1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 【恋愛ライターが厳選】秋に観たい大人の恋愛映画4選~洋画編~

【恋愛ライターが厳選】秋に観たい大人の恋愛映画4選~洋画編~

肌寒くなってきた近頃、なんだか寂しい夜も増えてきた……。そんな日は、温かいココアとともに、とっておきの恋愛映画はいかが? 今回は、秋にぴったりの大人のための恋愛映画をご紹介。「切ない度」「共感度」と共にお届けしましょう。

【恋愛ライターが厳選】秋に観たい大人の恋愛映画4選~洋画編~

■1.究極の“たられば”恋愛映画『ラ・ラ・ランド』

共感度  ★★★
切ない度 ★★★★

秋の夜、ふと、「もし、あのとき夢をあきらめなければ」「もし、あのとき別れなければ……」。誰の中にもある「ありえたかもしれない別の人生」。ついつい「この人生で良かったのだろうか」と思い返すことがありますよね。

そんな夜に観たいのが『ラ・ラ・ランド』

駆け出しの女優の卵のミア(エマ・ストーン)と、挫折に苦しむジャズピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)。ふたりは夢追い人が集まるハリウッドの街で、恋に落ちます。

恋愛映画の王道は、相思相愛のふたりがくっついてハッピーエンド……ですが、そう簡単にはいいかないのが大人の恋愛。まざまざと「リアル」を見せつけられます。でも、それが、残酷ではないのが、この映画のいいところ。

夢を追うか、諦めるか、結婚するのか、しないのか、人生は選択の連続が、美しい景色と音楽によって映し出されます。どんな選択をしても人は後悔をしてしまうもの。でも、この映画を観終わった後は「後悔したことを後悔しない」そんな前向きな気持ちになれます。

■2.涙が止まらない……23年間に渡る大人の恋『ワン・デイ 23年のラブストーリー』

共感度  ★★
切ない度 ★★★★★

「とにかく泣きたい!」「王道の大人のラブストーリーが観たい!」そんな大人の女性におすすめなのが、この『ワン・デイ 23年目のラブストーリー』。タイトルの通り、エマ役(アン・ハサウェイ)と、デクスター(ジム・スタージェス)の1988年から2012年まで、23年間の「ワン・デイ=7月15日」だけが描かれます。

美しいエジンバラを舞台に、大学を卒業したふたりの物語がスタート。ふたりは、お互いを意識するも、「親友になろう」と、約束をします。卒業後、小説家を目指し、アルバイトをしながら夢に向かって頑張るエマ。それとは対照的にデクスターは華やかなTV業界で成功し、ほしいものを全て手にします。でも、歳を重ね、大人になることへの希望、そして諦め、挫折……。さまざまな経験を積んで、お互いが本当に大切な存在だと確信したとき、ふたりの前には、あまりにも切なすぎる運命が待っていました。

この映画の素晴らしいところは、歳を重ねるたびに美しくなるエマ(アン・ハサウェイ)のファッションやヘアスタイル。どんどん洗練されてゆく彼女に、目を奪われます。

■3.大人女子の複雑な心情を描く『ビフォア』シリーズ

共感度  ★★★★★
切ない度 ★★★

みなさんは「あぁ、あれは運命だったのかもしれない」と思う人に出会ったことはありますか? その相手と、大人になって、ふたたび会えたら……。

『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』、『ビフォア・サンセット』、『ビフォア・ミッドナイト』の3部作、「ビフォア」シリーズは、ふたりの男女の運命的な出会い、すれちがい、そして、リアルな心情を、男女の会話だけで描く異色の恋愛映画です。

メインキャストは、アメリカ人の青年ジェシー(イーサン・ホーク)とフランス人の女性セリーヌ(ジュリー・デルピー)のふたりだけ。一部作『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』で、ふたりは、パリ行きの列車の中で運命の出会いを果たします。意気投合したふたりはウィーンで途中下車。たった14時間だけ一緒に過ごし、また会おうと約束をするのですが……。

この映画が素晴らしいのは、ただ、ふたりが話し続けるだけの映像にも関わらず、まるで、一緒に街を歩いているような感覚になり、気付けば感情移入していく点と、女性の繊細で、ときに面倒な感情がうまく描かれている点。年齢を重ねてゆくふたりが、笑ったり、泣いたり、喧嘩したり……。「運命の恋人」ってこんな風なのかも! と、思わず想像してしまいます。観た後の、静かでほんのり温かい余韻は、秋の夜にぴったり。

■4.こんな女友達ほしかった!『セックス・アンド・ザ・シティ・ザ・ムービー』

共感度  ★★★★★
切ない度 ★★

歳を重ねるにつれ、どんどん女友達は減っていきますよね。でももし、仕事や、恋愛、結婚生活のことだって、なんでも喋れる一生モノの友達がいたら……。それだけで女性の人生は、何百倍も面白い!?

思わず「こんな友達ほしい!」と叫んでしまいたくなる大人のための恋愛、いや、友情映画といえば『セックス・アンド・ザ・シティ』。ニューヨークで暮らす4人の30代独身女性の日常を面白おかしく描き、日本でも大ブームを巻き起こしたTVドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』の映画版です。

映画では、主人公たちは40、50代に突入し、ますます魅力的に! もちろん、ドラマを観たことのない人でも楽しめる構成で、主人公の恋愛コラムニストのキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)、経験人数は数えられない!? セックスに自由奔放なPR会社社長のサマンサ(キム・キャトラル)、子育てと仕事と両立させている弁護士のミランダ(シンシア・ニクソン)、不妊、離婚、再婚、流産……。それでも養女を迎えて母となったシャーロット(クリスティン・デイビス)。

4人の魅力的な女性たちの日常が、コミカルに描かれます。大人女子あるある! が満載! 注目すべきは、4人のファッション。まるでファッションショーを見ているような気分に浸りながら、観ることができます。公開から現在に至るまで、全ての女性の生き方を肯定し、流行ファッションの先駆者となった4人。今年の秋服、冬服の参考にしてみて。

■「ちょっぴり切ない」が心地いい

今回は、秋の夜にぴったりな大人の恋愛映画をご紹介しました。「あるある!」と「ちょっぴり切ない」は恋愛映画と秋の醍醐味。大人になったからこそ感じる余韻を楽しんで。

毒島 サチコ

恋愛ライター。LINE記事を得意とし、自立した女性へ向けた恋愛記事を多数執筆。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article