南アルプス「水の山」を堪能する、大人女子1泊2日の過ごし方

南アルプス「水の山」を堪能する、大人女子1泊2日の過ごし方

名水を支える山梨県北杜市の豊かな自然環境・通称「水の山」の魅力を、ツアーに参加した旅行部の山口さんがレポート。かき氷はもちろん、蕎麦、ワイン、日本酒など、名水の恩恵を受けたグルメの数々は必見です。


南アルプスの自然の恵み。それは人々の生活になくてはならないものであり、そしてそのおいしい水から生まれた食やお酒や野菜や果物達は私達を幸せにしてくれます。そんな自然の恵みに感謝しながら、水の山を学び、水の山を味わう1泊2日大人女子の旅、スタートです。

水に感謝! 土日限定「水信玄餅」を食べるべし

山梨県北杜市。豊かな自然に囲まれたこの場所は名水百選を3箇所も所有する全国唯一の都市。名水スポットもたくさんあるのですが、まずはちょっと休憩。「限定」に弱い大人女子には「金精軒」の土日数量限定の「水信玄餅」をおすすめしたい。

すでに話題になっていることもあり、毎週土日は多くの人々がこの水信玄餅を求めてやってくるそうです。透き通り、ぷるんとした水信玄餅は、あっさり、さっぱりとしています。甲斐駒の伏流水を使用し、きな粉は近くの畑で収穫した青大豆を自社工場でつくったもの。おいしいお水だからこそできる、見た目にも美しい和菓子です。

工場見学で水の山を学ぶべし

サントリー天然水白州工場へ。工場見学では南アルプスの山々の歴史、2014年6月にユネスコパークに選ばれたこと、南アルプスの山々に降った雨や雪が、約20年もの歳月を経ておいしい天然水となるということなどを映像やパンフレットなどとともにわかりやすく解説してくれます。

又、工場見学用に準備されたリチウムイオン電池搭載の電気バス等、環境に配慮した取り組みも積極的に行われています。

ワインリゾート、星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳に宿泊するべし

八ヶ岳の恵まれた自然が生み出す野菜やワインを存分に堪能できる 星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳。優雅な雰囲気のリストランテ、OTTO SETTE(オットセッテ)では、野菜とワインのマリアージュディナー「Vino e Verdura(ヴィノ・エ・ヴェルドゥーラ)」をいただき、まさに至福の時間。旬の野菜を使った一皿ごとに、野菜と同じ土地で育まれたワインをペアリング。

YATSUGATAKE Wine house では山梨・長野のワインをテイスティング。味わってお気に入りが見つかったら購入もできるワインショップです。サーバーからグラスに注ぎ、カウンター席でちょっとしたおつまみと共にじっくりとお気に入りのワインを見つける過ごし方も魅力的。

ワインスイートルームもあります。露天風呂付きのお部屋でワインセラーにはソムリエセレクトワインが4本。グラスも豊富に準備されており、ディナー後にはチーズとナッツの盛り合わせと共に、ソムリエがお客様に合わせて選ぶワイン1本がとことんワインとともに時間を過ごせる贅沢な空間。

この他ワイン醸造用葡萄の搾り粕を使ったスパトリートメント「VINO SPA®(ヴィノ・スパ)」にも注目。赤ワインのフットバスで香りを楽しんだあと、ワイン醸造過程で発生する澱や皮や種を配合したスクラブも使用するなど、ワインをとことん楽しみ尽くすことができるリゾナーレ八ヶ岳で心も体もリラックス。

トレッキングで山の水に触れてみるべし

2日目は朝食のあと、尾白川渓谷でトレッキング。ガイドさんに説明してもらいながら竹宇駒ヶ岳神社を通り、吊り橋を渡り、エメラルド色の千ヶ淵にたどりつくコース。

多少歩きにくい場所もありましたが、スリリングな吊り橋は景色が抜群。目的地である千ヶ淵の美しい水のせせらぎが疲れを癒してくれます。この水こそが、南アルプスの山の水。

天然水のかき氷やお蕎麦をいただくべし

トレッキングで軽く運動をしたあとは、森に囲まれながら天然水のかき氷を。7月16日より期間限定で4店舗で販売されます。かき氷に使われているイチゴやミルクも全て山梨県産。南アルプスの天然水を凍らせて作ったかき氷はふわふわで柔らかい。まるで天使の羽根のようなやさしい食感に思わず顔もほころびます。

