1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. ブラジャーのしまい方あるある

ブラジャーのしまい方あるある

Share

ブラジャーってどうやって収納していますか? ブラジャー本来の形をキープするには、せめてカップ部分が型崩れしないように、ふんわり広げてしまっておきたいものですが、現実はそうもいきません。リアルな意見を集めました。

ブラジャーのしまい方あるある

■ふたつ折りコンパクト収納がデフォ

雑誌や本では、余裕をもって広げて保管するように書いてあるよね。
でも、とてもじゃないけどそんなスペース、確保できない。

片方をペコって凹ませて、ふたつ折りにしてしまってる。
型崩れするっていうけど、あまり高いブラを使わないから気にしない。

■すし詰め

ほとんどがブラトップだから、型なんてないも同じ。

ぎゅうぎゅう詰めにしてる。

■収納しないという荒技

下着を使ったあと、洗濯して干したまま放置して、使うときに物干しから外すだけ(笑)。

そもそも下着を収納してない。

■下着の数を減らして収納スペースを確保

せっかくならと、いいものを使っているから、ゆったり保管したい。

でも収納スペースが狭いから、ブラの数を3着に絞って、こまめに洗濯するようにしている。

■ペア不成立

収納ケースにポンポン放り込んでるから、ブラとペアのパンツがなかなか見つからず、結局、諦めて上下バラで着けるって日が多い。

■実用性重視だと気づいた

ブラジャーのしまい方は、色別にしている。

手前が淡い色で、奥にいくにつれて濃い色になるように、グラデーションにしている。

こうしておくと、運気アップが狙えるらしい。

ただし、あらためて収納した下着を眺めてみると、ほとんどがベージュ系。

ライトベージュやダークベージュ、モカ、ライトグレーなど、透け防止を優先した同じような色ばっかり。

これで運気が上がるのかどうかについての疑問が拭えない。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article