ニューヨークで学んだこと vol.6【松井里加のちょっとメイクが好きになる話】

ニューヨークで学んだこと vol.6【松井里加のちょっとメイクが好きになる話】

個性的で、凛とした雰囲気を持つマンハッタンの女性達。彼女達の逞しさは一体どこから来るものなのでしょうか。メイクアップアーティストの松井里加さんの連載、最終回です。



久しぶりにかつて住んでいたニューヨークに来ています。街で見かける女性達は1人1人が個性的で凛として颯爽とマンハッタンを闊歩しています。
彼女たちの素敵に逞しい感じは一体どこから来ているのでしょう。
今回私が滞在中に再会出来た女友達の中でも特に二人の女性が私にとってとても刺激になりました。

1人は私に出張中で留守だからと部屋を貸してくれたメキシコ人のAは40代の独身ヘアメイクアップアーティスト。沢山のセレブを顧客に持ち、ヴォーグメキシコのコントリビューターで毎号ファッションページを創っています。彼女はマットで真っ赤なルージュをいつもつけ、常に元気一杯です。

マンハッタンのアッパーウエストにある彼女のドアマン付きのコンドミニアムは沢山のメキシコのアートや工芸品でお洒落にデコレートされ、彼女のアイデンティティを表しています。

約20年前に単身でニューヨークとメキシコを往復しながらスパニッシュのクライアントを見つけ、安いギャラで少しづつ顧客を増やしていった彼女の苦労を知っている私は、毎日素敵な部屋を眺めながら、彼女の奮闘してきた歳月を思い胸が熱くなりました。

もう一人は30代で3人の子供の母親でもある売れっ子のメイクアップアーティストの日本人のK。彼女は昨年に双子を産んでそれはそれは激しい子育て奮闘中の日々を繰り広げながら仕事でもしっかりと家族を支えています。

3人が乗れる巨大なバギーカーを押しながら私を笑顔で迎えに来てくれた彼女。双子達に交互に離乳食を与えながら分刻みの育児スケジュールに私は圧倒されながらも幸せそうな彼女の笑顔に崇敬の念すら覚えました。そしてキャリアの上でも本当に素晴らしい仕事をしていて、正に一流のアーティストです。

ニューヨークには彼女たちのような逞しい女性達が沢山います。自分で選んだ道を自分の責任で生きている。
ファッションやメイクも人と比べるのではなく自分だけの美しさを見つけ、自信を持ってそれを楽しんでいるようです。

世界の美の基準は本当に多種多様。私達女性がその人らしく生き生きと輝くことはそんなに難しいことではないかもしれません。

私自身もどんな時でも自分の可能性を信じ、それに向かってチャレンジし続けていきたいです。
自分のやりたいことをやり、自分を認める少しの自信が自分を好きになっていくことなんだとマンハッタンの夜景を眺めながらつくづく感じでいます。

松井里加さんの記事一覧

photo by Rika

この記事のライター

2000年渡米。NYを拠点に活動する傍ら、ミラノ、パリコレにも参加。2006年に帰国し、現在は雑誌や広告などで幅広く活動している。最新のモードを積極的に取り入れつつも、リアリティあるメイク提案に定評がある。自身もDRESS世...

関連するキーワード


ニューヨーク メイク

関連する投稿


メイクするのに疲れた日は、がんばりすぎない「小綺麗メイク」のすすめ

メイクするのに疲れた日は、がんばりすぎない「小綺麗メイク」のすすめ

メイクすることに疲れてしまったときは、無理にフルメイクしなくてもいいんです。メイクするのに気分が上がらない日だってあります。そんなときは、がんばりすぎないメイクで、要領良く「小綺麗な自分」を目指しませんか。


新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

“スクラブ×バーム×ティント”の新発想“3in1”リップ「ヌードアップ リンクルリップス」が2月20日に新発売に。米国の先行発売で週間ランキング1位を獲得した注目のコスメです。


ローズの華やかさをまとえる、上品リップティント

ローズの華やかさをまとえる、上品リップティント

高発色が続く「K-パレット」のリップティントスティックから、色気をまとう上品カラー「RB(ロゼベージュ)」が限定登場! 「上品ロゼカラー」と「ニュアンスパール」で、360度艶やか美人リップに。


凛とした“ハンサム・ビューティ肌”をつくる、コフレドールの新作ファンデ

凛とした“ハンサム・ビューティ肌”をつくる、コフレドールの新作ファンデ

毛穴、色ムラ、隠したことさえ、気づかせない。「コフレドール」から新・ヌーディカバーファンデーションが登場します。光のように自然なツヤ感で肌になじみ、女性を輝かせる進化したヌーディカバーが特徴。2月16日より発売開始です。


バレンタイン限定品。ショコラのように、甘くとろける浄化メイク

バレンタイン限定品。ショコラのように、甘くとろける浄化メイク

ルナソルから、ショコラのように、甘くとろける浄化メイクのご提案。バレンタイン限定カラー「LUNASOL 2018 VALENTINE COLLECTION」が登場しました。上質なショコラをイメージしたアイシャドウとリップはいずれも、ビタースウィートな香り付き。バレンタイン限定のコレクションをぜひお楽しみください。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


おっぱい