1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. ブラジャーの「寿命」あるある

ブラジャーの「寿命」あるある

Share

なかなか高価なブラジャー。くたびれたブラジャーを身につけたくはないけれど、頻繁に買い換えるのも難しい……。そしてなにより、適切な“使用期限”をわかっていないという方が多いのではないでしょうか? 今回は、ブラジャーの寿命をテーマにさまざまな意見をピックアップしました。

ブラジャーの「寿命」あるある

■タグの印刷が消えたら交換

印刷されているサイズや製造国など、印字が薄くなってきて、見えなくなったら買い換える。

■カップの形状

床に広げておいたとき、カップ部分が立体を維持できずにクタッとなったら、買い換え時期をとっくに過ぎているというサイン。

■ワイヤーの変形

ヨレッとするぐらいじゃ買い換えない。

ワイヤーが歪んで体にフィットしなくなったり、体に刺さって痛くなったりして、つけ心地が圧倒的に悪くなるまでは使う。

■ボロボロなほうが使い心地がいい

使い込めば使い込むほどつけ心地がよくなるので、ボロボロになっても使う。

生地が破れたりレースが裂けたりしたら、さすがに取り替える。

■私の「買い替え」サイン

生地がヘタっても、多少レースに穴が開いても騙し騙し使っている。

ただ、ワイヤーがぴょんと飛び出たらどうにもならないから、「買い替え」サインだと思っている。

■乳首が……

ワイヤーが飛び出ても自分で縫い合わせて穴を塞いで使ってたけど、カップがペコって凹んであちら側に生地が倒れるようになり、乳首が常に顔を出しててどうにも心地悪くなり、買い替えた。

■ノンワイヤーなら永遠に使える?

ノンワイヤーに乗り換えてからは、買い替えのタイミングがわからず、まだ一度も捨ててない。

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article