口だけの人は薄っぺらい。経験してから語る美しさ

口だけの人は薄っぺらい。経験してから語る美しさ

「そんなの○○に決まってる」。自ら経験していないことを、先入観だけで判断していませんか? 知らないことを、あたかも知っているかのように語る口だけの人は薄っぺらくて美しくない。大人の女性には、自らの経験を元に語ってほしい。


先日、私のサロンに置いてあった売り物のハーブコーディアルがなくなりました。正確に言うと、いわゆる「手癖の悪い方」に、持ち去られてしまったのですが。

怒れば戻ってくるというものでもないため、以後同じようなことが起きないように粛々と対策をしましたが、人にこの話をするとこんな言葉が返ってきます。

「そんなの、置いといたら盗られるに決まってる」

絶対とられる、
そうに決まってる、
そんなのあたりまえ、

という返しが来るのです。

同じことを感じた方もいらっしゃるかもしれないので、ここで少し、私のサロンの説明をしましょう。

私のサロンは、私ひとりで経営している個人サロンで、なおかつ、極力お客様同士が会うことがないよう、予約時間も調整しております。

つまり、基本的には私とお客様の二人しかいない状況。何かがなくなろうものなら、誰がやったかが一目瞭然な環境なのです。

しかも、このときは、たまたま次のお客様がだいぶ早く来られて、その応対をしていた数秒の間の出来事。

「盗ろうかどうしようか」なんて迷っていたら、絶対に間に合わないくらいのほんの少しの間の話。その数秒でコトに及ぶとは、考えるよりも先に手が出る、まさに「手癖」というやつなのでしょう。

次のお客様とかぶってしまったこともあり、その人はすぐに退散。私は次のお客様の接客中に商品がなくなっていることに気づいたものの、時すでに遅し。

それにしても、誰がやったかなんて一目瞭然なのにそれでも実行する、というのは本当に想定外でした。

自分だとばれるに決まっているはずなのに。もし警察沙汰にでもなったら、いったいどうするつもりなのでしょうか。

■経験が伴わない口だけの人は薄っぺらく感じる

それでは、ここで、「絶対」「当然」「そうに決まってる」と思った方々に、いま一度問いたいのですが、

この状況のなかでも、「絶対に」盗られると思いますか? こういう環境でこういうことが起こるのは、「当然」のことなのでしょうか?

少なくとも、私の中では「絶対」でも「当然」でもなかったので、してやられました。

でも、この経験によって、私は同じく個人サロンを経営している人に、「こういうこともあるから、対策をしたほうがいいかもよ」と、根拠のあるアドバイスができるようになったのです。

反対に、「そうに決まってる」と言っていた方々は、いったい何を根拠にその発言をしたのでしょう? おそらく、先入観や思い込みで、そう発言しただけなのではないかと思います。

「『絶対』盗られるとわかっていたなら、どうして私が商品を普通に置いていることを知っていたのに、忠告してくれなかったの?」という、意地の悪い質問を投げかけると口ごもるのが何よりの証拠。

実際に経験をした人とそうでない人の言葉では、重みが全然違います。

経験が伴わない口だけのことというのは、その人を薄っぺらくみせてしまい、あまり美しいものではないなあと思ってしまうのです。

■経験こそが真実だから

子供のころ、将来の夢を親に話したとき、「あなたがなれるわけがない」と頭ごなしに否定された。

やってみたいことを友人に語ったとき、「そんなの難しいんじゃないの?」の一言で片づけられた。

練りに練った企画を上司に提出したら、「前例がない」という根拠のない理由であっさり却下された。

そんな不愉快な経験をしたことはありませんでしたか?

では、今の自分はどうでしょう? 「そんなのムリでしょ」なんていう、先入観や思い込みから、過去にイヤな思いをさせられた人たちと同じようなことを言ってはいませんか?

子供に、友人に、部下に、はたまたSNS上で見かけた見知らぬ人に対してまで、自分で経験したことでもないのに、「~に決まってる」という思い込みの基準でジャッジを下してはいませんか?

酸いも甘いも経験してきた大人の女であるならば、思い込みや固定観念だけでものを言うのではなく、自分の思いや考え、経験をもとに、自分の頭で考えた、自分の意見を語っていただきたいのです。

そして、経験こそが真実なので、アラフォーだろうがアラフィフだろうが、いくつになっても、もっともっといろいろな経験を積んで、成功も失敗も繰り返したらいいのだと思います。

それこそが、大人の女としての深みを増した、あなたにしか語れない言葉になるのですから。

この記事のライター

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師。 自身のニキビや頬の毛穴に劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。 「外見が、内面が、美しい人になる」をメインコンセプトに、美容鍼灸サロン経営・“...

最新の投稿


スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルが今季、大人気です。マニキュアを使って簡単に挑戦できます。細いラインが繊細で洗練されたイメージ。そんなスキニーフレンチを、スキンカラーに合わせて上品なデザインに仕上げました。オフィスでも浮かない上品なスキニーフレンチのやり方を豊富な画像を交えて解説します。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

GINZA PLACE 3F common ginza内にある、美と健康をテーマに旬のフルーツを楽しめるカフェ「RAMO FRUTAS CAFE」が2017年9月24日にオープン1周年を迎えます。これを記念したスペシャルイベント「1st Anniversary Weekend Party」が開催されます。


「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

組織やチームの二番手として活躍する人の仕事術に迫る【ナンバー2の仕事術】。第1回目は、月間3000万人以上の読者が訪れるウェブメディア『東洋経済オンライン』の副編集長・吉川明日香さんに話を伺った。


美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには背中を整える必要があります。バストケアをした直後は、ふわふわの柔らかいバストを手に入れることができても、しばらくするとバストが背中や脇に流れるのは、背面の「癖」が原因です。姿勢や筋肉の癖がバストアップの妨げになっている可能性が高いのです。


おっぱい