ディオールからグラデーション メイクを楽しむ春新作が発売!

ディオールからグラデーション メイクを楽しむ春新作が発売!

パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社は、春のコレクション、 ニュールックスプリング2017「カラー グラデーション」を2017年1月6日(金)に全国発売


2017年の春にしたいのは「グラデーション・メイク」

ディオールがこの春提案するのは、 グラデーションをきかせたメイクアップ。 エネルギーが満ち溢れる春に、 ユニークで躍動的なカラー体験ができるアイテムが揃いました。 なかでも注目は、 あえて色を衝突させることで大胆な表情を演出するアイシャドウパレット「カラー グラデーション パレット」と、 繊細なグラデーションで華やいだ唇をつくりあげる「ルージュグラディエント」。

ニュー ルックスプリング2017「カラーグラデーション」

目元は色の「クレッシェンド」を

空を染める夕陽の色合いと、 無数に変化するラグーンの青が閉じ込められた「カラーグラデーションパレット」は、 ふんわりととろけるようなカラーで目元を彩り、 色のクレッシェンドで瞳を鮮やかに引き立てます。 あたたかな風が待ち遠しくなる、 太陽の輝きを放つ眼差しを叶えるアイテムです。

ルージュ グラディエント 限定品3色 4,200円

リップはレイヤリングで、 フレッシュなグラデーションに

また顔全体を明るく引き立てながら、 リップを官能的に彩る「ルージュ グラディエント」は、 ディオール初のリップ シャドウのデュオ。 ペンのようなフォルムの両端には、 明るいシェードとダークなシェードがダブルサイドでイン。 最初に明るいシェードを唇全体にのせてパウダリーマットに仕上げた後に、 もう片方のダークシェードを唇の中央にオンしてレイヤリングすると、 フレッシュでナチュラルなグラデーションが簡単にできます。 溌剌としたレッド、 遊び心のあるピンク、 シックなパープルの3色が登場します。

肌の上でカラーをブレンドし、 今までにない鮮やかでそして斬新なグラデーションメイクで春のメイクアップを楽しめるコレクションです。

ディオール アディクト リップスティック - ニュールック スプリング 2017 限定

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

最新の投稿


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。