1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 性と愛
  3. 世界初・オナニーに関する大調査! アダルトグッズを使うと満足度が高い?

世界初・オナニーに関する大調査! アダルトグッズを使うと満足度が高い?

みなさんは、今の性生活にどれくらい満足していますか? ここでは、ふだんはなかなか周りの人とは話しにくい「マスターベーション(オナニー)」に関する調査結果を報告します。オナニーを経験した人はどれくらいいるのか、どれくらいの頻度でやっているのか、気持ちいいやり方ってあるの?……など、気になるトピックスをお届けします。

世界初・オナニーに関する大調査! アダルトグッズを使うと満足度が高い?

※本稿は、2018年5月28日に月刊TENGAにて公開された「月刊TENGA Vol.1_1「マスターベーション世界調査」結果発表 〜日本の性生活満足度、世界最下位〜」を再編したものです。

株式会社TENGAが、「マスターベーション世界調査(TENGA Global Self-Pleasure Report)」を実施!

本調査は、ヨーロッパ、北米、南米、アフリカ、アジアの、世界さまざまな文化圏の18カ国を網羅的に対象として実施したもので、18歳から74歳の13,039人にアンケートを行っています。

調査対象の18カ国の人口を合計すると、世界の総人口の57%! この規模の人数・国家を対象に行ったグローバル調査は、世界的に見ても初の試みで、TENGAとしても世界を対象とした調査を行うのは今回が初めてなのだとか。

今回は、そんなマスターベーションの調査結果をお届けします。

■この記事のポイント!

マスターベーション経験率、日本人男性は世界18カ国中で5位と上位に。一方、日本人女性は13位と下位に。

性生活満足度(※) 、日本は世界最下位
※Good Sex Index(性生活満足度)……性生活に関する10項目について、「満足度」と「その項目はいかに重要か」を掛け合わせて比重し、100pt満点で示した本調査における指標

性生活満足度ランキング1位はインド、2位はメキシコ、3位はブラジル。日本は18カ国中で最下位。

日本人男女のうち、アダルトグッズ使用者は、およそ4人に1人。

01.日本人のマスターベーション経験率について

週一回以上マスターベーションを行う日本人の平均頻度は、男性が週4.5回、女性が週3.6回

日本人男女1,000人(男性483名、女性517名)を対象に聞いたところ、「マスターベーションをした事がある」と回答した人は、男性が96%、女性が58%でした。

また、普段週一回以上マスターベーションしている人の平均頻度は、男性が週4.5回、女性が週3.6回でした。

日本人男性は経験率は世界5位と高く、日本人女性は13位で世界平均より低い

マスターベーションの経験率を世界比較すると、 18カ国中、日本人男性は5位で世界的に経験率が高く、日本人女性は18カ国中13位で、世界平均よりも低くなりました。なお、男女ともに世界1位はブラジルという結果に。

また、男性の場合、18カ国中16カ国がマスターベーション経験率80%を超えていますが、ケニアとナイジェリアは68%で同率最下位となりました。

女性最下位は、中国で48%でした。

02.性生活満足度(※)、日本は世界最下位

※Good Sex Index(性生活満足度)……性生活に関する10項目について、「満足度」と「その項目はいかに重要か」を掛け合わせて比重し、100pt満点で示した本調査における指標のこと。1位はインド、2位はメキシコ、3位はブラジル。日本は18カ国中で最下位。

性生活満足度、日本は最下位。性に関する充足感の低さが明らかに

自身の性生活の満足度を総合的に示す“Good Sex Index(※)”では、世界18カ国中、日本の平均満足度は最下位(37.9 pt)という結果になりました。1位はインド、2位はメキシコ、3位はブラジル。アジアの国々の満足度は低い傾向にありますが、中でも日本は世界的に見て不満大国であることがわかりました。

さらに、「パートナーとの感情のつながり」や「マスターベーションの頻度」など、性生活に関する下記10項目について、「満足度」と「その項目はいかに重要か」を掛け合わせて比重し、100pt満点で示した指標を見てみると……。

重要度2位の「性交の質」や3位の「自分の性的ニーズに対する、パートナーからの配慮」は、満足度ではそれぞれワースト3位、2位となっており、重要度は高いが満足度が低い項目も見受けられました。

女性のオナニー方法を解説!頻度やおすすめラブグッズも紹介

03.日本人男女のうち、アダルトグッズ使用者は、およそ4人にひとり

04.アダルトグッズ使用者の性生活満足度は、非使用者と比較して高い?

