おうち服あるある

Share

できれば家でも可愛い服を着ていたいけれど、実際はそうもいかないものです。どうにも埋めようがない、部屋着の理想と現実……。おうち服あるある。

おうち服あるある

■憧れと現実

憧れだったパーカ×ショートパンツのモコモコルームウェアを購入。
実際使ってみると短パンは実用性に乏しく、ボトムには使い慣れたスウェットを合わせがち。

■体が嫌だと言っている

かわいいモコモコのやつを着て寝るけれど、朝になるとだいたい脱いでしまっていることが多い。

■訳アリおうち服

使い倒したスウェットの肌馴染みの良さが病みつきに。

全身毛玉だらけ&襟元がでろんでろんしているから、宅配の人が来たら、ちょっとマシなのに着替える。

■自分が思う以上に無精者

春になったのを機に、ルームウェアとパジャマを購入。

だんだん着替えが面倒になり、1ヶ月もしないうちにパジャマの出番が激減。
新品同様。

■「可愛い」は二の次

女子力を重視して、手の甲が半分くらい隠れる、袖丈長めのおうち服を購入。

袖口が汚れやすいし、何をするにも邪魔になるしで、がっつり腕まくりするのがデフォに。

Share

鈴木一禾

ライター、編集者。相撲とロマコメ、フランス近代音楽が好き。

Latest Article