1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

Share

ブラウンアイシャドウパレットはメイクの定番品。使いやすく、メイクもキマるように思えるけれど、顔色がくすんで見えたり、お疲れ顔に見えたり、単なる地味な人になってしまったり……。「私ってブラウンメイクが似合わない」と思うことはありませんか? 話題の「瞳の色診断」で、自分にベストなブラウンを見つましょう。

美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

美容雑誌を見ていて気づきました。2017年秋のメイクは、深みのあるチョコレートのようなブラウンがイケてるっぽい、と。

リップもアイシャドウも、ディープでコクのあるブラウンを使ってメイクしているモデルさんが目立つのです。

昨年は、バーガンディといわれる暗い赤紫みたいな色がトレンドで、私もアイシャドウで取り入れたいと思ってはいたものの、出遅れてしまって。

色っぽいような、かわいいような、華やかな雰囲気を出しつつ、あか抜けた顔にしてくれるカラーがバーガンディ。

今年こそトライしようと思っていたのに、これだけブラウン推しだと、やはりブラウンの流れに乗りたくなってきます。私がバーガンディメイクをするのは、まだ先のことになりそう……。

ところで、ブラウンメイクというと、メイクの定番というイメージでもあり、実際のところ普段使いにも便利で、オフィスにもぴったりですね。

特にアイシャドウは、「無難」とか「肌色に馴染む」という理由で、なんとなくブラウンメイクを選んでいる人も多いのではないかと思います。

私もそうですが、美容部員をしていた頃のことを思い出してみても、たくさんのアイシャドウカラーがある中で、一番人気があったのはやっぱりブラウン系でした。

使いやすいといえばそうなのですが、似合わないブラウンをつけてしまった場合、顔色がくすんで見えたり、お疲れ顔に見えてしまったりと、実は注意が必要な色でもあるんです。

実際、ブラウン系のアイシャドウを使っているお客様は、気に入って使っているという方よりも、「なんとなく使っている」という方の方が多いです。

もっと言うと、「毎日使ってはいるけど、ベストかどうかはわからない」と、満足度はそう高くないという方も少なくなかった印象です。

ブラウンといっても、赤味が強いもの、黄味が強いものなど、さまざまなので、自分の肌に合ったブラウンを見つけないことには、「無難」を通り越して、「単なる地味な人」になってしまう危険性も。

■運命のブラウンアイシャドウパレットを見つける方法

定番品でありながら、実は奥が深いブラウンメイクですが、この秋、「ついに自分に最高に似合うブラウンアイシャドウを見つけられそうな予感!」と期待が膨らむアイシャドウが発売になりました。

もうチェックされましたか? 資生堂 マキアージュ「ドラマティックスタイリングアイズ」です。

発売になった5種類のアイシャドウパレットは、なんと全部ブラウン系。今まで満足のいくブラウンアイシャドウに出会えてなかった人は、「見つけて、運命のブラウン!」というキャッチコピーに惹かれるはず。

どうやって運命のブラウンを見つけるかというと、「瞳の色診断」をして見つけます。ブラウンのアイシャドウ選びで最も大切だったのは、瞳の色と合わせることだったんですね。

瞳の明るさや鮮やかさは人それぞれなので、それに合わせてブラウンアイシャドウも明るめ〜暗めの中から、自分にマッチしたものを選ぶ。

そうすると、瞳と溶け合うように馴染んで、目を自然に大きく見せ、美人な印象を上げてくれるのだとか。

ブラウン系のアイシャドウを適当に選んで買っているうちは、なかなかベストな仕上がりに出会えず、「私ってブラウン系のアイシャドウが似合わないのよね」と思いながら使い続けることになりかねません。

毎日のように使うブラウン系アイシャドウだからこそ、1日でも早く「運命のブラウン」と出会って、美人顔で過ごしたいですよね。

■「瞳の色診断」で、自分を一番きれいに見せるブラウンアイシャドウパレットを選んでみた

さて、肝心の「瞳の色診断」は、どうするのかというと、スマホで写真を撮るだけで自分の瞳の色を判定してくれます。

(※こちらのスマホ専用コンテンツから、瞳の色診断ができます
https://www.ieyeshadow.jp

さっそく私も、「脱・単なる地味な人」を目指すべくやってみました。スマホで写真を撮ると、自動で解析が始まり、「あなたの瞳の色は……」と明るさを診断されます。次に、「あなたの運命のブラウンは……」と診断結果が続きます。

ちなみに、私の瞳の色は「明るい」で、運命のブラウンは「OR303 オレンジキャラメル」でした。ブラウン系というよりはベージュ系のようなパレットで、自分でだったらきっと選んでいないだろうと思うカラーでした。

私は顔がのっぺりとしているため、彫りを深く見せたい願望があり、ブラウン系のアイシャドウであれば、迷わず濃い方を選んできました。でもそれが、「なんとなく似合っていない」とか「くすんで見える」原因だったんですね。

今年の秋こそ、自分にベストなブラウンを探してみませんか。そして、「脱・単なる地味な人!」で、トレンドのブラウンメイクを楽しみましょう。

Share

Satomi

美容ブロガー。1974年生まれ。元美容部員の経験を活かし、複数の美容ブログを運営中。 運営ブログ「美容部員は辞めました。」http://cosmebocco.blog59.fc2.com/ など複数サイト。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article