アダルトグッズが、性生活満足度向上の”伸びしろ”を埋める?

アダルトグッズ使用者の方が“Good Sex Index”の全ての項目で性生活の満足度が高い結果となりました。その差は平均+16.4%。

特に、「マスターベーションの質」と「頻度」においては非使用者との差が大きくなりましたが、自分自身の身体的な感度や、パートナーとの関係性に関わる項目でも差が出ています。

オーガズムとアダルトグッズ使用の相関

また、 「通常、あなたはいつオーガズムに達しやすいと思うか」という質問で、『アダルトグッズを使用して、マスターベーションをしているとき』が81%でトップという結果に。

『パートナーとセックスしているとき 69%』
『アダルトグッズを使わずマスターベーションをしているとき 65%』
『パートナーがいるところでマスターベーションしているとき 61%』

を上回る結果となりました。

さきほどご紹介した、約74%にあたる“アダルトグッズ未経験者”が、アダルトグッズにチャレンジしてみることは、日本人の性生活満足度の“伸びしろ”を埋めてくれるかもしれません。

研究家が選んだおすすめアダルトグッズ9選! 女性が使って気持ちいい珠玉のラブグッズ

TENGAが考える、性的満足度の特に高い男性像とは?

性的満足度が高い男性とはどんな人か探るため、世界各国のデータをもとに、満足度が高い男性と低い男性の差を見た時に、TENGAが定義したライフスタイルや性に関する考え方などの下記5項目において有意な差がありました。

なお、この5項目すべてに該当する日本人男性は15%でした。

●TENGAが考える、性的満足度の特に高い男性像|5項目
 
<1>自分の感情や、周囲の人たちの感情に敏感な男性である。

<2>自分の気持ち、またはプライベートな問題について話すことに抵抗がない男性である。

<3>あらゆる性的指向の人たちと交流するのに抵抗のない男性である。

<4>新たな性体験を試すことにオープンな男性である。

<5>「職場で男女とも平等な役割を持つべきだ」と信じる男性である。

性の話は、個人的・個別的でさまざま

「性の話」は極めて個人的・個別的で、性に対する捉え方も人によって本当にさまざまです。本調査で、70%の日本人男性が、「同性の友人とマスターベーションの話をする事に対して抵抗がある」と回答したことからも、誰かと、性やマスターベーション、アダルトグッズの話をするのは難しいことだと推察されます。

この調査結果が、自分が望む「性の話」を探したり、性に関するストレス・困りごとを解消したり、性生活の満足度を上げたりするためのきっかけやヒントになれば幸いです。

編集後記

3年前にアメリカから始まったマスターベーション調査。このたびついに世界展開が実現し、マスターベーションだけではなく、性生活全般について本当に興味深い結果を得ることができました。

しっかし……莫大な情報量‼ 日本語にするだけでも本当に大変でした‼(笑)

マスターベーションと言っても、各国での状況はさまざまです。たとえばアメリカでは92%の成人男性がマスターベーションをしているのに、会話する機会がないため間違った認識が広まっていました。

そこで我々はオープンなコミュニケーションを促すことにより、「マスターベーションは、人間の根幹的欲求に対する普通の行為である」という理解を広めてきました。

今回の調査でわかったことですが、日本はマスターベーションについて世界的にも早熟な国なのに、性教育で正しい知識を学ぶ機会があまりないようです。間違った知識でマスターベーションを始める人も多いのではないでしょうか?

今後もこのようなファクトを集め、意義のある内容を発信して参りたいと思いますので、ぜひご期待ください。

株式会社TENGA マーケティング本部 本部長 エドワード・マークリュー

月刊TENGAとは?

“面白おかしさ”を大切にしつつも、性と真正面から向き合い、真面目に作り続けてきたTENGAだからこそ発信できる、硬軟様々な情報を届けます。

様々な文献や歴史、そして人物、市場情報など多様なリサーチと開発を継続し、皆様により意義と価値のある情報を提供できればと考えています。性に関するストレスが少しでも軽減されたり、親しい誰かに相談するきっかけを作ったりと、性の悩みを和らげられる社会づくりへの貢献をめざします。

「月刊TENGA」バックナンバー
https://www.tenga.co.jp/topics/category/g-tenga/

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連記事

Latest Article