1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 【シネマの時間】聖夜に観たい。素敵なクリスマス映画おすすめ8選!

【シネマの時間】聖夜に観たい。素敵なクリスマス映画おすすめ8選!

Share

もうすぐクリスマス。【シネマの時間】第19回では、聖夜に観たい名作映画をピックアップ! クリスマスシーンが素敵な映画など往年の人気作品をご紹介します。寒い冬、家でゆっくりとDVDでクリスマス映画を観る! なんて過ごし方も良いかもしれません。

【シネマの時間】聖夜に観たい。素敵なクリスマス映画おすすめ8選!

こんにちは、アートディレクターの諸戸佑美です。

冬本番、寒くなってきましたがお元気でお過ごしですか?

毎月、素晴らしい新作映画がどんどん公開されて気になるところですが、時代が変わっても魅力的な名作映画も観ておきたいものです。

映画の魅力は、年齢性別関係なく一作の映画でいくらでも盛り上がれるところ。映画好きということで仲良くなったり、映画から教えられることも多く面白いです。

というわけで、【シネマの時間】第19回は、クリスマスをテーマにした心温まる名作映画を集めてみました!

数あるクリスマス映画から、人気の『ホリデー』『素晴らしき哉、人生!』『34丁目の奇跡』『ラブ・アクチュアリー』『めぐり逢えたら』『クリスマス・キャロル』『クーパー家の晩餐会』『ホームアローン』の8作品をご紹介しています。

映画『34丁目の奇跡』
©YUMIMOROTO 

■映画『ホリデー』一生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある

映画の舞台はアメリカとイギリスのクリスマスシーズン。

キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット、ジャック・ブラックら豪華スターが競演する小粋でハートフルなロマンティック・コメディです。

ハリウッドで映画予告編製作会社を経営するアマンダと、ロンドン郊外に住む新聞記者のアイリス。

クリスマス直前になってそれぞれ失恋したふたりは、ネットを介してお互いの家や車を交換して休暇を過ごす“ホーム・エクスチェンジ”をすることに。

アマンダはロンドンに、アイリスはビバリーヒルズに旅立ち、期せずして人生の新たな一歩を踏み出していきます……。

監督は『恋愛適齢期』『マイ・インターン』のナンシー・メイヤーズ。

大人の恋を丁寧に描き、心に響く名言や映画好きをニヤリとさせる小粋な会話、クリスマス気分を盛り上げてくれる音楽やインテリアも素敵でおすすめです!

映画『ホリデー』作品紹介
原題:The Holidy 製作年:2006年
製作国:アメリカ 配給:UIP 上映時間:135分
監督:ナンシー・マイヤーズ
製作総指揮:スザンヌ・ファーウェル
製作:ブルース・A・ブロック
ナンシー・マイヤーズ
撮影:ディーン・カンディ
音楽:ハンス・ジマー
美術:ジョン・ハットマン
〈キャスト〉
キャメロン・ディアス=アマンダ
ケイト・ウィスレット=アイリス
ジュード・ロウ=グレアム
ジャック・ブラック=マイルズ
イーライ・ウォラック=アーサー
エドワード・バーンズ=イーサン
ルーファス・シーウェル=ジャスパー

■映画『素晴らしき哉、人生!』名匠フランク・キュプラ監督が贈る心温まるクリスマス映画の定番!

1945年、クリスマスイブのニューヨークの街。

誠実に周りのために真面目に生きてきた主人公のジョージは、人生に絶望し「生まれなければよかった」と自殺を図ろうとしていました。

しかし、周囲の人々の祈りが天国まで届き、翼のないある老天使と巡り会います。

天使はジョージの人生を振り返って、「あなたがいなければこの世はどんなに侘しいか」と主人公がいなかった世界を見せます。

そして、ジョージは自分の人生がいかに素晴らしかったか、人生の意義を知ることにより、生きる喜びを取り戻すのでした。

名匠フランク・キャプラ監督が贈るクリスマス映画の定番中の定番といえる永遠の名作です!

