1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. ノーブラだと困ることあるある

ノーブラだと困ることあるある

Share

今から7年ほど前、フランスの大学教授が「女性のブラジャー着用には意味がない」と発表。ブラジャーをしてもしなくても加齢による形の変化は避けられない……のだそう。かねてよりのノーブラ派には大いに歓迎された模様でしたが、実際のところはどうでしょう? ノーブラはもちろん快適ですが、それはそれで困ることもあるようです。

ノーブラだと困ることあるある

■ノーブラの決意

ノーブラだと楽チンだし、肩こりも軽減される。
とくに、厚着の季節はノーブラ以外考えられない。

ただ、汗だくになっても上着は絶対に脱がない覚悟で出かける。

■たまに着けると巨乳気分

私の胸はサイズが控えめ。
ノーブラでいると、小さくても重力に負けて多少は垂れる。
ツンと上向きとはいかないから、寄せて上げるブラで盛りたいと思うときはある。

ブラジャーはバストの変形防止に役立たないという説が正しかったとしても、サイズアップのためには存在価値を感じざるをえない。

■先端

もうずいぶんと前からノーブラ派。
だって、着けなくても問題ない大きさしかないから。

でもときどき、先端が衣類に擦れてものすごく不快。

■ノーブラ派だけが知っていること

ノーブラ派になってから知ったことだけど、冬場、ブラをしていると胸元がけっこう暖かい。

ひどく冷え込むぞって日は、今日はブラ着けて行きたいな、ってなる。ブラジャーは防寒のためには重宝する。

■姿勢矯正

ノーブラだと快適すぎて、リラックス感で満たされる。

その結果、緊張感がなくなって、おのずと姿勢もだらしなくなってしまう。

■ノーブラ疑心暗鬼

「もういい、一生ノーブラでいく」と腹をくくったつもりが、楽をしている後ろめたさからか、
背中に肉が移動したのでは? 垂れてるのでは?
と、ことあるごとに不安にかられる。

■発情

ノーブラでいるようになってから、肌に直接触れるものの素材に気を配るようになった。
たとえば、シルク素材のキャミソールなどは絶品で、着用感が素晴らしい。
肌を優しく愛撫されているようで、四六時中、セクシーな気分に。

■ノスタルジー

ノーブラ派になってみてわかったこととして、ブラを着けるのは楽しみのひとつだったということが挙げられる。
好みのブラを買ったり、その日着けるブラを選んだり、丁寧にお手入れしたり。
面倒だと感じていたあれこれが、今はちょっと懐かしい。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article