1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 香水やネイルと合わせて楽しむ。自分を表現するためのランジェリーの纏い方

香水やネイルと合わせて楽しむ。自分を表現するためのランジェリーの纏い方

Share

ランジェリーは自分ひとりだけで堪能するのもいいけれど、思想や美学を表現するためのファッションツールとしても楽しめる。ランジェリーマニアの北菜月さんが、ランジェリーを香水やネイルと組み合わせて纏うことのおもしろさについて綴ります。

香水やネイルと合わせて楽しむ。自分を表現するためのランジェリーの纏い方

物心ついたときから、女性の身体への憧れがあった。自分自身が柔らかな曲線美を描く日が来ることを待ちわびていた。しかし、周りの子たちの成長に逆らうように、私の身体が変わることはなかった。

ある日、母に連れられお店で初めてブラジャーを買った。平面的な私の身体でさえも、レースの下着を身に着けると色っぽく見えるような気がした。そのときから、私はランジェリーの虜になった。

性に対する関心と、ファッションへの関心がどこかで繋がっていて、その結び目のようなものが下着・ランジェリーだったのだと思う。私は、下着をファッションツールとして楽しむことを自ら覚えていった。バストがぎりぎり隠れるようなスリップを、ドレスのようにして着ていたこともある。着飾るという意味だけでなく、自分の体形とその見せ方も含めて“ファッション”だと考える。

■洋服を自由にコーディネートするように、下着にももっと多様な選択肢を

洋服を着ることは、ある一定の制限の中で自由だ。身に着ける/着けないを自分で選ぶことのできるアイテムも多い。なのになぜ、下着はいつも着けていなくてはならないのだろう。国民全員が「下着」と定義づけられるものを身に着けていなくてはならないということが、ほぼ常識化している。

実際には、その日の洋服や体型によって下着の必要性は異なる。たとえば、胸元も背中も大きく開いたスリップドレスを着るときに、ゴテゴテのレースをあしらったブラはちょっと似合わない。では、どんな選択肢があるだろうか。私なら、肩ひもが華奢なトライアングルブラや、スタイリッシュなボディースーツ、水着のトップを組み合わせたりするだろう。

ファッションが多様化した今、下着の選択肢も多様であるべきだ。ブラは胸を丸く綺麗に見せるためのものだと思われがちだが、ブラを着けた胸が垂れていたり、離れていたり、小さかったり大きかったり、乳首が透けていることだってあってもいいのではないだろうか。女性の体形はこうあるべきという呪縛から解放されることで、もっともっと自由にファッションが楽しめる。

■香水とランジェリーの組み合わせで、新たな自分が生まれる

香りとランジェリーは、組み合わせによって複雑に自己表現ができるもの。

私のお気に入りの香水は、FUEGUIA1883の「エロヒオ・デ・ラ・ソンブラ/Elogio de la Sombra」。ボルヘスの『闇を讃えて』という詩集からインスパイアされた、暗い闇の中でしか育たないアイリスをイメージした香りなんだとか。ブティックで定員さんに“漆黒のランジェリーに似合う香り”だと言われ、ストーリーに心を動かされて購入した。

私にとっては少し背伸びした香りであるがゆえに、身に着けることで背筋が伸び、心地よい緊張感が生まれる。それは、最高級のシルクと刺繍が施されたUKのブランド、STUDIO PIAのランジェリーを身に着けるときと同じ緊張感だ。漆黒の蛇の刺繍とシルクにこの香りが合わさることで、新たな自分のストーリーが生まれる。身に着けることで、ありのままの自分とはまた違う、新たな自分を演じるような気分になる。

■ランジェリーとネイルとの“アンバランス感”を楽しむ

ネイルも自己表現のひとつ。ただ単に手先を綺麗に清潔に見せるということだけでなく、私は、あえて意外性や違和感を表現するツールとして利用している。

ランジェリーには表面に見えてこない身に着けている人の思想が反映されるものである。アウターはブランド物で着飾っていても、インナーはファストブランドのブラトップの人がいたり、ドレスやハイヒールは好まないが、最高級のランジェリーを身に着けたりする人もいる。ボーイッシュな服を着ていても、ランジェリーはとびきりラブリーな物を選ぶ人もいる。ファッションとの一貫性がない、というのは下着・ランジェリーの大きな特徴だ。

頭から指先まで、中から外まで、一貫性を持たせることだけがファッションではないと思う。私のファッションにおいては、ネイルとランジェリーは、魅了的なギャップを表現できるツールだ。私はいつも「#えろちっくなおつめ」と称して、女性器モチーフのネイルからゴテゴテのスカルプネイルまで、ランジェリーやファッションとネイルとのアンバランス感を楽しんでいる。

今回のネイルは、ELF zhouのコレクションを意識したカラーに、ひと昔前の蝶々シールを乗せ、あえてちょっと“ダサく”仕上げていただいた。

Share

北 菜月

Lingerie concept store “il Felino.” General manager
ランジェリー愛好家

関連するキーワード

関連記事

Latest Article