1. DRESS [ドレス]トップ
  2. NEWS
  3. ラボ生まれのダイヤモンドを用いたジュエリーブランド「SHINCA」がデビュー

ラボ生まれのダイヤモンドを用いたジュエリーブランド「SHINCA」がデビュー

Share

宝飾品の製販一貫企業である株式会社今与は、ラボ・グロウン ダイヤモンドのジュエリー、SHINCA[シンカ]を10月より販売開始しました。

ラボ生まれのダイヤモンドを用いたジュエリーブランド「SHINCA」がデビュー

「SHINCA」は、天然ダイヤモンドとまったく同じ成分・特徴を持ち、ラボ(研究室)で産まれたラボ・グロウン ダイヤモンドのジュエリーです。

この新しいダイヤモンドは、そのピュアな美しさと高い品質、日常づかいできる気軽さから、アメリカですでに大きな注目を集めています。

「SHINCA」では大粒のかがやきを引き立たせる、独自のセッティングを用いた、シンプルなデザインのジュエリーを展開。オンラインショップにて販売し、この新しいかがやきを手軽に楽しんでいただけます。

■シンカの概要

名称   : SHINCA[シンカ]
販売開始日: 2018年10月1日
販売価格 : 54,000円(税抜)~
アイテム : リング、ネックレス、ピアス 各7型
取扱い店舗: SHINCAオンラインショップ、IMAYO京都御池店

■Lab-Grown Diamond(ラボ・グロウン ダイヤモンド)の特徴

・本物の輝き
ラボ・グロウン ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドとは生み出される環境が違うだけで、完全に同じ成分・特徴を持っており、キュービックジルコニアなどの模造石・類似石とはまったく異なります。

最先端の研究・製造拠点であるラボにて、完全にコントロールされた環境下で結晶化し、高い透明度を誇るダイヤモンドとなります。つまり地上において、本物の輝きの再現が可能になったのです。

・完全なトレーサビリティ
天然ダイヤモンドは採掘から販売までの間に多くの過程、国を経るため原産地がどこの鉱山かを知るのは、なかなか難しいのが現状です。

その点ラボ・グロウン ダイヤモンドは、原産地であるラボからお客様に届くまでのルートを、たやすくたどることができます。

・未来に向けたサスティナビリティ
ラボ・グロウン ダイヤモンドの生成過程は地球環境に優しく、社会との調和性にも優れています。そして、次世代のために安定して供給できるサスティナブルな生成方法なので、未来の発展にも寄与していきます。

(お問い合わせ先)
今与公式HP お問い合わせ

Share

DRESS NEWS

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウント。ニュース記事を配信します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article