1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

Share

一見複雑そうなタイダイネイルですが、マニキュアでもできます! それに実は失敗知らずの簡単ネイルアート。マニキュアを使ったタイダイネイルの簡単なやり方・コツを豊富な画像&動画で説明します。

タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

一見複雑そうなタイダイネイルですが、実は特別な道具を必要としない、失敗のないネイルアートです。

というのもタイダイとは「染模様」のこと。そのため模様に正解はなく、好みの模様を爪に表現すればそれがタイダイネイル!

今回は、爽やかさを感じさせるブルー系でタイダイネイルをやってみますが、基本的なやり方さえ押さえればお手持ちのカラーでも挑戦できます。気軽にやってみてくださいね。

■タイダイネイルに必要な材料

薬指にしているタイダイネイルに使用したカラーはこちらで、いつものようにすべて100均商品です。

■マニキュアを使った、タイダイネイルのやり方

全体の流れとしては、「ベースカラーを塗った上に、2色(今回はパステルブルーと濃いブルー)でタイダイ模様を描き、アクセントにグリッターを散らす」。ただ、これだけです。

それでは実際にタイダイネイルをやっていきましょう。

まず乳白色のベースカラーを塗り、ある程度乾かします。

この時点でムラがあっても、カラーを重ねていくので問題ありません。カラーの発色よりも、キューティクルライン周辺を意識して塗ると、仕上がりが美しくなります。

次にブルーを何ヶ所かに置きます。後から足すこともできるので濃い色は少なめに。

次にパステルブルーを何ヶ所かに置きます(置く順番はどちらからでも大丈夫です)。

2色を爪に乗せたら、ベースカラーに使った筆に持ち替えて境目をぼかしていきます。このとき、ベースカラーが半乾きの方が色がきれいに混じり合います。

境目を混ぜるように、ブラシでポンポンと叩くようにぼかします。叩いて境目をふんわりさせるイメージです。

ここまでの工程を動画でもご紹介しています。

今回は最後にグリッターを乗せていますが、グリッターは乗せなくても大丈夫。ただ、グリッターを乗せることであら隠しもできますし、見た目の華やかさが増すのでおすすめです。

最後にトップコートを塗ったら完成です。

Share

ryo

1978年生まれのネイリスト。イタリアのインターナショナルスクール/立教大学を卒業しアパレル業界に勤務。 出産後はネイリストとしてサロンに勤務するかたわら、自宅ネイルサロンでジェルネイルを施術。またマニキュアで大人女子ネイ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article