1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. ウルッときちゃった! ちょっと感動した恋LINE

ウルッときちゃった! ちょっと感動した恋LINE

Share

「なんかすこしうるっときた」「なんか元気が出た」……開いた瞬間、ちょっとだけ励まされたり、幸せな気分になったりするLINEってありますよね。今回は、開いた瞬間、ちょっと感動した恋人からのLINEをご紹介します。

ウルッときちゃった! ちょっと感動した恋LINE

※取材を元にLINE画面を作成しています。

■Case1 ステキな誕生日

「彼女から、“誕生日の日、私にくれませんか?”ってきたときは、“うわ~、かわいいな”って思いましたね。こんな感じで誕生日に誘われたことがなかったのでちょっと感動しました。ステキな温泉宿で彼女と過ごすことができて幸せでしたし、誘い方がとってもかわいくてますます好きになりました」(33歳・男性)


恋人の誕生日、みなさんはどうやって彼や彼女をお誘いしますか? なんとなく当たり前に一緒に過ごす人もいれば、レストランなどを事前に予約して、プレゼントを渡すというのがスタンダードだと思いますが、「誕生日を私にください」……なんてちょっとロマンチックな言葉で恋人をキュンとさせてみるのもありかも?

■Case2 LINEギフトの気遣い

「残業続きで恋人に全然会えていなかったのですが、会社から出たときにこんなLINEが……。気遣いが嬉しかったし、感動しました。次の日の朝、彼女からもらったチケットでコーヒーを1杯。今日もがんばれそう!」(28歳・男性)


忙しくて会えない彼にはこんなかわいい気遣いはいかが? ワンコインでちょっとした感動と“おつかれさま”の気持ちがステキです。

■Case3 喉大丈夫?

「声を使う仕事をしていて、一時期ずっと喉の調子が悪く、喉あめを頻繁になめていました。ちょうど飴がなくなりそうだな~と思っていた彼とのおうちデートの日、彼から“喉大丈夫?”という気遣いと、飴の写真が! 風邪ではないので、咳をしていたわけじゃないのに……! と思ったら、どうやら私の部屋にあった飴の袋と、“喉がイガイガする”とちらっと私が話したことを覚えててくれたみたいです。気遣いができる彼……好き」(35歳・女性)


優しい彼……ステキ! こんな「デキすぎた」気遣いには、ちょっと感動してしまいます。

■Case4 UFOキャッチャー

「付き合いたての彼から突然、UFOキャッチャーの写真が! 私が酔っぱらって、“今のマンション(ペット禁止)から引っ越したら犬飼いたい。この子!”と見せた犬のぬいぐるみでした。結局その友だち、かなりの金額と時間を費やしてゲットして、ぬいぐるみをGET。私にプレゼントしてくれました。契約上あと半年は今の部屋にいるつもりで、その後は、ペット可の物件に引っ越すんですけど……。なんかこういうのかわいいなって、犬を飼ってもこのぬいぐるみはずっと飾っておこうって思いました」(25歳・女性)


なんとなく発した言葉を覚えていて、こうやってプレゼントしてくれる人はステキですよね。自分でゲットしてプレゼント! というのもちょっと感動ポイント!

■Case5 連投彼女

「返信しなかったら10通とか、20通とか、LINEをしてくる彼女。“誰といるの?”とか“忙しいの?”とか、まあいわゆる“ヤンデレ系”なんですけど、僕はそういう子が好きで(笑)。ただ、本当に仕事が忙しくて、LINEを見てなかったら、また7通LINEが溜まってて。この日ばかりはしんどいっておもってたんですけど、開けてみたら“せーじだいすき”って。なんか、感動しました(笑)」(33歳・男性)


ヤンデレ彼女のデカ文字愛情表現! 「めんどくさいLINEかな……」と思ってみたLINEがこれだったら、ちょっと感動してしまうかも!

■愛は「ちょっと感動」の積み重ね

今回は「ちょっと感動したLINE」を集めました。

「好きだよ」と愛情を表現することももちろん大切ですが、日々の「ちょっと感動するLINE」の積み重ねが、お互いの信頼関係を生んでいます

少しの気遣いと相手を喜ばせたい! という気持ちで、大切な人に「ちょっと感動するLINE」を送ってみれば、今以上に愛が深まるかも!?

Share

毒島 サチコ

愛媛県出身。1000本以上のコラムを執筆。「バチェラー・ジャパン シーズン3」に出演した恋愛ライター。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article