ブルガリの新作「セルペンティ ヴァイパー リング」は毒っぽくて美しい

ブルガリの新作「セルペンティ ヴァイパー リング」は毒っぽくて美しい

ブルガリより新コレクション「セルペンティ ヴァイパー リング」が誕生。


古代ギリシャ・ローマ時代より「永遠」や「英知」のシンボルとして、人々を魅了してきた蛇をモチーフとするブルガリの「セルペンティ」より、新たなリングコレクションが登場します。

1940年代に誕生したブルガリのアイコン「セルペンティ(イタリア語で蛇の意)」は、類稀な蛇のデザインをリニューアルし続けてきました。

ブルガリの卓越したクラフツマンシップが生みだすしなやかなつけ心地、大胆な素材の組み合わせ、モダンなテクニック、巧みな色の表現は、いつの時代も、ブルガリを愛する世界中の人々を魅了します。

2017年5月、歴史上最も神話的な動物として人々に恐れ敬われたヴァイパーの、官能性やカラーにインスパイアされた「セルペンティ ヴァイパー リング」が新たにコレクションに加わります。

上質な素材がしなやかに配されたジュエリーセッティングは、身をくねらせて這う蛇の姿を連想させ、とぐろを巻くヴァイパーの三角形の頭部を思わせるリングのモチーフが、無限を表現する幾何学的なデザインで指先に華を添えます。

永遠の都ローマに誕生し、生粋のローマ人の陽気さをたずさえるブルガリが生み出す「セルペンティ ヴァイパー リング」は、ヴァイパーのどこか毒のある美しさを描き、ダイヤモンドとハードストーンの大胆なコンビネーションにより、纏うすべての女性の心をとらえることでしょう。

<セルペンティ ヴァイパー リングの一例>

PGxダイヤモンド
25万5000円(税抜/本体価格)

PGxDIA
37万円(税抜/本体価格)

WGxグレーマザーオブパールxDIA
46万5000円(税抜/本体価格)

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。