お水がおいしい所はお蕎麦もおいしい。ランチはお蕎麦屋さんで決まり。地元の方々も通う人気のお蕎麦屋さん「月舎(つきや)」で野菜天ざるを味わいました。サクサクに揚がった野菜は地物です。

「七賢」江戸時代から続く酒蔵で利き酒するべし

300年もの歴史がある、古くから人々に愛され続けている日本酒「七賢」。南アルプスの水の良さに惚れ込み、ここで酒造りをしようと初代が決めたそうです。積極的に山梨県産の米を使用しており、スパークリング日本酒をはじめ限定酒も販売。日本酒だけにとどまらず、塩麹や酢なども販売しており、試飲できるカウンターバーで利き酒を楽しんでみるのも大人女子ならではの楽しみ方。

水が大きく人々の生活にかかわり、人々の生活を豊かにしているということをあらためて実感できた1泊2日。学んで遊んで体験する。そんな「水の山」の旅、この夏おすすめです。

北杜市南アルプス「水の山」ウィーク公式ページ
http://www.mizunoyama.com/week2016/
南アルプス「水の山」ツアーも募集中です!

この記事のライター

関連する投稿


ピンク色に染まる春の月を楽しむ。星野リゾートの「ロマンティック ロゼステイ」プラン

ピンク色に染まる春の月を楽しむ。星野リゾートの「ロマンティック ロゼステイ」プラン

「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」では、ピンク色に染まる春の月を楽しめる宿泊プラン「ロマンティック ロゼステイ」を3月1日より販売決定。氷を浮かべる 「ロゼムーンのルームサービス」やピンクの野菜を合わせる「ピンクのマリアージュディナー」など、山梨県・長野県のロゼワインをロマンティックに味わえます。


【DRESS部活】第2回DRESSマネー部「人生の見通しセミナー」を開催しました

【DRESS部活】第2回DRESSマネー部「人生の見通しセミナー」を開催しました

DRESSマネー部第2回目となる「人生の見通しセミナー」を1月25日に開催しました。今回は東京スター銀行とのコラボレーション企画。東京スター銀行がDRESSマネー部のために、女性対象にアレンジしたレクチャーとなりました。


泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」5店舗目が新宿に18年春オープン

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」5店舗目が新宿に18年春オープン

2015年11月に池袋にOPENした、泊まれる本屋がコンセプトの宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」新宿店が、新宿コマ劇前広場に2018年春オープン。「寝る瞬間」に至福の体験を用意するホステルです。


幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

日本国内だけでなく、外国人観光客からも多くの支持を集める京都。そんな京都には悠久の時を超え、今も残る寺社や、晴れやかな気持ちになる雅な美食まで、パワーをもらえるスポットがたくさん。今回は新春におすすめな、開運京都旅のモデルプランをご紹介いたします。


【マネー部】2018年は「貯まる」女になる!DRESSマネー部第1回部活開催

【マネー部】2018年は「貯まる」女になる!DRESSマネー部第1回部活開催

DRESS部活に「マネー部」が誕生しました。記念すべき第1回目は、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんが「自分に合ったお金との付き合い方」をレクチャー。当日のセミナーの様子をレポートします。


最新の投稿


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSのコラムニスト中野ゆうこさんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

語学留学先として近年注目されるセブ島。13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、数ある学校の中から実際の体験によって選び抜いた「”本当に使える英語"が身につく語学学校ベスト13校」を紹介した『セブ島英語留学完全ガイド』から、セブ島での語学留学の魅力をお伝えします。


「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

仕事やプライベートで、「なんでわかってくれないの?」「私言ったのに!」ということはよくあることだと思います。最近、周りにわかってくれない人が増えてきた、という方。果たして、悪いのはわかってくれない相手なのでしょうか? それとも……?


日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

朝晩のスキンケアでしっかり保湿しているつもりでも、日中に乾燥した室内で過ごしたり、保湿をしないでいると、肌からうるおいが失われていきます。だからこそ日中もこまめに「プチ」保湿を。おすすめはミスト化粧水よりも乳液!? その理由と使い方や得られるメリットをご紹介します。