映画『素晴らしき哉、人生!』作品紹介
原題:「The Greatest Gift」
原作者:フィリップ・ヴァン・ドレン・スターン
脚本: フランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケット、フランク・キャプラ
監督:フランク・キャプラ
製作:フランク・キャプラ、リバティ・フィルムズ
撮影:ジョセフ・ウォーカー
ジョセフ・バイロック
美術:ジャック・オッケイ
音楽:ディミトリー・ティオムキン
製作:1946年 製作国:アメリカ
上映時間:130分 配給:日本RKOラジオ映画
〈キャスト〉
ジェームズ・ステュアート=ジョージ・ベイリー
ドナ・リード=メアリー・ハッチ
ライオネル・バリモア=ヘンリー・ポッター
ヘンリー・トラヴァース=クラレンス
トーマス・ミッチェル=ビリー・ベイリー
ボーラ・ボンディ=ジョージの母親

■映画『34丁目の奇跡』夢を忘れた大人たちや夢を知らない子どもたちへ。
“サンタは奇跡を起こせるんだ"

ニューヨーク、メイシー百貨店の催す感謝祭パレードの一番人気はサンタクロースの行進です。

そのサンタは人事係のドリスに選ばれたクリングル老人。

クリングルのサンタは評判を呼びますが、現実家のドリスはひとり娘のスーザンが彼を本物のサンタだと思い込んだため、クリングルに説明を頼みました。

しかしクリングルは彼女の言葉に従わず、自分はサンタだと言い張ってしまいます。

やがて、妄想狂と見なされた彼は精神病医を殴るという事件を起こし、ドリスのアパートの向かいに住む弁護士フレッドの助けを借りて遂に裁判が開かれるのですが……。

本物のサンタクロースを自称する老人が巻き起こす騒動を通じて、夢を信じることの素晴らしさを歌い上げたハートフルな愛と奇跡の物語。

ナタリー・コール、エルビス・プレスリー、レイ・チャールズなど、豪華アーティストの音楽が劇中で使われ、クリスマス気分をロマンティックに彩ります!

映画『34丁目の奇跡』作品紹介
原題:Miracle on 34th Street
原案:バレンタイン・デイビス
監督:レス・メイフィールド
脚本:ジョージ・シートン、ジョン・ヒューズ
製作総指揮:ウィリアム・ライアン、ウィリアム・S・ビーズリー
製作:ジョン・ヒューズ
撮影:ジュリオ・マカット
美術:ダグ・クレイナー
音楽:ブルース・ブロートン
製作年:1994年 製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス 上映時間:114分
〈キャスト〉
クリス・クリングル=リチャード・アッテンボロー
ドリー・ウォーカー=エリザベス・パーキンス
ブライアン・ベッドフォード=ディラン・マクダーモット
ヘンリー・ハーパー= ロバート・プロスキー
スーザン・ウォーカー=マーラ・ウィルソン
エド・コリンズ=J・T・ウォルシュ

■映画『ラブ・アクチュアリー』クリスマスシーズンのロンドンを舞台に男女19人が織りなすアンサンブル・ラブストーリー!

映画『ノッティングヒルの恋人』『ブリジット・ジョーンズの日記』の製作スタッフが、クリスマス間近のロンドンを舞台に、男女19人が織りなすさまざまな恋愛模様を同時進行で描くアンサンブル・ラブストーリー!

美しくロマンティックな12月のロンドン。

新たに英国の首相となったデヴィッドは、国民の熱い期待とは裏腹に、ひと目惚れした秘書のナタリーのことで頭がいっぱいです。

一方街では、義理の息子の熱烈片思いをサポートする父親、親友の新妻に恋した画家、言葉の通じないポルトガル娘に恋したミステリー作家など、年齢も職種も違う男女の恋物語は、切なくも心温まり共感できるエピソードばかり。

ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソンなど、新旧の人気英国人スターを中心とした実力派俳優陣の豪華共演をどうぞお楽しみください!

