1. DRESS [ドレス]トップ
  2. イベント/プレゼント
  3. 【チケプレあり】映画『ラジオ・コバニ』上映シンポジウムにご招待!

【チケプレあり】映画『ラジオ・コバニ』上映シンポジウムにご招待!

Share

ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街・コバニで手作りのラジオ局を立ち上げたディロバンを追ったドキュメンタリー『ラジオ・コバニ』が5月12日(土)よりアップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー。こちらの試写会に5組10名様をご招待します。

【チケプレあり】映画『ラジオ・コバニ』上映シンポジウムにご招待!

■映画「ラジオ・コバニ」あらすじ

トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015年1月に解放された。
人々はコバニに戻って来たが、数カ月にわたる戦闘で街の大半が瓦礫と化してしまった。

そんな中、20歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはよう コバニ」の放送をはじめる。生き残った人々や、戦士、詩人などの声を届ける彼女の番組は、街を再建して未来を築こうとする人々に希望と連帯感をもたらす。

■「戦争に勝者などいません。どちらも敗者です」

「未来のわが子へ。戦争に勝者などいません。どちらも敗者です」そう語るディロバンは、いつか生まれるであろうわが子、そして今後生まれてくる“コバニで何が起きたか知りたい全ての子供たち”に向けて、自分の街や家族、友人たちが受けた悲惨な物語を手紙につづる。

戦闘真っ只中の2014年から、コバニに復興の光が差し込み始めるまでの激動の3年間を追ったカメラは、やがて日常生活のささやかな喜びや恋愛を享受するディロバン自身の姿も捉えている。

監督は、自身もクルド人のラベー・ドスキー。地雷や戦車を越えコバニに赴き戦地での撮影を敢行、クルド人兵士によるIS兵士の尋問にも立ち会った。本作を、戦死したクルド人兵士の姉に捧げている。

■映画「ラジオ・コバニ」上映シンポジウムに5組10名様をご招待します!

「ラジオ・コバニ」上映シンポジウム
日 時:4月26日(木) 18:45開場/19:00開幕(映画上映 19:15~20:25/シンポジウム 20:30~21:30)
会 場:立教大学池袋キャンパス 池袋キャンパス11号館AB01教室(東京都豊島区西池袋3丁目34-1)

【講師】ラベー・ドスキー監督(ビデオメッセージ出演)、黒木英充(東京外国語大学教授) ラガド・アドリ―(難民を助ける会職員)、長 有紀枝(21 世紀社会デザイン研究科・社会学部教授)
※ シンポジウム後にアンケートのご協力をお願いいたします。

ご応募はこちらから

■映画「ラジオ・コバニ」公開情報

監督・脚本:ラベー・ドスキー
出演:ディロバン・キコ
撮影監督:ニーナ・ボドゥー
第2カメラ:レベー・ドスキー
音声:タコ・ドライフォウト
編集:クサンダー・ネイストン
音楽:ユホ・ヌルメラ サウンドデザイン:タコ・ドライフォウト
製作:ジョス・デ・パター
(2016 年/オランダ/69 分/クルド語/2.39:1/カラー/ステレオ/DCP)
配給:アップリンク
字幕翻訳:額賀深雪
字幕監修:ワッカス・チョーラク

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

Latest Article