1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 脱・安っぽメイク! 大人女性のプチプラコスメの選び方【大人がやめたいコスメ使い#3】

脱・安っぽメイク! 大人女性のプチプラコスメの選び方【大人がやめたいコスメ使い#3】

アラフォー世代のメイクでは、トレンドだけでなく、“いかに自分を魅力的に見せるか”を意識したコスメ使いで、「楽しく」「美しく」をモットーにしてみませんか。時短美容家の並木まきが、「大人世代がやめたいコスメ使い」をお話します。今回は、「脱・安っぽメイク」をキーワードに、大人のプチプラコスメの選び方を紹介します。

脱・安っぽメイク! 大人女性のプチプラコスメの選び方【大人がやめたいコスメ使い#3】

■ここ数年でプチプラコスメの実力は劇的に進化!

ここ数年で、プチプラコスメの実力は劇的な進化を遂げています。1000〜2000円の価格帯の口紅やアイシャドウでも、一見すると「デパコス!?」と思えるほどの質感や発色のものも多く、アラフォー世代も上手に取り入れれば、コストパフォーマンスの高いトレンドメイクが楽しめます。

一方で、アラフォー世代からは「話題のプチプラコスメを買って使ったけれど、やっぱり“それなり”だった」「プチプラでメイクすると安っぽい仕上がりに見える」などの声が聞こえてきます。プチプラコスメは、文字どおり低価格帯のコスメなので、使い方によっては年齢にふさわしくない「安っぽさ」が出やすいのも事実。つまりアラフォー女性は“脱・安っぽく見えるプチプラメイク”を狙うべく、慎重なコスメ選びが大事なのです。

■「安っぽい女」にはもう見せない! 大人のプチプラコスメはここに注目

メイクの仕上がりに安っぽさが出てしまう主な原因は、「色」や「質感」にあります。つまり発色や色合い、仕上がりの質感のポイントを押さえれば、「安っぽい女」に見える可能性は格段に下げられます。

ここからは、コスメ選びの具体的な3つのポイントをお話しします。

1.スモーキーや淡い色よりしっかりした色みのものを

2021年の秋冬は、スモーキーや淡い色合いのアイシャドウやチークがトレンド。けれど「流行色だから」というだけでこれらの色のプチプラを取り入れてしまうと、発色の鈍さゆえに、大人世代はぼやけた印象のメイクにも見えがちに。

淡い色をやや“くすみ”が出ている年齢肌に重ねると、デパコスとプチプラの実力の差が出ます。メイクのニュアンスとして深みが生まれるデパコスと異なり、プチプラの場合には、ただ発色が鈍くなるだけのものも少なくありません。ここが「安っぽさ」を醸し出す原因にも。

つまりチープな印象のメイクにならないためには、弱い発色のものは避け、色合いがしっかりしたものを選ぶのがポイントといえます。

2.粉っぽい質感になるものは避ける

アイシャドウでもチークでも「粉っぽさ」を感じさせるパーツメイクは、それだけで安っぽさに加えて老けた印象をも与えてしまいます。チープなメイクを避けるなら、粉っぽさは厳禁です。

肌に塗ったときにうるうるとした仕上がりに見えないものは、残念ながら大人のプチプラメイクからは外したほうが無難。

「粉っぽさ」と聞くと、パウダー状やプレス状のコスメが頭に浮かびますが、「クリームタイプだから大丈夫」「リキッドなら心配ないはず」というわけではありません。肌に塗ったあとの仕上がりイメージでチェックを。

3.マットよりツヤ感重視

ツヤ一辺倒だったメイクブームが陰りを見せ、ぼちぼちとマットな質感にも注目が集まっている昨今。プチプラコスメでもマットな仕上がりを狙える製品が増えています。

けれど「プチプラマット」は粉質によっては発色がぼやけやすいものが多く、大人肌に使うと“THE・チープ”を絵に描いたようなメイクにもなりがちです。

仕上がりに「ツヤ感」が加わるかを重視して選んだほうが、ムラのある仕上がりやぼやけた印象を避けやすく、リッチなメイクに見せることができます。

■アラフォー美容家が太鼓判! 大人肌にふさわしいプチプラコスメ2選

1.キャンメイク クリームチーク(パールタイプ)限定3色 各税込638円

伸びがよく、サラサラの仕上がりなのにツヤっぽさのあるチーク。高輝度のベージュパールを配合し、発色の良さと生っぽさを実現しているプチプラの名品です。筆者のイチオシカラーは「P03 オランジュテラコッタ」。暖色・寒色どちらのアイメイクにも合わせやすく、今っぽいブラウン×オレンジのチークで小顔効果も抜群です。

2.エクセル リアルクローズシャドウ 新色「CS14(シナモンスエード)」税込1650円

重ねてもくすまない、クリアな発色が特長のプチプラアイシャドウ。待望の新色は、塗るだけで今年っぽさが出しやすいカラーがセットされています。

4色すべてを使うグラデーションも、大人肌に適度になじみながら、絶妙な色出し。パールが効いているのでツヤっぽさが出て、ほんのり大人の色気を演出します。


プチプラコスメにも優秀な製品が増えている一方で、大人女性が取り入れるためには選び方にコツが必要です。粉質、発色、ツヤを意識して選ぶことで、脱・チープメイクを目指しましょう。

並木まき

時短美容家。一般社団法人 時短美容協会 代表理事。元「美人すぎる市議」として多くのメディアに出演。“単なる手抜きや省略ではなく、そのときの自分に必要なケア、メイクを見極め、最小の手間で最大の美を得る”をモットーにしたオリジナ...

関連記事

Latest Article