1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. ピンク×ブラックでつくる大人春ネイル【マニキュアでセルフネイル】

ピンク×ブラックでつくる大人春ネイル【マニキュアでセルフネイル】

Share

マニキュアを使って、トレンドのピンクネイルをキュートな印象ではなく、スタイリッシュで大人仕様なネイルに仕上げる方法をご紹介します。ポイントを押さえればかわいくなりがちなピンクネイルでも、DRESS世代に合うデザインになります。ピンクを大人仕様に見せるポイントも含めて詳しく解説します。

ピンク×ブラックでつくる大人春ネイル【マニキュアでセルフネイル】

マニキュアの王道ピンクは、セルフネイラーさんなら必ず持っているカラーのひとつだと思います。

特に今季はピンクがトレンドとあって、どんどん使っていきたい! でも、ただ塗るだけのピンクではつまらないので、周りと差がつくお洒落なデザインを狙いたいですよね。

今回はかわいくなりがちなピンクネイルを、スクエアパーツにしモード感をプラスしたデザインです。ピンクは膨張しがちなので、ブラックで引き締めて大人仕様にしました。

■トレンドカラー「ピンク」を使った大人ネイルに必要な材料

今回使用した100均カラーです。ちなみにピンクはいろいろな色味のカラーが出ているので、どれを選ぶか迷ってしまう場合もあるかもしれません。

大人におすすめなのは、自分の肌色に合わせたピンク。色白な方は青味がかったピンク。イエロー肌の方は、オレンジやベージュ寄りの温かみのあるピンクが、手をキレイに見せてくれます。

・エスポルール#43(ビューティーピンク)
・エスポルール#24(ブラック)*ダイソー

今回のデザインのポイントである、スクエアのネイルシール(ダイソー)とパーツ(ネット通販)です。

■マニキュアを使った、大人のピンクネイルのやり方

薬指以外はビューティーピンク、薬指はブラックを2度塗りします。

シールの台紙が透明なので、1度爪にかざしてちょうどいい大きさを選んでおきます。

ベースカラーがある程度乾いたらシールを貼ります。使うのは同じテイストのシールのみに絞り、斜めにならないように注意して貼っていきます。

シールを貼ったらパーツを乗せる部分にトップコートを糊の要領で少量乗せます。

ブラックのスクエアスタッズを斜めにならないよう、ホワイトスクエアの端に重ねて乗せます。

ここではネイルシールとパーツを使用しましたが、ネイルシールを使用する際はこのようにシールと凹凸のあるパーツを組み合わせると高級感が出ます。

そのときはたとえ違う素材でも、カラーを絞り込んだり、形を統一したりすることで、スマートな印象にすることが可能です。

同じ要領でビューティーピンクの爪にアートをしたら、ブラックの爪です。

こちらは大きめのクリスタルスクエアストーンでポイントを作ります。パーツが大きい場合は、しっかりと固めてくれるトップコートを使うようにしてください。

それぞれの指のアートは、画像のように置き方を変えて動きを出しています。こちらはお好みで、シールの位置を変えてください。

すべての指にトップコートを塗れば完成です。

■やり方を覚えて素敵な大人のピンクネイルを!

難しいアートはなく、シールを貼ってパーツを乗せるだけなので、アートに自信のない方にも安心して挑戦していただけるデザインです。

いつものピンクネイルを、ポイントを押さえて簡単にワンランクアップさせて、セルフネイルを楽しんでください!

■セルフネイルの基本のやり方
■「マニキュアでセルフネイル」連載一覧はこちら

Share

ryo

1978年生まれのネイリスト。イタリアのインターナショナルスクール/立教大学を卒業しアパレル業界に勤務。 出産後はネイリストとしてサロンに勤務するかたわら、自宅ネイルサロンでジェルネイルを施術。またマニキュアで大人女子ネイ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article