1. DRESS [ドレス]トップ
  2. NEWS
  3. ナチュラルなエナジードリンク「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」が新発売

NEWS

ナチュラルなエナジードリンク「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」が新発売

Share

厳選素材の自然なチカラを、自分のペースで取り込める南アルプス発のエナジードリンク、「サントリー 南アルプス PEAKER(ピーカー)ビターエナジー」を8月21日(火)から1都10県で新発売します。(10月より全国で発売予定)

ナチュラルなエナジードリンク「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」が新発売

近年のストレス社会などを背景に、「手軽に疲れを取りたい、元気になりたい」という需要が高まり、エナジードリンク市場は伸長しています。

しかし、市場が伸長する一方で、「エナジードリンクは化学的で人工的なイメージがある」や「何が入っているのかわからないので飲むのが少し怖い」などの声がありました。

また、エナジードリンクは、他の飲料に比べ、若い男性を中心とした、非常に狭い層に飲まれていることが判明。

今回発売する「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」は、自然が育んだ素材、苦味、強炭酸の刺激に着目して生まれたエナジードリンクです。

再栓可能なペットボトル容器の採用により、自分のペースで楽しむという新しい飲用スタイルを提案、より多くのがんばりたい方々を応援します。

■「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」の特長

「自然が育んだ素材」と、「苦味と強炭酸による刺激」によって生み出されたエナジー感

独特な味わいがあり、カフェインを含む茶葉である「グアユサ」を使用。

コクがあり後キレの良い爽快な辛みのジンジャー、クリアな清涼感のミントを使用し、自然が育んだ素材の、エナジー感のある味わいに仕上げました。

さらに、ホップと有機グレープフルーツ果汁が持つクセになる苦味と、喉にグッとくる強炭酸の刺激を掛け合わせることで、これまでになかったエナジー感を生み出しました。

サントリー独自のカフェイン、糖設計

カフェイン量は、従来のエナジードリンクよりも少ない1本あたり45mg。525mlの緑茶飲料1本分(※2)とほぼ同等の量です。

また、てんさいを原料とした糖類であり、持続性エネルギー源であるパラチノース®を使用しています。

※2 同社商品

自分のペースに合わせたドリンキングスタイルの提案

開栓してから飲み終わるまで自分のペースで楽しんでいただくという、エナジードリンクの飲用スタイルを提案。

持ち運ぶことができ、どんなシーンでも飲めるように、従来のエナジードリンクは缶容器が主流であるのに対し、再栓可能なペットボトル容器を採用。

「サントリー天然水」ブランドは、「自然とのふれあいによる人間性の回復」をテーマに、(株)スノーピークと「山のむこう」プロジェクト(※3)に取り組んでいます。

その共同開発商品として、これまでに「サントリー 南アルプススパークリング」シリーズを展開。

今回の商品は、(株)スノーピークとの共同開発商品第4弾となるものです。自然が育んだ素材を厳選して使用することで、「自然とのふれあいによる人間性の回復」への貢献を目指します。

※3 「山のむこう」プロジェクトは、「自然とのふれあいによる人間性の回復」をテーマに、さまざまな取り組みをしていくプロジェクトです。

取り組み内容には、「サントリー 南アルプススパークリング」シリーズの共同開発の他、キャンピングオフィスのサポートやキャンプ場開発などの計画があります。

サントリー食品インターナショナル(株)は、(株)スノーピークだけでなく、今後はより多くの参画企業、団体へと輪を広げ、プロジェクト推進を目指します。

■スノーピークについて

1958年、ものづくりのまち新潟県三条市にて創業した日本のアウトドアメーカー。「自らもユーザーである」という創業以来の原点に基づき、自然指向のライフスタイルを提案し実現することをミッションとして掲げる。

大自然の懐に建つ約5万坪のHeadquartersは誰でも利用できるキャンプ場となっており、同じ敷地の中に社屋、直営ストアがある。コーポレートメッセージは「人生に、野遊びを。」。

「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」
375mlペットボトル 190円(税別)

発売地域:
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、山梨県、静岡県(10月より全国で発売予定)

(お問い合わせ先)
サントリーお客様センター TEL 0120-139-320

Share

DRESS NEWS

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウント。ニュース記事を配信します。

Latest Article