お家にいながらリゾート気分。参考にしたいおしゃれなバルコニー&ガーデン

お家にいながらリゾート気分。参考にしたいおしゃれなバルコニー&ガーデン

おしゃれなお庭やベランダで、植物たちに水をやったり読書をしたり。午後はまったりお昼寝して、目が覚めたらハーブティーでほっと一息……。自宅でそんなリゾートにいるような過ごし方ができたら、プライベートタイムを今よりもっと楽しめるような気がします。


筆者が「自分も見習いたい!」と思った素敵なガーデンやベランダの持ち主Yさん(40代・男性)宅を突撃取材してきました。

■お庭・ベランダ作りを始めたきっかけ

Yさん宅は、東京の中心地から少し離れた住宅街にある戸建てです。

ご自宅前にあるガレージの周囲には、鉢植えから下垂性の植物までさまざまなグリーンがのびのびと育っており「ここは外国?」と、ふと思ってしまうほど。

「車を置くスペース以外は、僕の植物たちが占領しているんです(笑)」(Yさん)


よく見ると、多肉系の植物が多く並んでいます。

「もともとインテリアに興味があり、あるとき、家の中にグリーンを置きたいなと思ったんです。でも室内に土を持ち込むことに抵抗があって。それで最初に興味を持ったのがエアプランツだったんです」


エアプランツとは、樹木や岩などに着生し、雨や霧などで水分を吸収して成長する植物。水やりは霧吹きでOK。虫がつきにくく、肥料もほとんど必要ないので、室内で気軽に育てられる植物として人気があります。

エアプランツ

玄関のドア横には、ワイヤー製のラックにハンギングされたエアプランツ。あまりにも完璧な青銅色で美しいフォルムだったため、思わず「これ、フェイクじゃないですよね?」と尋ねてしまいました。

エアプランツを手始めに、次々と多肉植物を育てていくようになったYさん。今では、多肉以外の植物も含め、100鉢近い植物たちをかわいがっているのだそうです。

ゼラニウム

■こだわっていることは何ですか?

バラのアーチ

取材を申し込んだとき、笑顔で快諾してくださったYさんですが「もっと早い時期に来てくれたら、バラがもっときれいに咲いていたのに……」と悔しそう。いやいや、玄関の並びにあるこのバラのアーチも十分きれいです!

しかし、諦めきれなかったのか、Yさんは取材後、春に撮った写真をわざわざ送ってくださいました。なるほど、これはすばらしい!

春の景色

それにしても、こんなに植物があると手入れが大変なのでは?

「僕も仕事が忙しいので、平日は朝と夕方に水をやるだけ。休日は一日中植物たちをいじっています。でも、大変だと思ったことはありません。植物たちと向き合っていると夢中になって、疲れとか悩みとか消えていくんですよ、不思議と。ただ、夏の時期は蚊との戦いですね。こればかりは閉口です」


取材中、筆者も5~6カ所、刺されました(笑)。

植物たちは、あえてランダムに置くようにしているそうです。その方が、リズム感のあるメリハリある表情が生まれるのだとか。確かにバラバラに置いた方が、植物たち一つひとつの個性が光ります。

■これからすてきなお庭やベランダ作りを始めようとしている方々に一言

バルコニーに小物

『DRESS』読者の中には、これからお庭作りやバルコニー作りを始めようと思っている方も多いのでは? そこでYさんから皆さんに、一言アドバイスをお願いしました。

「テーマを決めておくと、植物を買うときも小物を選ぶときも迷わずにすみます。僕の場合は南米のカントリーをイメージした空間作りを心がけているので、園芸店などでちょっと『いいな』と思ったものがあっても、南米カントリー調から離れていれば選びません」

なるほど、植物以外の小物たちにもYさんのこだわりが見られます。小さなサボテンたちも一つひとつ異なるポットに収まっていて、Yさんの愛情が感じられますね!

最後に、筆者が一番心を惹かれたのがこちら。

多肉植物

盛り付けたサラダのように、色とりどりの多肉植物たちがひしめき合っています。
「多肉植物は、普段水やりはしません。でもやるときは、たっぷりと。生き物って、そうじゃないですか。栄養でも愛情でも、与えれば与えるだけ良いってもんじゃなくて、与えるべきときにたっぷり与えてこそ価値がある。彼ら(多肉植物)は、僕のそんな愛情に応えて元気に育ってくれるから、育てがいがありますよ」

同居中のパートナーも、Yさんの趣味を歓迎しているそう。一緒に植物たちを眺めている時間が、至福のときだそうです。

「でも、手は貸してくれませんけどね」

そう肩をすくめて微笑むYさんの横顔は、優しさと愛であふれているのでした。

この記事のライター

ライター兼ソーシャルワーカー。都内で二人の子と黒猫と暮らす。 取材で遠征したり、一日中パソコンに向かったり、高齢者に体操を教えたり、小学生に読み聞かせをしたりと、常にじっとしていない40代。酒と肉が好きで、発言は直球、笑い...

関連するキーワード


インテリア

関連する投稿


磨く、潤す……新年を心地よく迎えるためにしたい5つのこと

磨く、潤す……新年を心地よく迎えるためにしたい5つのこと

もうすぐ新しい年。すっきりした気持ちで2018年を迎えるために、捨てる、磨く、潤すなど、年内に5つのことを済ませておきませんか。


簡単、すぐできる。アロマディフューザーの作り方

簡単、すぐできる。アロマディフューザーの作り方

部屋を良い香りで満たしてくれるアロマディフューザー。最近は、インテリアアイテムとしても使える、お洒落なスティックタイプのリードディフューザーも定番になってきています。自分好みの香りでできる、簡単なアロマリードディフューザーの作り方をアロマコーディネーターがご紹介します。


「好き」を集める。心安らぐ部屋の作り方

「好き」を集める。心安らぐ部屋の作り方

心安らぐ自分の部屋、リラックスして自分を弛めることができる場所は、現代を生きる私たちにとってとても大切です。空間デザインのプロフェッショナルから、気軽にできる自分の空間づくりについて、アドバイスをいただいてきました。


偏愛アイテムはあえて出す。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#2【輪湖もなみ】

偏愛アイテムはあえて出す。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#2【輪湖もなみ】

自らが「心地よい」と感じる住まいで暮らす方に、お部屋やインテリア、暮らし方を紹介していただくシリーズ。第2回目はDRESSコラムニストのひとり、輪湖もなみさんに登場いただきました。前後編のコラム、後編では自室のインテリアや好きなものをしまいこまないことで始まった、新たな仕事についても綴っていただきました。


偏愛アイテムはしまわない。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#1【輪湖もなみ】

偏愛アイテムはしまわない。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#1【輪湖もなみ】

自らが「心地よい」と感じる住まいで暮らす方に、お部屋やインテリア、暮らし方を紹介していただくシリーズ。第2回目はDRESSコラムニストのひとり、輪湖もなみさんに登場いただきました。10年以上家族と暮らしている自宅でつくる心地よい空間やインテリアのこだわりについて、前後編のコラムでご紹介いただきます。


最新の投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

ここでは『DRESS』読者から募った「出会い」にまつわるアンケート結果をご紹介。出会いを求めて婚活パーティーに参加しても、なかなかピンとくるような人に巡り合えず、何度も同じ会話やデートを繰り返す。マッチングアプリに登録してみたものの、膨大なメッセージのやり取りにうんざりすることも。世にあふれる疲れる出会いの実態とは?


おっぱい