DRESS編集部 さんが 2016/12/30 に更新
「SHISEIDO」、7つの色と光の力で肌を輝かせるコンパクトパウダー 2017年1月1日発売

「SHISEIDO」、7つの色と光の力で肌を輝かせるコンパクトパウダー 2017年1月1日発売

~1917年発売「七色粉白粉」が現代女性向けに進化、複製版も数量限定発売~


資生堂 7ライト パウダーイルミネーター

資生堂は、「SHISEIDO」より、7つの色と光の力で肌を輝かせ、朝いちばんの肌のようなフレッシュな透明感を生み出す「資生堂 7ライト パウダーイルミネーター」を2017年1月1日(日)より、世界各国で順次発売。国内では全国のデパート約220店と資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」で販売。

「資生堂 7ライト パウダーイルミネーター」は、「七色粉白粉」を、現代女性の肌やライフスタイルに合わせて進化させた7色のコンパクトパウダー。フェースパウダーとして、また、チークやアイカラーとしても使用でき、肌に透明感、血色感、立体感を与えます。
<商品名>資生堂 7ライト パウダーイルミネーター
<分類>フェースパウダー
<容量>10g
<希望小売価格>5,800円(税込6,264円)

発売背景

「SHISEIDO」は、2017年春夏、「素肌の美しさ」をテーマとしたキャンペーンを展開。「資生堂 7ライト パウダーイルミネーター」は、7つの色と光の力によって、朝いちばんの肌のようなフレッシュな透明感を生み出すコンパクトパウダーです。「SHISEIDO」メーキャップのアーティスティックディレクターであるディック・ページが、100年前の1917年に発売した「資生堂 七色粉白粉」の7色を再解釈し、現代女性の肌やニーズに合わせてつくりあげました。

商品特長

リリー・ピオニー・ラベンダー・プリムラ・ハニー・ピーチ・キャラメルの「7つの色」を全て混ぜてフェースパウダーに、また、部分使いして、ハイライト・シェーディング・チーク・アイカラーとしても使用できます。さらに、フレッシュ感・ヘルシー感・血色感・輝き感・透明感・うるおい感・ナチュラル感の「7つの光」の効果を生かした粉末「7ライトピグメント」を配合し、素肌以上に透明感ある仕上がりをかなえます。

資生堂 七色粉白粉 百周年記念複製版 【数量限定発売】

00年前から個々の美を尊重してきた証である
「七色粉白粉」を現代に再現。
あなたの個性を輝かせるルースパウダー。

○1917年発売の「七色粉白粉」の7色を再現しながら、粉末は現代女性の肌に合わせて進化。肌色に合わせて、またのぞむ仕上がりに合わせ、7色を自由自在に組み合わせて使えます。

<商品名>資生堂 七色粉白粉 百周年記念複製版 【数量限定発売】
<分類>おしろい
<容量>3g×7
<希望小売価格>20,000円(税込21,600円)

問い合わせ先:資生堂インターナショナル フリーダイヤル0120-81-4710

最新の投稿


おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

おしゃれな人は自分に似合う服をわかっている。だから、若く見えたり素敵に見られたりする。若く見られたいから、といって若作りをするのはやめよう。まずは、クローゼットに着ると気分が上がる服を揃えよう。


「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

昨日と今日で考えていることが変わるのが人間。でも、SNSに縛られて「自分のキャラがブレていないか」「設定から逸脱していないか」と、疲れている人も少なくない。でも、とっ散らかって気まぐれなのが私たち。それでいいんじゃないか。


ビルボードライブ東京/大阪ジョディ・ワトリー公演にご招待します!

ビルボードライブ東京/大阪ジョディ・ワトリー公演にご招待します!

シャラマーのメイン・ヴォーカルであり進化を続けるダンス・クイーン、ジョディ・ワトリーが冬のビルボードライブに登場!


さっぽろ雪まつりに、モエ・エ・シャンドン “MOËT ICE LOUNGE”がオープン!

さっぽろ雪まつりに、モエ・エ・シャンドン “MOËT ICE LOUNGE”がオープン!

こちらのラウンジを体験、Project DRESS WEBサイトでレポートしていただけるDRESS部員の方を大募集!


日本酒検定って?過去の問題や難易度をご紹介

日本酒検定って?過去の問題や難易度をご紹介

日本酒検定をご存知ですか?日本酒検定とは日本酒についての知識を広め、もっと日本酒に親しみ楽しむ機会を増やすことを目的に実施される検定。日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主催していて、20歳以上であれば誰でも受験できる検定です。 今回はその過去の問題の事例や合格率・難易度についてみていきます。