1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 大人女性を素敵に魅せるランジェリーの選び方

大人女性を素敵に魅せるランジェリーの選び方

Share

ランジェリーを買うとき、どんな基準で選んでいますか? ランジェリーの正しい選び方をランジェリーアドバイザーの石川智恵が解説します。大人女性にふさわしいランジェリーの選び方をマスターして。

大人女性を素敵に魅せるランジェリーの選び方

■ランジェリーの選び方を考える

以前、「うわっ、BBAくさい!? 男性がドン引きした女性の下着・6選」という、気になるアンケート調査結果を見つけました。中にはドキッとするような回答も。

たとえば、ベージュの下着はオバサンくさくてムードが台なしだとか、下着の上下がバラバラだとガサツに見えるだとか……。

ちょっと意外だったのは、セクシーすぎる下着は求めていない、という声。

えっ、男性ってセクシーな下着好きなんじゃないの? と思いきや、艶っぽすぎる下着……たとえば「ひもパン」のよなものは、狙いすぎ感があって、引いてしまう男性もいるようです。

ほかにも、派手すぎる下着に品性のなさや趣味の悪さを感じたり、キャラクターものの下着に子どもっぽさを感じて萎えたり、色あせやシミなどでヨレヨレの下着にがっかりしたり……といった意見もありました。

男性の言いたい放題なアンケートですが(笑)、思い当たる節がある女性もいるのでは。では、どんなランジェリーを選ぶといいの?

ランジェリーアドバイザーの石川智恵が、絶対に失敗しないランジェリーの選び方をご紹介します!

■1セットは持っておきたい白、ピンク、水色……淡色でピュアさと清潔感を!

世代を問わずに高い人気を誇るのは清潔感、清楚感を演出できる白。ランジェリー選びに慣れていない方にもおすすめです。

白やピンク、水色などの淡く優しいカラーなら、攻めるカッティングのランジェリーでも、エロではなく官能的に見せられます。

淡いカラーのランジェリーだからこそ、着心地や手触りの良い上質な素材を選んで大人の女性の余裕を見せて。

■試着は必須。自分のサイズに最適なランジェリーを選ぶ

多くの女性が自分の正しいサイズを案外わかっていません。

食い込み&ハミ肉は色気が半減! 「カップと胸の段差がある、ワイヤーがあたるなど、少しでも違和感があればNG。

アンダーバストが72cmだからと、試着せずにアンダー70cmのブラを買う人がいますが、呼吸が深かったり肺活量が多い方は75cmが正解かもしれない。

「試着してから」のを習慣にして、脇からお肉がはみ出ていないか、後ろ姿も入念にチェックを!

■男性がドキッとするランジェリーは白以外にも……

私自身も男性に好きなランジェリーのカラーなどをインタビューし、リサーチしているのですが、ランジェリーの好みは男性によってもかなり差があります。

以前『anan』で対談させていただいた生物学者・山元大輔さんは、相手の本当の好みを知るには、いろいろ試してみるしかない、とおっしゃっていました。

人間の遺伝子は一人ひとり異なり、同じランジェリーを見たとしても、感じ方はそれぞれ違うということ。興奮スイッチがオンになるきっかけも、男性一人ひとりで違うのです。

白以外でも、いわゆる下着ではなくランジェリーに分類されるもの、つまり上質なアイテムを身に着けていると、男性はドキッとするものです。

とくに恋の始まりには、ファーストステップにピュアさと清潔感を演出できるランジェリーを選び、次のステップで彼の好みを探っていくのが、失敗しないランジェリー選びのコツ!

ランジェリーは自分のために選ぶもの。自分が心から好きなものをまとってほしいと思います。

でも、好きな人がいて、その人にもランジェリーをまとった姿を見てほしい、と思うなら、彼の目線をほんのりと意識してもいいのかもしれません。

「うわっ、BBAくさい!? 男性がドン引きした女性の下着・6選」

調査日時:2016年11月9日~11月10日
調査人数:406人(22歳~39歳の男性)

2017年3月16日公開
2019年7月13日更新

Share

石川 智恵

DRESSランジェリー部部長。ヨーロッパランジェリーの輸入の仕事に携わりながら、ランジェリーの持つ、魅力やパワーやトキメキを、もっとたくさんの女性に感じて欲しいと、ランジェリーセミナーやイベントの企画、運営、コラム執筆なども...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article