1. DRESS [ドレス]トップ
  2. NEWS
  3. 可愛すぎる! メイクブラシ「ミッフィークマノフデ」シリーズが登場

可愛すぎる! メイクブラシ「ミッフィークマノフデ」シリーズが登場

Share

広島県熊野町で受け継がれる伝統技法のメイクブラシ「熊野筆」では、オランダの絵本作家・グラフィックデザイナーのディック・ブルーナさんが描く「ミッフィー」のメイクブラシシリーズを展開します。

可愛すぎる! メイクブラシ「ミッフィークマノフデ」シリーズが登場

連綿と受け継がれてきた伝統技法を誇る日本一の筆産地、広島県熊野町の職人が、一つひとつ心を込めて丁寧に作り上げた「ミッフィークマノフデ」シリーズの登場です。

ブルーナの絵本『うさこちゃんと にーなちゃん』(福音館書店刊)で描かれている、ミッフィー(うさこちゃん)とメラニー(にーなちゃん)をイメージしたフェイスブラシは、それぞれ2色の原毛を職人の手仕事により丁寧に整えていくことで、毛先に顔を描き出しました。

軸には桜の木を使用し、それぞれの服をイメージして、あお(ブルーナブルー)とあか(ブルーナレッド)に着色の上、刻印により花柄をあしらっています。

緻密な手仕事により表現されるフェイスブラシは、熊野の職人の熟練した技術を要する、まさに工芸品とも呼ぶべき逸品です。

ミッフィーと、冒険心いっぱいで少しおっちょこちょいなくまのボリスをイメージした、2種類のチークブラシもラインナップ。

「ミッフィー」チークブラシは、絵本『うさこちゃんのたんじょうび』(福音館書店刊)に描かれる、プレゼントのくまさんをイメージした黄色の染色毛により、丸平型のブラシに仕上げています。

軸にはハードメープルを使用し、くまさんを抱きかかえるミッフィーと、うさぎのぬいぐるみを抱きかかえるボリスを、それぞれの名前の刻印とともに配しています。

日本一の筆産地である熊野の書筆は、1975年(昭和50年)に経済産業大臣(旧通商産業大臣)により「伝統的工芸品」の指定を受けました。

伝統的な技術や技法、使用する原材料に至るまで細かく定め、熊野の地で筆づくりをおこなっていくことで、「熊野筆」はその高いブランド力を今も守り続けています。

毛先を切らずに揃える、伝統の書筆の製法を今に受け継ぐ熊野の職人が、きめ細かく丁寧な手仕事により作り上げた、肌あたりやわらかな極上の化粧筆「ミッフィークマノフデ」シリーズ。

今回、各商品に、熊野産の優れた品質の証「熊野筆ブランドマーク」証紙を貼付の上、お届けします。大切な方への贈り物としてもおすすめのメイクブラシです。

オンラインストア「ヒキダシストア」にて販売を開始しています。3月5日からは西武池袋本店(東京都)で開催される、ミッフィーの雑貨のお祭り「ミッフィーzakkaフェスタ」会場にて、数量限定で販売します。

■ミッフィーzakkaフェスタ 西武池袋本店

期間:2019年3月5日(火)~3月14日(木)
時間:午前10時~午後9時
※3月10日(日)は午後8時まで。最終日3月14日(木)は当会場のみ午後6時閉場。
会場:西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー
入場無料

(お問い合わせ先)
西武池袋本店(大代表) TEL 03-3981-0111

Share

DRESS NEWS

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウント。ニュース記事を配信します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article