1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. GUのドット柄パンツが春に活躍! 甘めだけど大人っぽく着られます

GUのドット柄パンツが春に活躍! 甘めだけど大人っぽく着られます

Share

ドット柄は今春のトレンド柄のひとつ。子どもっぽくなってしまうのでは、と懸念する方もいるかもしれませんが、ドット柄を大人っぽく着こなすことは可能! GUのドット柄パンツを合わせるトップスを工夫することで、大人っぽいコーディネートに仕上げるコツをご紹介します。

GUのドット柄パンツが春に活躍! 甘めだけど大人っぽく着られます

■2018年はドット柄を「大人っぽく」

2月に入り、ショップにも春物がたくさん並び始めました。カラーアイテムも気分が上がりますが、柄アイテムも楽しみたくなりますよね。

今春の旬の柄は「ギンガムチェック」と「ドット柄」。ギンガムチェックは、ベーシック柄のひとつですが、今年はシャツだけでなくスカートやシューズで楽しむのが主流になります。さらに、定番のドット柄も旬アイテムに。

ドット柄って20代前半くらいまでの「若い子限定」柄じゃないの? と聞かれることがありますが、今年はアラフォー世代にも、楽しんでいただきたいなと思います。

甘めテイストなドット柄を、大人っぽく着こなすコツをご紹介します。

◼︎コーデに挿し色をひとつ入れるのがポイント

トップスに色をプラス

トップスをマスタードイエローのブラウスでコーディネートしました。

黄色、水色、ピンクなどお好きな色でコーディネートしてみてはいかがですか? 色は何色でもOKです。お手持ちの色アイテムでコーディネートするだけで、ドット柄とトップスの色のコントラストが楽しめます。

トップス選びにもポイントがあります。トップスのデザイン性が高いと、より落ち着いた雰囲気が作れるのでおすすめです。今回はバルーンスリーブを選びました。

バルーンスリーブ、抜襟デザインブラウス、オフショルダーなど、デザインブラウスはまとうだけで即、大人っぽい雰囲気が楽しめますよ。

シューズに色をプラス

シューズに1色、色を添えました。パープルのスェードパンプスです。

見えていませんが、インナーはユニクロのバレエネックTシャツです。ZARAのライダースジャケットを羽織り、洋服はすべて黒で統一しました。

足元だけ色を添えることで、大人っぽい雰囲気が完成します。パープル以外に、青、グリーンなど濃い色が特におすすめです。濃い色の方が、ドット柄とのコントラストが引き立ち、より大人っぽい雰囲気に仕上がるからです。

逆に、少し優しい雰囲気で仕上げたいときは、薄ピンクや薄紫など淡い色のシューズがおすすめ。

◼︎GUで1990円で手に入るドットパンツは今のうちに手に入れて

ドット柄をボトムスで取り入れるのって少し勇気がいりますよね。

ブラウスでドット柄は着やすくても、ボトムスで取り入れると「パジャマ」みたいにならないか……とハードルの高さを感じることも。

スキニーパンツだと、スポーティな雰囲気になってしまいますが、ワイドパンツは上品にもカジュアルにも仕上げることができます。

GUのワイドパンツは3色展開です。ここで3色それぞれのおすすめポイントをお伝えします。

黒のおすすめポイント

ボトムスを黒にした場合、大人っぽい雰囲気が作れます。トップスの色・シューズの色は何色でも合わせやすく、着回しの幅がとても広いです。

例えば、先日のUniqlo UのカラーTシャツでもコーディネートが楽しめるな、と思い、わたしは今回黒色を選びました。

ネイビーのおすすめポイント

ネイビーは知的で親しみを感じることができる色なので、一番取り入れやすいと思います。トップスもシューズも黒と同様、幅広い色と合わせることができます。

黒色との違いは、黒の方が色のメリハリが強く、ネイビーの方が色が馴染みやすいということです。親しみやすく落ち着いた雰囲気を作りたい場合は紺色がおすすめです。

ベージュのおすすめポイント

ベージュはとても華やかな雰囲気を作ることができます。一番目立つ色合いなので、個性を出したいときには間違いなくこの色がおすすめです。

ただ、トップスやシューズはベージュとの相性の良い色選びをするため、色をきちんと選ぶ必要があります。

例えば、トップスは黒や白がおすすめです。トップスはベーシックカラーにして、ボトムスのドットパンツを主役にするコーディネート作りがポイントです。

どの色もゆったり着こなす

ドット柄で「甘めテイストだけど、大人っぽい」コーディネートを楽しむコツを今回書きました。花柄、チェック柄と合わせて、今春は大人っぽくコーディネートしてみませんか? 間違いなく気分が上がる柄ですよ。

最後にサイズ選びのコツを。今回はいつもよりワンサイズ上のサイズを選びました。ゆったりしたシルエットを、大人のゆったり感で楽しむ着こなしがおすすめです。

Share

木村 えりな

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article