1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. UNIQLOアンクルパンツで、動きやすい&洗いやすい&きちんと見えの帰省コーデ

UNIQLOアンクルパンツで、動きやすい&洗いやすい&きちんと見えの帰省コーデ

Share

ファッションのお悩み解決スタイリスト・すえおかりみこさんのコラム。今回は、UNIQLOの名品「EZYアンクルパンツ」を使った帰省コーデを紹介します。

UNIQLOアンクルパンツで、動きやすい&洗いやすい&きちんと見えの帰省コーデ

気づけば2019年も終わりに近づいています。

年末年始に帰省される方も多いと思いますが、親戚や友人と会うときのコーディネートは悩みのタネになります。

今回は、今からでも買いに行けるUNIQLOのボトムスで、帰省コーディネートを考えてみました。

■UNIQLOの名品「EZYアンクルパンツ」

私はUNIQLOではほとんどボトムスを買わないのですが、これだけは別。
「EZYアンクルパンツ」(税別2990円)です。

色違いで3、4枚クローゼットに入っていた時期もあるほど。
保護者会やお仕事などきちんと感が欲しいときにも、休日のカジュアルコーデを少し女性らしく仕上げたいときにも、どちらにも対応できるいわば二刀流? とも言えるアイテム。

センタープレスと裾に向かって細くなるテーパードがきちんとした印象を作ってくれて、腰まわりにはほどよくゆとりがあり、一日中穿いていても疲れない。

子どもとのお出かけにも気兼ねなく穿けるコスパの良さといい、UNIQLOの名品だと私は思っています。

今年のEZYアンクルパンツは伸縮性が少し強くなり(ポリウレタンが2%増加)、さらに動きやすくなりました。フロント部分にはファスナーがついたので作りがしっかりとし、トップスをインしやすいパンツに。

■ブルー×グレーでクールな配色

今回は帰省、ということでカジュアルベースに。

「EZYアンクルパンツ(2WAYストレッチ)」(カラーは02 LIGHT GRAY)に、ブルーの「プレミアムラムVネックセーター」を合わせてみました。上下UNIQLOです。

ちなみにプレミアムラムのニットは本当にチクチクしません。こちらも暖かく着心地もよい優秀アイテム。

上下クールな配色なのでスッキリとした印象になります。上下のクールさに合わせて黒の靴で統一感を出しても良いと思うのですが、今回は足元には暖かさを感じるブラウンを入れて、クールすぎない雰囲気を心がけてみました。

コートは黒で上下のクールな配色に合わせました。

冬場のダークな色のアウターからのぞくボトムスの色は、このぐらいの軽さがあると明るく、柔らかな印象になります。

「新春」というくらいなので、お正月に入れば春色は少しずつ取り入れて、冬のコーディネートに変化をつけてみると楽しいですよ。

■キャメルニットで暖かい印象に

今度はクールな印象とは対照的に、暖かさを感じるキャメルのトップスを合わせてみました。以前コラムでもご紹介した、無印良品の「洗えるクルーネックセーター」です。

上下で色差があるので、インナーに白のTシャツを着てニットの裾からチラ見せ。コントラストのある色同士をつなぐ役割を果たしてくれます。

黒のコートを合わせても少量の白が明るさを足してくれます。
本当に微量の白ではありますが、あるとないのでは印象がかなり変わります。


新幹線や飛行機、車の移動があり、お料理や大掃除を手伝うこともある年末年始の帰省。できるだけシンプルで動きやすく、洗いやすく……が助かりますが、「あまり着崩したくない」というのが大人女性のホンネ。

そんな帰省コーデのお悩みを解決してくれるUNIQLOの優秀ボトムスで、皆さま良いお年を!

Share

すえおか りみこ

ファッションお悩み解決人。骨格診断・色彩をもとに同行ショッピングやクローゼットチェックでファッションのお悩みを解決へと導きます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article