映画『ラブ・アクチュアリー』作品紹介
原題:Love Actuary
脚本監督:リチャード・カーティス
製作:ティム・ヴィーヴァン、エリック・フェルナー、ダンカン・ケンワシー
製作総指揮:モハメド・アル=ファイド、リチャードカーチス
撮影:マイケル・コールター
編集:ニック・ムーア
音楽:クレイグ・アームストロング
製作年:2003年
製作国:アメリカ・イギリス合作
配給:UP 上映時間:135分
〈キャスト〉
ヒュー・グラント=英国首相デヴィッド
リーアム・ニーソン=ダニエル
エマ・トンプソン=カレン
アラン・リックマン=ハリー
コリン・ファース=ジェイミー
ローラ・リニー=サラ
キーラ・ナイトレイ=ジュリエット

■映画『めぐり逢えたら』恋はクリスマス・イヴに始まり、愛はバレンタインデーに訪れる

映画『めぐり逢えたら』作品紹介
原題:Sleepless in Seattl
原作:ジェフ・アーチ
監督:ノーラ・エフロン
脚本:ノーラ・エフソン、デビット・S・フォード
製作総指揮:パトリック・クローリー、リンダ・オブスト
製作:ゲイリー・フォスター
撮影:スペン・ニクビスト
美術:ジェフリー・タウンセンド
音楽:マーク・シャイマン
衣装:ジュディ・L・ラスキン
編集:ロバート・ライターノ
製作年:1993年 製作国:アメリカ
上映時間:105分
〈キャスト〉
トム・ハンクス=サム・ボールドウィン
メグ・ライアン=アニー・リード
ビル・プルマン=ウォルター
ロス・マリンジャー=ジョナ
ロージー・オドネル=ベッキー
ロブ・ライナー=ジェイ

シカゴに住む建築家のサムは、癌で妻を亡くしたばかり。

ひとり息子のジョナは、落ち込む父親のために新しい奥さんが必要と、クリスマスの晩にあるラジオ局の相談番組に電話をします。

同じ頃、ボルチモアに住む新聞記者のアニー・リード(メグ・ライアン)は、婚約者ウォルターを伴って実家のクリスマス・パーティに出席、母親から両親の運命の出会いを聞かされるアニー。

その帰路、偶然聞いていたラジオの相談番組で、「落ち込んでるパパに新しい奥さんを」と語る8歳の少年ジョナーの相談と“シアトルの眠れぬ男”サムが切々と語る亡き妻の思い出に、アニーは思わず涙します。

ラジオの反響は大きく、ラジオ局には電話が殺到、サムの下には大量のラブレターが届きます。

アニーも心惹かれ、サムにコンタクトしようとするのですが……。

トム・ハンクスとメグ・ライアンによる豪華共演で贈るハートフルな大人のラブ・ストーリー!

ケーリー・グラント主演の1957年の名作『めぐり逢い』が物語全体のモチーフとなっているのをはじめ、『打撃王』『特攻大作戦』など引用した心憎い演出も見どころです。

■映画『クリスマス・キャロル』英国の文豪チャールズ・ディケンズの同名小説をミュージカル映画化!

英国が生んだ世界的文豪、チャールズ・ディケンズの代表作をロナルド・リーム監督がミュージカル映画化!

19世紀半ば、クリスマス・イブを迎えたロンドンは街中に賛美歌が流れ、活気に溢れています。

しかし、スクルージの事務所だけは、別世界。彼は徹底したケチで思いやりのない老人でした。

街の人々からの悪口をよそに、スクルージが帰宅するとどこかから、自分を呼ぶ恐ろしい声が聞こえてきました。

それは7年前に他界した共同経営者マーレイの亡霊でした。

彼は、今夜3人のクリスマスの過去、現在、未来の亡霊が訪れると言い残して姿を消してしまいます。

これは夢に違いないとスクルージは思うのですが……!

ロンドンの下町に繰り広げられる人々の喜びと悲しみを慈愛に満ちたミュージカルに仕立てたヒューマンドラマ。

家族や恋人、大切な人と観たい素敵なクリスマス映画の定番です!

映画『クリスマスキャロル』作品紹介
原題:Scrooge
原作:チャールズ・ディケンズ
脚本:レスリー・ブリッカス
監督:ロナルド・ニーム
製作:ロバート・H・ソロ
製作総指揮:レスリー・ブリッカス
撮影:オズワルド・モリス
美術:テレンス・マーシュ
音楽:レスリー・ブリッカス、イアン・フレイザー、ハーバート・スペンサー
製作年:1970年、製作国:アメリカ
上映時間:111分 配給:東和
〈キャスト〉
アルバート・フィニー
アレック・ギネス
イーディス・エヴァンス
ケネス・モア
マイケル・メドウィン
スザンヌ・ネヴ
ケイ・ウォルシュ
ゴードン・ジャクソン

■映画『クーパー家の晩餐会』クリスマスイヴの1日を舞台に愛とユーモア溢れる感動作!

