お家にいながらリゾート気分。参考にしたいおしゃれなバルコニー&ガーデン

お家にいながらリゾート気分。参考にしたいおしゃれなバルコニー&ガーデン

おしゃれなお庭やベランダで、植物たちに水をやったり読書をしたり。午後はまったりお昼寝して、目が覚めたらハーブティーでほっと一息……。自宅でそんなリゾートにいるような過ごし方ができたら、プライベートタイムを今よりもっと楽しめるような気がします。


筆者が「自分も見習いたい!」と思った素敵なガーデンやベランダの持ち主Yさん(40代・男性)宅を突撃取材してきました。

■お庭・ベランダ作りを始めたきっかけ

Yさん宅は、東京の中心地から少し離れた住宅街にある戸建てです。

ご自宅前にあるガレージの周囲には、鉢植えから下垂性の植物までさまざまなグリーンがのびのびと育っており「ここは外国?」と、ふと思ってしまうほど。

「車を置くスペース以外は、僕の植物たちが占領しているんです(笑)」(Yさん)


よく見ると、多肉系の植物が多く並んでいます。

「もともとインテリアに興味があり、あるとき、家の中にグリーンを置きたいなと思ったんです。でも室内に土を持ち込むことに抵抗があって。それで最初に興味を持ったのがエアプランツだったんです」


エアプランツとは、樹木や岩などに着生し、雨や霧などで水分を吸収して成長する植物。水やりは霧吹きでOK。虫がつきにくく、肥料もほとんど必要ないので、室内で気軽に育てられる植物として人気があります。

エアプランツ

玄関のドア横には、ワイヤー製のラックにハンギングされたエアプランツ。あまりにも完璧な青銅色で美しいフォルムだったため、思わず「これ、フェイクじゃないですよね?」と尋ねてしまいました。

エアプランツを手始めに、次々と多肉植物を育てていくようになったYさん。今では、多肉以外の植物も含め、100鉢近い植物たちをかわいがっているのだそうです。

ゼラニウム

■こだわっていることは何ですか?

バラのアーチ

取材を申し込んだとき、笑顔で快諾してくださったYさんですが「もっと早い時期に来てくれたら、バラがもっときれいに咲いていたのに……」と悔しそう。いやいや、玄関の並びにあるこのバラのアーチも十分きれいです!

しかし、諦めきれなかったのか、Yさんは取材後、春に撮った写真をわざわざ送ってくださいました。なるほど、これはすばらしい!

春の景色

それにしても、こんなに植物があると手入れが大変なのでは?

「僕も仕事が忙しいので、平日は朝と夕方に水をやるだけ。休日は一日中植物たちをいじっています。でも、大変だと思ったことはありません。植物たちと向き合っていると夢中になって、疲れとか悩みとか消えていくんですよ、不思議と。ただ、夏の時期は蚊との戦いですね。こればかりは閉口です」


取材中、筆者も5~6カ所、刺されました(笑)。

植物たちは、あえてランダムに置くようにしているそうです。その方が、リズム感のあるメリハリある表情が生まれるのだとか。確かにバラバラに置いた方が、植物たち一つひとつの個性が光ります。

■これからすてきなお庭やベランダ作りを始めようとしている方々に一言

バルコニーに小物

『DRESS』読者の中には、これからお庭作りやバルコニー作りを始めようと思っている方も多いのでは? そこでYさんから皆さんに、一言アドバイスをお願いしました。

「テーマを決めておくと、植物を買うときも小物を選ぶときも迷わずにすみます。僕の場合は南米のカントリーをイメージした空間作りを心がけているので、園芸店などでちょっと『いいな』と思ったものがあっても、南米カントリー調から離れていれば選びません」

なるほど、植物以外の小物たちにもYさんのこだわりが見られます。小さなサボテンたちも一つひとつ異なるポットに収まっていて、Yさんの愛情が感じられますね!

最後に、筆者が一番心を惹かれたのがこちら。

多肉植物

盛り付けたサラダのように、色とりどりの多肉植物たちがひしめき合っています。
「多肉植物は、普段水やりはしません。でもやるときは、たっぷりと。生き物って、そうじゃないですか。栄養でも愛情でも、与えれば与えるだけ良いってもんじゃなくて、与えるべきときにたっぷり与えてこそ価値がある。彼ら(多肉植物)は、僕のそんな愛情に応えて元気に育ってくれるから、育てがいがありますよ」

同居中のパートナーも、Yさんの趣味を歓迎しているそう。一緒に植物たちを眺めている時間が、至福のときだそうです。

「でも、手は貸してくれませんけどね」

そう肩をすくめて微笑むYさんの横顔は、優しさと愛であふれているのでした。

この記事のライター

ライター兼ソーシャルワーカー。都内で二人の子と黒猫と暮らす。 取材で遠征したり、一日中パソコンに向かったり、高齢者に体操を教えたり、小学生に読み聞かせをしたりと、常にじっとしていない40代。酒と肉が好きで、発言は直球、笑い...

関連するキーワード


インテリア

関連する投稿


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ

今夏は梅雨明けが早く、30度を超える日も多いです。自宅でもオフィスでもエアコン漬けの方は少なくないでしょう。熱中症対策のためエアコンを活用することが奨励されているものの、エアコンを24時間フル回転させなくても、少しの工夫でよりエコで快適に過ごせる方法があります。


断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<実践編2>

断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<実践編2>

不要なものを処分し、部屋も気持ちも一新して新たな暮らしを手に入れようと「断捨離」を決行しようとしている方にお届けする「断捨離」コラムシリーズ。今回は、キッチンやリビングなどパーツごとの「断捨離」方法について解説していきます。


和モダンフェイク盆栽「CUPBON」をインテリアに。ECサイトもスタート

和モダンフェイク盆栽「CUPBON」をインテリアに。ECサイトもスタート

和モダンフェイクグリーン「CUPBON(カップボン)」は、盆栽の美的感覚を取り入れた日本ならではのインテリアグリーン。6月よりCUPBONが手に入るECサイトがオープン。ECサイトでは単品での販売のほか、Web限定ギフトセットも揃っています。


狭い部屋を広く使って、快適に暮らす方法

狭い部屋を広く使って、快適に暮らす方法

「部屋が狭くて人も呼べない……」と、部屋の狭さにお悩みの方。また「物が多すぎて部屋を広く使えない……」と、収納にお悩みの方。実は、工夫次第で部屋はいくらでも快適にできます。今回は、狭い部屋を広く使って、快適に暮らす方法をご紹介。


最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。