1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. 【心理テスト】あなたが苦手な人

【心理テスト】あなたが苦手な人

Share

あなたに苦手な人はいるでしょうか。「じゃんけんで負けた理由」から、あなたの苦手なタイプを診断します。

【心理テスト】あなたが苦手な人

Q.じゃんけんに負けたあなた。何を出して負けたのでしょう?

a.グー
b.チョキ
c.パー
d.後だししたから

【この心理テストでわかること】

わかるのは、「あなたが苦手な人」です。

子どもから大人まで、じゃんけんは優越をつけるのに役立つ遊びです。じゃんけんで勝てばよりよい条件が与えられ、負ければ我慢することになります。このルール、別に何の強制力のもないのに、なぜかみんな従っていますよね? というわけで、あなたが負けた理由から、苦手な人のタイプを探ってみましょう。

a.立派な人

じゃんけんのグーは、石のイメージ。すべての指を折りたたみ、堅く丸めて作られます。人に置き換えると、意思が強く、自分で決めたことは最後までやり遂げる立派な人物に重なります。責任感があり、信念を持って突き進み、周囲を感服させる偉人タイプです。あなたが苦手なのは、立派な人、偉い人といえそうです。

間違いのなさ、迷いのなさが息苦しいと感じ、どう付き合っていいかわからなくなることが多いのでしょう。また、自分の進む道を確信していて、こだわりが強く譲れないことも多い相手ですから、そこでつまづくことも多いのかも。敬して遠ざけるのが、最も有効な対策になりそう。同調はストレスを増やすだけです。

b.有能な人

じゃんけんのチョキは、ハサミのイメージ。チョキで負けたと感じるあなたは、頭の回転が早く、スパッと世界を切り取れるキレ者タイプに弱いでしょう。物事を合理的にテキパキと進めていく姿に圧倒されたり、理路整然と説明されることで、自分の思考力が奪われたように感じてしまったりするのかもしれません。

キレ者チョキタイプの人との付き合いで有効なのは、持ち帰ること。その場で結論を出そうとすると、理論武装した相手にかなわず押し切られてしまいます。「一回、考えます」と預ってしまいましょう。少し離れてみると、自己中心的なやり方を鵜呑みにせずに済みます。反論は、口頭でするより書面のほうが有効でしょう。

c.素直な人

じゃんけんのパーは、紙のイメージ。紙だから、チョキのハサミに切られ、グーの石を包むことができます。人に置き換えれば、素直でまっさらな人。疑うことなくなんでも鵜呑みにしたり、空気を読まずにどんどん近づいてくるタイプと重なります。あなたは、みんなに愛されて、無条件で大事にされる子どもっぽい人が苦手です。

あなたが地道に頑張ってなんとか形にしたことを、パータイプの人は便乗という形で気楽に自分のものにしていきます。タイミングや言い方が絶妙で、断る人の器が小さいと思わせるやり方をしますから、断りづらく、まんまとやられたという憎しみだけが残ることに。「一人でやりたい」と事前に予防線を張るのがよさそう。

d.いい人

後だしで負けたdを選んだ人は、屈折しています。でも、最初からひねくれた考えを持つ子どもはいませんから、屈折させられるだけの経験があるのです。正々堂々とやったつもりなのに、誰かに反則判定をされて、負けてしまったことがあるのでしょう。そんな苦い思い出から、あなたは心の底で、善人は苦手という意識を持っているはず。

いわゆる「いい人」は、無敵です。何をしても正義に属するのですから。奉仕活動や雑用、たしかに助かる部分もありますが、一緒にいると息苦しくなってくるでしょう。比べられて割を食うことが多いなら、一度でいいから手伝ってみるといいでしょう。案外、黒い部分に気づき苦手意識が消えますよ。


立派な人、デキる人、素直な人、いい人、いずれも人間の美徳を備えています。だから苦手と言いにくいのです。悪く言う人がどうかしていて、白目で見られたくないから、好きなフリをしてまたつらくなる……。でも、自分の本当の気持ちを認めてしまえばラクになれます。距離を正しく取って、心の健康をキープしましょう。

Share

関連するキーワード

関連記事

Latest Article