1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. メイク中のガッカリあるある8選

メイク中のガッカリあるある8選

Share

お肌の状態や気分によって左右されがちなメイク。上手に仕上がった日はいいけれど、上手くいかないと出かける前から気持ちが塞いでしまうことも……。メイク中のガッカリあるあるを集めました。

メイク中のガッカリあるある8選

■下地を塗り忘れる

メイク中のあるある

急いでいるとき、ファンデをつけ始めてから、下地を塗ってないことに気づくことがある。

もちろん、そのまま強引に押し切る。

■保湿不足

保湿が十分じゃないままメイクを始めてしまい、ファンデが粉吹き状態だったり、鼻下あたりは薄皮がむけていたり、やればやるほどアラが目立ってきて、出かけるのが億劫になる。

■うまくいった日に限って

珍しくまつ毛を美しくセパレートできたときに限って、突然のくしゃみ。

マスカラが下まぶたにべったり付いて、落とすのに手間取る。

■かわいそうな化粧道具

メイク中のあるある

汚れきって無残な姿のメイクスポンジやブラシを見て、そろそろ洗わなきゃな、って毎朝思うけど、気付くとそのまま何カ月も放置している。

■かけた時間と仕上がりの良さは比例しない

しっかり時間をかけてメイクしているのに、仕上がりがそうでもなくて、へこむ。

寝坊して適当に急いでササーッとやったときの方が、きれいに仕上がっていることがある。

■単純な手順ミス

メイク中のあるある

首元が狭いトップスを着る予定だったのに、着替える前にメイクしちゃって、思いっきりネックラインを伸ばしながら着る羽目になる。

■迷宮

メイク中のあるある

眉毛がなかなか左右対称にならず、微調整を繰り返すうちに、何が正解かがわからなくなってくる。

■落胆を繰り返す毎日

メイク中のあるある

手鏡ではうまく仕上がったように見えても、外に出て明るいところで大きな鏡を見ると、思いのほか派手になっていて、恥ずかしくなる。

逆に「あれ、スッピンじゃない?」と思うくらい、薄メイクのときもある。

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article