1. DRESS [ドレス]トップ
  2. セックス
  3. セックスにローションはNG? おすすめルブリカント(潤滑剤)3選

セックスにローションはNG? おすすめルブリカント(潤滑剤)3選

Share

「ラブグッズコンサルタント」を名乗り、ラブグッズ(アダルトグッズ)情報や世界の性に対する考え方を発信しているとぅるもちさんが、おすすめのラブグッズを紹介します。今回のテーマは、ルブリカント(潤滑剤)。「セックスがマンネリ化してきた」「性交痛がある」という方はぜひお試しあれ。

セックスにローションはNG? おすすめルブリカント(潤滑剤)3選

DRESS読者の皆さま、こんにちは。
ラブグッズコンサルタントのとぅるもちです。

前回は「なぜ私が“ラブグッズコンサルタント”を名乗るのか?」をお話ししましたが、今回からは実際におすすめのラブグッズを紹介していきます。

ありがたいことに、記事が公開されてから長らく会っていない小学校や高校の友人から連絡が。
「昔のイメージとかけ離れてることやってるね」
「話しづらいテーマだけど大事なことだと思う」
いろいろな感想が届いた。
プライベートの知り合いに公開するの、すごく勇気が要ったから涙が出た。ありがとう。

さて、初回テーマは「グッズ未経験カップル」のためのラブグッズ・ルブリカント(潤滑剤)です。単純に気持ちよくなるためだけではなく、性のお悩み解決にも繋がるかも。

■セックスにローションは要注意! ルブリカント(潤滑剤)のススメ

すべての人に勧めたい、ルブリカント
ローションと混同しがちですが、このふたつには決定的な違いがあります。

ラブホテルでもよく見かけるローション。これは相手との肌と肌の触れ合いにおいて使うものです。いわば「全身用」で、ソープランドで大活躍!(※1)
主成分の「ポリアクリル酸ナトリウム」は、水分を吸収することで粘度のある液体となります。

ルブリカントは、挿入時の摩擦や濡れ不足のサポートをするもの。粘膜に塗っていい「局部用」です。
「グリセリン」が含まれているものが多く、保湿性が高いため化粧品にもよく使用されている成分です。


この違いを知らず、ローションを局部に塗ってセックス・手マンしている人が多いんです!
絶対にダメ!

ローションに含まれる「ポリアクリル酸ナトリウム」が膣内の水分を吸収してしまい、性交痛が酷くなる場合があります。

海外ではルブリカントがとても充実しているのですが、日本ではまだまだ認知が低い様子。

(※1)ソープランドでローションは大変重宝されるんですが、そのヌルヌルの勢いで挿入するのは本当はダメなんです。だからソープ嬢の子たちって膣内のトラブルと日々闘っているんじゃないかなあ。利用する方はそういう部分を気遣えるとステキかもしれません。

■フェラやクンニを楽しく! おいしく舐めるシロップ

ラブコスメ「ラブシロップ メープル&ナッツ」

味付き潤滑剤の存在は知っていたものの、「絶対まずいやん」と決めつけて手を出さなかった自分が恥ずかしい……。

この「ラブシロップ」は食品で、賞味期限の記載もあります。

口に入れても問題なく、味は限りなくメープルシロップ。サラサラした食感です。
体液と混じっても変な味にならないように作られています。甘いからいくらでも舐めていられる。

<こんなカップルにおすすめ>
・フェラやクンニが苦手
・前戯が作業的になってきた

■ホットな刺激&いい香り! とぅるもち的ナンバーワン

TOKA(トカ)「ナチュラル プレジャージェル」

TOKAはスペインで100年以上続く食品会社がプロデュースしているブランド。
ここの潤滑剤には2年くらいお世話になっています。

こちらのナチュラルプレジャージェルはウォーターベースの潤滑剤で、デリケートゾーンと同じpHバランス(※2)を意識して作られているとのこと。小分けの使いきりタイプなので衛生面でも安心です。

(※2)pHバランス:水素イオンの濃度。アルカリ性と酸性の度合いをpH0~14の数字で表す。

肌に塗った瞬間に温かくなり、とてもいい香りがします。時間が経って乾いてもサラサラだし、全然ベタつきがない。
これを使って手コキしたときの反応がめっちゃ良いのも高ポイント! 男性の反応を見るのが好きな方にはぴったりかも。

箱ごと買い足したいんですが、現在日本ではバラ売りでしか買うことができないようです。
でもめっちゃ良いんだよ~。もっと布教したいのでおすすめさせてください。

<こんなカップルにおすすめ>
・ローションや潤滑剤の冷たさが苦手
・パートナーの反応を見るのが好き

■迷ったらとりあえずコレ!

YES.inc「YES インティメイト・ウォーターローション WB」

「自分に合ったルブリカントがわからない!」という初心者さんはぜひこちらを。
デリケートゾーンと同じpHバランスを意識して作られていて、イギリスのオーガニック認証機関から認定を受けた成分を使用しています。肌・粘膜への刺激があるものは使用していません。

イギリスの病院や薬局でも取り扱っているので、信頼できるブランドです。

舐めた感じはちょっとしょっぱくて、植物由来の香りがします。
水みたいにサラサラなテクスチャーだけど、しっかり滑る。乾いた後でも不快感はまったくありません。

<こんなカップルにおすすめ>
・肌に優しいものを選びたい
・性交痛に悩んでいる

今回は初心者向けのものを紹介しましたが、ルブリカントにはいろんな種類があり、シチュエーションによって使い分けられるようになっています。

・ウォーターベース:
使用後の洗い流しが不要。さらさらしており、肌になじみやすい。時間が経つと乾いてくるので、長時間の使用には不向き。

・シリコンベース:
ウォーターベースより乾きにくく、長時間の使用も可能。デリケートゾーンを触られると痛みを感じる……という方におすすめ。シリコン製のバイブなどと一緒に使うとグッズが溶け出す可能性があるので、併用する際は注意。

・オイルベース:
ヌルヌル感を味わいたい方に。長時間使用でき、普段とは違う感触を楽しめる。コンドームを傷める可能性があるので、セックスの際は注意。

パートナーといろんなものを試して、意見交換してみてください。

「ルブリカントを使ってみたい」とうまくパートナーに言い出せない方!
「友だちからもらった」
という魔法の言葉がありますよ。ぜひお試しあれ。

Share

とぅるもち

ラブグッズコンサルタント。オススメアダルトグッズを紹介したり、世界のセックスミュージアムを駆け巡る女です。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article