1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 片思いが“バレバレ”LINEあるある

片思いが“バレバレ”LINEあるある

片思い中、好きな相手に対して、どんなLINEを送りますか? 自分は隠しているつもりでも、相手には既に気持ちが伝わっているかも!? 今回は、片思い中の「大好き!」バレバレLINEをご紹介します。

片思いが“バレバレ”LINEあるある

■好きが溢れて止まらない!

好きな相手に対しては、無意識に好意が透けて見えるLINEを送ってしまいがちですよね。
片思い中こそ、冷静に……と思っていても、やっぱり好きが溢れて止まらない!?

今回は、自分では気持ちを隠しているつもりでも、周囲からは「めっちゃ好きじゃん!」と言われてしまう、絶賛片思い中のLINEを見ていきましょう。

■Case1 聞かれてないのに話しちゃう

LINE 恋愛 片想い

片思い中、聞かれてもいないのに自分の日常を話しちゃう!……というのもあるあるです。

「わたしはいつも家でごろごろしてるw」というLINEは、言い換えれば「さぁ、誘って! わたしは暇よ!」ということ。相手が気付くかどうかは別として……。
片思い中は自分のことをしゃべってしまいたくなりますね。

■Case2 返信ないのに送っちゃう

LINE 片思い

男女問わず、相手のことが好きすぎて、返信がなくても何通もLINEを送ってしまうという人も。

「雪が降ってる!」とどうでもいいLINEをしてしまったことを後悔し、相手を気遣いますが……。いつの間にか一人語りに。
「あ~送りすぎちゃった!」と思っても、時すでに遅し。
「送信取り消し」をしちゃうと、変な人だと思われちゃう!
だからそのまま、返信が来るのを待ちます。

ドキドキ。

■Case3 SNS監視員

LINE 恋愛

筆者も過去によくしていたSNS監視員。

好きな人のSNSを見て、彼女の有無や、その人の趣味嗜好を知ろうとしている人は多いのではないでしょうか。
SNSはLINEのネタの宝庫。片思い中の相手と話題が見つからないときは、リアルタイムのインスタストーリーから共通の話題を探して、そこから会話につなげようとすることも

こちらのLINEでは、「自分が近くにいるかも!」というのを、若干のストーカー気質を感じさせつつも、ナチュラルにアピールしています。男女問わず、「じゃあ合流する?」なんて、フットワークの軽いLINEが好きな人もいますよね。

■Case4 「おすすめ」購入報告

「好きな人の好きなものは自分も好きになる」というアピールも込めて、好きな人の好きな著者の本を購入!

「買ったよ~!」とLINEの会話のきっかけづくりにします。
これは本だけでなく、「〇〇さんのおすすめのカフェに行ってみました」などでも使えますよね。このLINEは、本のタイトルにインパクトがあるので、少し極端な例ですが……。

自分の「おすすめ」に触れてくれた人に対して好意を持つ人は多く、そこから「じゃあ今度一緒に……」という流れも作りやすいかもしれませんね!

■Case5 気づけば長文

こちらもCase4の「おすすめ」を見たという報告。

「どうだった?」と聞かれた女性は、興奮冷めやらぬまま、めちゃくちゃ長文で感想を送ります。これ、筆者もやってしまいます……。

もちろん映画好きの相手ならうれしくて、同じように返信を返してくれるかもしれませんが、映画を見てしばらくたって、興奮が冷めた冷静な相手のもとにこのLINEが届くと、「うわっ」と返信に困ってしまうかもしれませんね。

ましてや片思いの相手だとしたら、まずは無難に「感想を語りながら飲みにでも行かない?」と誘ったほうがいいのかも!?

■Case6 瞬間既読

片思い中、相手からの返信を待ちつつ過去のやりとりを眺めていたら、相手から返信が!

瞬時につけてしまった既読に、「え!? これすぐに返信しなきゃダメ!?」「私が過去のやり取りを読み返してニヤニヤしてたのバレた!?」なんてアタフタすることもあるある。

送った瞬間についた既読は、相手があなたの好意に気付くきっかけになっているかも。
そんなときは駆け引きせず「返信来るの待ってた!w」なんて言っちゃうのもいいかもしれませんね。

■駆け引きはなしで

今回は片思い中のLINEをご紹介しました。

ドキドキの片思い中のやりとりは、ときに失敗してしまうことも多いけれど、その理由は「相手のことが好きだから」ですよね。
長文LINEや自分語りをしてしまったら、「ごめん! 〇〇君がおすすめって言ってたし、本当に面白かったからつい……」と、ストレートに送ってしまうのもいいかもしれません。
変な駆け引きはせず、好きな相手にはしっかり好意を伝えるほうが、きっと恋はうまくいくはずですよ。

毒島 サチコ

恋愛ライター。LINE記事を得意とし、自立した女性へ向けた恋愛記事を多数執筆。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article