1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 性と愛
  3. 「ラブグッズって実際どう?」 女性のリアルな声を聞きました

「ラブグッズって実際どう?」 女性のリアルな声を聞きました

Share

「ラブグッズコンサルタント」のとぅるもちさんが、ラブグッズについて身近な女性にインタビュー。使い始めたきっかけは? 使ってみてどうだった? リアルな声を聞きました。

「ラブグッズって実際どう?」 女性のリアルな声を聞きました

電マ(電動マッサージ器)や潤滑剤、バイブなどラブグッズの種類はさまざまですが、みんな何を、どんなきっかけで使い始めるのでしょうか。

今回はラブグッズを使ったことのある女性たちに、使い始めたきっかけや使ってみた感想を聞いてきました!

「ラブグッズを使ってる女の子って本当にいるの?」
「パートナーと一緒に使ってみたいけど、はしたないと思われないか不安」

そんな方の参考になればうれしいです。

■ラブグッズを使い始めたきっかけは?

「ラブホテルに電マが置いてあって、使ってみたら気持ちよかった」(20代・未婚)


ラブホテルは、ラブグッズに興味のある男女のつよ~い味方!
ラブホテルにはさまざまなラブグッズが置いてあり、いつも私たちに新しい刺激を与えてくれるけど、中でも電マの存在感って大きいですよね。

ラブホテルなら「そこにあったから、気になったから使うだけ」って言い訳をつくれるのもいい。「ラブグッズを使いたい」とパートナーになかなか言い出せない方は、電マのあるラブホを探して利用してみてもいいかもしれません。


「女友達とバイブバー『WILD ONE(※1)』に行ったときに、ノリと勢いでバイブを買っちゃった」(20代・未婚)


以前、私を含めた女4人でノリと勢いでバイブバーに行ったのですが、帰る頃には私以外の3人がバイブやローターを購入していた……というなかなか印象深い思い出です。

セックスの話ができる女友達がいると、セルフプレジャーについてポジティブになれるし、「みんなでいれば怖くない」の精神でグッズだって買えちゃうんですよね。


「純粋にセックスを盛り上げるきっかけづくり」(30代・既婚)


心からセックスを楽しみたい! という方は、自ずからラブグッズにたどり着くのかもしれません。

自分もセックスを楽しみたいし、相手にも楽しんでもらいたい。じゃあどうする?

そんな探求心、好奇心からラブグッズを使い始める方もいるんですよね。思い返せば私もそうかも。

■ラブグッズを使い始めてどうだった?

「熱くなる潤滑剤を使ってみたら、セックスに淡泊な彼氏がいつもより時間をかけて楽しもうとしてくれた」(20代・未婚)


セックスレス気味な女性からこんな声をいただきました。「彼氏がオナニーみたいなセックスをする!」という不満を抱えている女性の方、潤滑剤はいいぞ……。


「バラの香りがするベッド専用香水(※2)で、気になっている男性を百発百中でセックスに誘えた」(30代・既婚)


相手を夢中にさせるのに効果てきめん!? 「やるぞ! って日のデートに付けていくと120%の打率」というインパクトあるコメントがもらえました。

意中の人がいる方、フェロモン香水を試してみてはいかがでしょう。


「セルフプレジャーが楽になった」(20代・未婚)


自身の手でセルフケアをするって結構疲れる。バイブやローターを使用することで簡単にイけるようになったとのこと。すごく分かります。パッと終わってパッと寝るといい睡眠がとれます。


「自分のカラダを磨く気持ちが7割以上。自信につながった」(30代・既婚)


ラブグッズは、快感を得るためだけのものではありません。自分のカラダを知り、愛し、魅力的にするためのツールでもあります。

バイブを使えば、自分の身体のどの部分が敏感・鈍感なのか知ることができるので、パートナーに自分が気持ちよくなる近道を示してあげることができます。膣トレボールを使えば、膣圧が高まり、姿勢もよくなります。

■あなたのおすすめラブグッズは?

「実際どんなラブグッズがよかったの?」と聞いてみたところ、意外な答えが返ってきました。


「ZONEのコンドーム。何がいいって説明できないけど、よかった(笑)。密着してる感じがする」(20代・未婚)


コンドームはアダルトグッズの定義には当てはまらないけど、ラブグッズの範囲には含めていいんじゃないかと思います。ふたりを繋ぐ大事なものなので。ふたりでコンドームを選んで、使って、感想を言い合える。素敵です。

「薄く感じた」そうですが、ZONEはおよそ0.06ミリなので、他のコンドームと比較して格段薄いわけではないんです。「薄さ<密着感」の時代が来た……!


「お風呂用ローション。パートナーとふたりで使えて、お互い楽しめるのがよかった。ヌルヌルも楽しいし、リラックスできるので、いつも以上に相手との会話が弾む。ゆっくりとした時間を味わえる」(30代・既婚)


お風呂用ローションは私も試したことがないのですごく気になりました。一緒にお風呂に入るだけでも楽しいのに、ヌルヌルまで加わったら、「楽しい、気持ちいい、安心感」が全部まとめて味わえちゃいますね……最高かよ。
ちなみに、Amazonで200円程度で手に入るもので十分楽しめるとのことです。


「冷温ローション(ルブリカント※3)。塗った直後は冷たいのに、息を吹きかけるとジワっと温かくなるので、二人でギャーギャー騒ぎながら楽しめる(笑)」(20代・未婚)


冷温ローションを使うとエロい雰囲気は一瞬なくなりますが、お互い明らかな反応を見られるのでとってもおもしろいです。
本能に身を任せてするセックスもいいけれど、コミュニケーションを取りながらするセックスもまたいいものです。

■ラブグッズでふたりのコミュニケーションをもっと楽しく

ここまで、ラブグッズを愛用している女性たちのリアルな声を紹介しました。

いろいろ質問を投げかけてみると、パートナーとのコミュニケーションを大切にしていることが伝わる答えが返ってきました。

ラブグッズは恥ずかしい、はしたないものではなく、ふたりのコミュニケーションを円滑にするためのツールなんですね

まだ試したことがないあなたにも、自分がうれしい、相手もうれしい、そんなセックスに繋がるようなラブグッズを見つけてもらえたらと思います。

(※1)350本のバイブが展示されている渋谷のバー。実際に見て、触れて、動かしてみることができる。

(※2)男性が好きな香りを研究して作られた香水。フェロモンと同じ成分が含まれているものも。

(※3)「ルブリカント」についてはこちらの記事をご参照ください
セックスにローションはNG? おすすめルブリカント(潤滑剤)3選

Share

とぅるもち

ラブグッズコンサルタント。オススメアダルトグッズを紹介したり、世界のセックスミュージアムを駆け巡る女です。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article