家族が一堂に集まるアメリカのクリスマスイヴ。

クーパー一族がクリスマスの晩餐会に持ち寄ったのは、色とりどりの嘘。

イブの朝、シャーロットは一大決心を固めていました。4世代11人の一族が集まる今日の夜を「完璧なクリスマス」にするのだと。

夫のサムとの離婚が決まり、一家全員の団らんはこれが最後になるからです。

しかし、秘密を抱えているのは彼女だけではありませんでした。

最悪の晩餐会の最高に美味しい結末とは……?

『I am Sam アイ・アム・サム』のジェシー・ネルソン監督のもとダイアン・キートン、ジョン・グッドマンなど豪華名優らが共演!

ハッピーもハプニングも人生を丸ごと味わう術を教えてくれる愛とユーモア溢れるホームコメディ。

劇中、クーパー家のクリスマスのインテリアの飾り付けや、美味しそうなクリスマスディナーの数々も見逃せません!

映画『クーパー家の晩餐会』作品紹介
原題:Love the Coopers
監督:ジェシー・ネルソン
製作:マイケル・ロンドン、ジェシー・ネルソン、ジャニス・ウィリアムズ
製作総指揮:キム・ロス、アンナ・カルプ、テッド・ギドロウ、スティーブン・ロジャース、ダイアン・キートン
脚本:スティーブン・ロジャース
撮影:エリオット・デイビス
美術:ベス・ルビーノ 音楽:ニック・ウラタ
衣装:ホープ・ハナフィン
編集:ナンシー・リチャードソン
製作年:2015年 製作国:アメリカ
配給:ギャガ 上映時間:107分
〈キャスト〉
ダイアン・キートン=シャーロット
ジョン・グッドマン=サム
アマンダ・セイフライド=ルビー
オリビア・ワイルド=エレノア
アラン・アーキン=バッキー
エド・ヘルムズ=ハンク
マリサ・トメイ=エマ
公式HP http://gaga.ne.jp/coopers/

■映画『ホーム・アローン』家族みんなで楽しめるクリスマスファミリー・コメディー!

パリでクリスマスを過ごそうと慌てて飛行機に乗り込んだ15人の大家族。

しかし、飛行機の中で思い出した大事な忘れ物は……8歳になる末っ子のケビン少年でした!

家に取り残されたケビンは、うるさい家族がいなくなったことを喜び、ひとりの自由を満喫。

なんとそこにふたり組の泥棒が現れて……!

家族みんなで楽しめる、マコーレー・カルキン主演の大ヒットクリスマスコメディ映画シリーズ第1弾です。

映画『ホーム・アローン』作品紹介
原題:Home-Alone
監督:クリス・コロンバス
脚本:ジョン・ヒューズ
製作総指揮:マーク・レビンソン、スコット・ローゼンフェルト、ターキン・ゴッチ
製作:ジョン・ヒューズ
撮影:ジュリオ・マカット
美術:ジョン・ムート
音楽:ジョン・ウィリアムズ
編集:ラージャ・ゴスネル
製作年:1990年 製作国:アメリカ
上映時間:103分 配給:20世紀フォックス
〈キャスト〉
マコーレー・カルキン=Kevin
ジョー・ペシ=Harry
ダニエル・スターン=Marv
ジョン・ハード=Peter
ロバーツ・ブロッサム=Marley
キャサリン・オハラ=Kate

■クリスマスに観たい心温まる名作映画

クリスマスを舞台にしたお洒落なラブストーリーから、今後の人生のヒントになりそうな感動作まで素敵な作品ばかり。

ひとりでも良し、お友達と、恋人と、ご家族で、どうぞお楽しみください!

アートディレクション・編集・絵・文=諸戸佑美

Share

諸戸 佑美

本や広告のアートディレクション/デザイン/編集/取材執筆/イラストレーションなど多方面に活躍。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article