新田 恵利 さんが 2017/01/09 に更新
骨粗鬆症の恐ろしさ【新田恵利 連載 #3】

骨粗鬆症の恐ろしさ【新田恵利 連載 #3】

骨粗鬆症になると、骨が細くなったり切れたり弱くなったりして、骨折しやすくなってしまいます。骨粗鬆症になる原因や骨粗鬆症の治療、予防するための食事など、骨粗鬆症になった母の介護経験のある新田恵利さんが、自身のエピソードとともに綴ります。


母が寝たきりになって3度目のお正月を迎えた。早いものです。

寝たきりになったきっかけは骨粗鬆症による圧迫骨折。直接、死に結びつくことはないけれど、骨粗鬆症は実は怖い病気で、なかなか侮れないもの。

母が骨粗鬆症と診断されたのは20年ほど前。最初に骨折したのは背骨で、話すのも辛く、息もできないほど痛い部分でした。

入院した病院で骨粗鬆症と診断。その頃はよく知られていない病名で「コツソーショショ?」と、きちんと発音することさえ難しく感じたほどです。

■骨粗鬆症の原因は?

数年後、またもや背骨を骨折。転んだり、ぶつけたり重い物を持ったりが原因だけれど、最後はくしゃみでも骨折してしまうのが骨粗鬆症の恐ろしさ。

それから20年の間に、母は5回の圧迫骨折をしました。そのすべてが背骨。他にも大腿骨や肋骨、手首などが多いそうです。

骨折した骨が上手い具合に癒合してしまうと、痛みを感じなくなるといいます。それがテレビCMで、桃井かおりさんが出演していらっしゃる「いつのまにか骨折は」です。

母も最初の頃は入院していたものの、治療らしい治療もなく、痛みが治まるまで絶対安静にする他ありませんでした。そのため、担当医も自宅療養を提案されました。

■骨粗鬆症を予防する食事は?

そんな介護の経験を講演でお話しさせていただく中で、骨粗鬆症の専門医とお話する機会もしばしば。とある番組でご一緒した先生によると、片足立ちを1日1分するだけでも予防の効果があるといいます。左右を合わせてもたったの2分!

これなら信号待ちや電車待ち、料理中や歯磨き中……いつでもどこでもできますね。20年もの間、母を苦しめた病気だけに、私なりに少しは勉強しました。

もちろんカルシウム摂取が第一。でもそれだけじゃダメで、同時にビタミンDも摂る必要があります。カルシウムといえば、牛乳や魚などの食材をイメージしやすいですが、ビタミンDと言われて何を思いつきますか?

ビタミンDを含む食品を覚えるのが大変だったので、私は代わりに日光浴をおこなうことにしました。カルシウムを摂って太陽光を浴びながら、散歩すればいいだけなんです。簡単でしょ?

■骨粗鬆症の治療のひとつに「注射」がある?

そうして勉強しているうちに、恐ろしい事実を知りました。なんと母から娘への骨密度の遺伝は、じつに「6割」にも及ぶそうです。

ひえぇ〜。気をつけて牛乳を飲み、小松菜と油揚げというゴールデンコンビといわれたお味噌汁や煮物を頑張って食べていたの!? ショック‼︎

私の場合は遺伝ですが、骨粗鬆症の心配は年齢や遺伝だけではないんです。過度なダイエットをした経験のある人も心配したほうがいい。

20年前の治療はカルシウム剤を飲み、食生活を気をつけるしかありませんでしたが、今では皮下注射薬があります。寝たきりになった母も2年間打ち続けました。

保険も効かず、高額でしたが2年間という縛りがあるので、母も受け入れました。毎晩、毎晩、お腹への皮下注射。痛くはないのですが、手間なんです(苦笑)。

もちろん副作用もありますから、やっぱり骨粗鬆症にならないのが1番。日常生活の中で思い出しては、片足立ちをしている私です。

最新の投稿


ポーランドランジェリー「kobieta」がそごう横浜店に期間限定出店

ポーランドランジェリー「kobieta」がそごう横浜店に期間限定出店

銀座で話題のポーランドランジェリーのセレクトショップ「kobieta(コビエタ)」が2月24日(金)〜3月2日(木)までそごう横浜店4階=インナーウエア売場に期間限定で初登場します。


「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」が日本橋三越本店で2月22日より開催

「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」が日本橋三越本店で2月22日より開催

プレミアム・ライフスタイル・ブランド「リバティ ロンドン」は2月22日(水)~28日(火)の期間、日本橋三越本店にて日本初の「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」を開催します。


育休中にブログを始めてキャリアと人生が変わった話【小田桐あさぎ 連載 #6】

育休中にブログを始めてキャリアと人生が変わった話【小田桐あさぎ 連載 #6】

育休復帰後のキャリアプランが不安……。そんな人は育休期間を活かしてスキルアップにつながる行動を起こしてみてはどうだろうか。小田桐あさぎさんは育休中、ブログを起ち上げて発信したことで、キャリアだけではなく、人生そのものが大きく変わっていった。


恋人を親に紹介するとき「主役」は恋人

恋人を親に紹介するとき「主役」は恋人

元遊び人の筆者が「恋人を実家に連れて帰る」という人生初のアクションを描く短期連載「遊び人だった僕が恋人を実家に連れて帰った」#2。いよいよ実家へ向かい、恋人を親に紹介するときがやってきた……そんななか、久々に会った姪っ子が後のキーパーソンに!?


冬の京都旅行、私流の楽しみ方

冬の京都旅行、私流の楽しみ方

冬の京都旅行で、伝統の中のモダンにふれてきました。アンティーク着物衣装を探したり、繊細な京都料理を食したり……冬の京都の楽しみ方をお伝えします。