じたら、その感じを大切に受け止めて、味わってください。

うれしい気持ちが増えるように。幸せが、また幸せを運ぶように。

バケツの水があふれているときほど、幸運には気づきやすいものだし、人にも幸せのおすそわけができるものだから。

心のなかの幸福のバケツ - トム・ラス,ドナルド・O・クリフトン,高遠裕子|日本経済新聞出版社

http://www.nikkeibook.com/book_detail/31215/

人は誰でも心にバケツをもっている。だから、たくさんの水を注いであげよう。バケツの水がいっぱいのときは気分がいいし、注いだあなたのバケツにも水がたまる。ポジティブな言動がもたらす驚きの事実と方法を紹介。

この記事のライター

もの書き、翻訳家、ときどきカウンセラー、セラピスト。 大切にしている言葉は “I love you, because you are you.” 共感覚・直観像記憶と、立体視不全・一種の難読症を併せ持ち、自分に見えて...

関連するキーワード


開運

関連する投稿


下谷神社(上野) - 仕事運・家庭運にご利益があるパワースポット

下谷神社(上野) - 仕事運・家庭運にご利益があるパワースポット

仕事運・家庭運向上のご利益がある上野のパワースポットとして知られる、下谷神社(したやじんじゃ)。 今回はご利益を得るためのポイントを、陰陽コンサルタントの高澄さんに尋ねてみました。


金運を上げる方法(風水)

金運を上げる方法(風水)

風水の中で「金運」はとりわけ高めることが比較的簡単な欲望だとされています。今回はそう言われている背景から金運を上げる効果的な方法などを、風水コンサルタントの田中道明さんに紹介してもらいます。


風水で仕事運をアップ! 机や顔の向きを調整するだけ

風水で仕事運をアップ! 机や顔の向きを調整するだけ

新年度のスタートダッシュを決めるためにも「風水」を活用するのがおすすめです。仕事中に机や顔を特定の方位に向けることで、仕事運を高めることが可能です。デスクワークのとき、商談や面接、プレゼンをするときなどにも、風水の吉方位を向くことで成果を高められます。今回は、どの方位を向いて仕事をするとよいかについてお話しします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もうやめたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方なのです。


品川神社(品川) - 良縁運・金運にご利益があるパワースポット

品川神社(品川) - 良縁運・金運にご利益があるパワースポット

品川神社は「良縁運」「金運」のご利益があるパワースポットです。今回は、品川神でご利益を得るための3つのポイントをご紹介します。


最新の投稿


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


「考え方を見直す」だけでストレス対策になる

「考え方を見直す」だけでストレス対策になる

ストレスを感じやすい人は、対策としてまずは考え方を見直すことから始めましょう。ブレインケアクリニックの今野裕之院長が、精神的なストレスを和らげるコツを「認知の歪み」について解説しながら、ご紹介します。


「貯金できない人」が「貯金できる人」になるための5つのヒント

「貯金できない人」が「貯金できる人」になるための5つのヒント

貯金ができない理由は何だと思いますか? 無駄遣いしている、そもそも収入が少ない、いつの間にかなくなっている……人によって理由はさまざまだと思いますが、それらはちょっとした心がけで変わるものです。今回は「貯金できる人」になるためのヒントをご紹介します。


『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』や『パパ、お月さまとって!』でおなじみの絵本作家、エリック・カールさんの世界を堪能できる「エリック・カール展」の情報をお届けします。


バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂は歳を重ねると自然と起きてしまうこと、避けられないこと、と諦めないで。バストの下垂は日々の細かい努力で防ぐことができます。バストの下垂を予防し、何歳になっても美しいバストを保つ習慣をご紹介します。