1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. 【心理テスト】あなたの「セカンド女度」診断

【心理テスト】あなたの「セカンド女度」診断

Share

実は恋人には本命がいた……。実は自分は恋人の本命ではなく、浮気相手だった……。あなたのセカンド体質を4択から診断します。

【心理テスト】あなたの「セカンド女度」診断

Q.恋多き友人が、浮気がバレて落ち込んでいます。さて、なぜ、バレたのでしょう?

a.スマホの履歴
b.目撃情報
c.浮気相手のSNS
d.持ち物や態度の変化

浮気の発覚、なかなかヘビーなシチュエーションです。しかも、設定は恋多き友人ですから、恋慣れしていることがわかります。二股、三股をかけても、それなりにうまくやりそうなのに……。思い浮かべた答えは、あなたの恋の守りの弱さを表します。どんな部分にウィークポイントがあるのかで、セカンド適性度を調べましょう。

【この心理テストでわかること】

わかるのは、「セカンド適性診断」です。

a.セカンド適性度100%

今どき、スマホの履歴から浮気がバレるのは、相当うかつな人といえます。もし、隠し事をしたいなら、誰かの目に触れるかもしれないものは、巧妙に隠すはず。男性ならば女性名前にする、メールのやりとりが見えないように、ブロックを設定しておくなど、いくらでもやりようがあるでしょう。もともと、隠す気がないのです。

本気で結婚を考えていた、普通の恋人だと思って付き合っていたのに、相手に本命の恋人がいた、または、家庭があった……そんな悲劇が起こりやすいタイプです。あなたは、浮気相手、セカンドとして条件がバッチリ。素直で従順、物わかりがよく、詮索をしない……都合のいい存在なのです。深入りする前にリサーチをしっかり!

b.セカンド適性度40%

目撃情報から浮気がバレるのは、運が悪いとしか言いようがありません。秘密を洩らさないように細心の注意を払っていても、現場を押さえられたら、言い逃れはしにくいもの。仮に、その場はごまかして、なんとか収めたとしても、疑惑の目は注がれたままです。よほど忍耐強く、きちんとケアしないとトラブルに発展していきます。

そんなシビアな状況を思い浮かべたあなたは、簡単には騙されません。だから、付き合った相手に恋人がいた、家庭があった的な悲劇は回避出来るでしょう。ただ、最初から決まったパートナーがいることを承知で、恋をすることはありそう。悪いこと、いけないこと、許されないことと知りながら、あえて禁断の実を食べることも。

c.セカンド適性度0%

恋に浮かれて、SNSで大暴れ、一番見られていけない相手の目に留まる……想像しただけで、残念ムードが漂うパターンです。まず、全世界に向かって恋する幸せをアピールせずにはいられない浮気相手の心境を思うと、胸が痛みます。本命気取り、または、あてつけ……いずれにしても、“痛い”状況です。

つまり、あなたにとって浮気は、そういう認識なのです。するのも、されるのも、愚かだと感じています。ですから、自分が本命以外の人に心を移すことはないし、セカンド要員として見られるのもお断りでしょう。ただ、人の愚かさには理解があるため、愛する人の過ちは、重大なペナルティを与えた上で許す可能性が高いはず。

d.セカンド適性度60%

ハッキリとしっぽをつかんだわけではなくとも、習慣や持ち物、態度の変化から浮気は発覚すると考えるあなたは、情が深いタイプといえます。このため、ただの火遊び的な恋には、興味も理解もないでしょう。暇つぶし、退屈しのぎで、本命を裏切り、傷つけることは考えられないはず。好ましい異性からの誘いも、踏み留まるはず。

けれど、必然性のある関係ならば、浮気と知りつつものめり込んでいく可能性が。自分だけがわかってあげられる、救える、助けられる……そんな切羽詰まった気分になると振り切れないはず。ある意味、本気になっているということ。本命に心を残しながらも、浮気相手に乗り換えるケースもありそう。恋の形にとらわれない人です。

たまたま、好きになった人に家庭があった、恋人がいた……よくあるパターンです。また、何回恋をしても、必ず、ワケアリの異性ばかりにひっかかるケースも。それは、恋の甘い部分だけにしか目がいっていないせい。不自然なまでに整えられた表面で、中身を見ていないのです。セカンドがイヤなら、見る目を磨かなければ!

ブラック恋愛心理テスト! あなたの中に隠された恋の欲望

Share

関連するキーワード

関連記事

Latest Article