1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 女性の胸をストレスフリーに!All For Meのブラは“いまの姿”を美しく魅せる

女性の胸をストレスフリーに!All For Meのブラは“いまの姿”を美しく魅せる

Share

カップやアンダーのサイズはもちろん、多彩な色・柄の中から好みのデザインをチョイスできる「All For Me」のブラジャー。女性の悩みに応え、メイドインジャパンの品質の高さにこだわったセミオーダーブラは、どのようにして生まれたのでしょうか。商品を開発した松田弥生さんにお話を伺います。

女性の胸をストレスフリーに!All For Meのブラは“いまの姿”を美しく魅せる

■「自分の胸が好きになれない」ストレスを解消したい

セミオーダーブラジャーのブランド「All For Me(オールフォーミィ)」。その特徴としてまず驚くのが、豊富なサイズ展開と自由度の高いデザイン性です。サイズはAAA~Jカップ、アンダー60~100と、さまざまな女性の体型に合うよう設計され、カップやストラップの形、ベースの色・柄やレースなどの組み合わせは何百万通りにも及びます。事業マネージャーを務める松田弥生さんは、「女性がストレスを感じずにブラジャーを身に着けられるように」と、そのブランドコンセプトを語ります。

「市販のブラでは自分に合うサイズのものがない、サイズが合っても自分の好きなデザインがないことってありますよね。そうすると『胸が小さければよかった』『大きければよかった』と、自分の胸が好きになれない要因になってしまう。着け心地という意味でのストレスはもちろん、そうした精神的なストレスも解消してあげたくて、全サイズ平等に色・柄が選べるようにしました」

カップの形は2種類を用意。ベーシックな「for Curve」はニットやTシャツなど曲線的なライン、脇のお肉を抑える「for Sharpe」はシャツやジャケットなど直線的なラインが出る服をそれぞれ意識しています。通販商品にも関わらず、すべてのサイズが無料で試着できるのも魅力。希望のサイズを3つまで選ぶと試着用ブラが自宅に届けられ、着け心地をじっくり試すことができます。

■クローゼットが黒とベージュのブラジャーで埋まった時期も

DRESS世代をはじめ、多くの女性に支持されているオールフォーミィのブラジャー。松田さんが文字通り“女性の肌に寄り添う”ブラの開発に至ったのは、ご自身の抱えていた「胸が大きい」というコンプレックスに端を発しています。どこのメーカーに行っても「あなたのサイズだと黒かベージュしかない」と言われ続け、クローゼットがその2色で埋まってしまった時期もあったのだとか。

自分に合うブラジャーを見つけられないまま過ごしていた松田さんでしたが、学生時代に女性の先輩から「ブラジャー何着けてるの? 絶対変だよ!」と言われ、下着屋に連れていかれます。そこで初めて自分の胸のサイズを計測してもらうことに。

「サイズの合うブラジャーを着けたことで、すごく楽になったんです。今まで自分の大きい胸を抑えたい、なくしたいって思っていたのに、肩が軽くなって洋服もこんなにきれいに着られるなんて! その瞬間がブレイクスルーになりました」

■作る人も着る人もハッピーになるものづくりを

とはいえ、すぐに「ブラジャーを作ろう」とは思っていなかった松田さん。大学卒業後はアパレル業界を転々とし、洋服やバックなどの製作に携わります。そんな中で「セミオーダーブラジャーの事業を立ち上げたい、一緒にやらないか」ととある人に誘われ、下着へのこだわりが強くなっていた松田さんは快諾しました。

「実家が縫製工場を営んでいて、小さいころからミシンや生地に囲まれて育ちました。だから『ものづくりをしたい』という気持ちはずっとありましたね。お客さまに喜んでもらえて、工場も『作った甲斐があるね』と喜んでくれる。作る人も着る人もハッピーにしたいという気持ちは常にありました。アパレルの経験はあっても、下着は未経験。作り方も洋服とは全然違うので、素人同然のスタートでした」

そこからはまず協力してくれる工場探しに奔走します。下着メーカーではない松田さんたちの新規参入の道は険しく、最初はどの工場に依頼しても断られてしまいました。その都度「どうしてもこういうサービスがしたいんです」と頼み込み、ようやく富山県の工場の協力を得ることができ、生産のフォーマットが固まりました。

現在も資材のほとんどを国内から仕入れ、工場では職人さんが一つひとつ丁寧に作り上げています。デザインは30~40代の女性の意見を取り入れながら改良を重ねて、現在の豊富なラインナップを確立。その品質は高く、これまで返品につながるクレームはほとんどないそうです。

■ブラジャーをきちんと着ければ、いまを美しく生きられる

今年7月には南青山にサロンのオープンも控えています。現在はクラウドファウンディングの「Makuake」で、フィッティングサロンオープンに向けての出資を募集中(6月27日まで)。当初の目標金額だった50万円はすぐに到達、現在も支援が増え続けています。

サロンは1組(1~2名。3名以上は要相談)60分の完全予約制で、料金は無料。カウンセリング後、サンプルのブラジャーを使って試着し、松田さんがフィッターとして正しい着用方法をレクチャーします。もちろんその場で商品をオーダーすることもできますが、「サロンの一番の目的は販売ではない」と松田さんは言います。

「一番の目的は、お客さまの胸やブラジャーに関する悩みを少しでも解消していただくこと。ブラジャーって正しい着用法をきちんと教わることがほとんどないと思うので、『正しいサイズで正しく着ければ快適に過ごせる』ということをきちんと伝えたいです。ご希望の方には商品の説明もさせてもらいますが、無理に購入は勧めません。まずは胸に興味を持ってもらう、ブラのことを知ってもらうためのサロンとして、気軽にお越しいただきたいです」

今後はルームウェアなどの新しい商品の開発や、さまざまな企業やアーティストとのコラボレーションなど、BtoBも視野に入れているそう。商品開発をはじめ多くの業務を一人でこなさなければいけませんが、「大変だし責任も大きいけど、とにかく楽しい」と松田さんは目を輝かせます。

「私もDRESS世代だからわかるのですが、30代や40代になると、女性は体の変化をひしひしと感じると思うんです。時間を戻すことはできないけど、いまを一番美しく生きるというのは本当に素敵なこと。いまの美しさをそのままキープするためにも、お気に入りのブラをきちんとつけて、快適に過ごしてほしいなと思います」

Text/Photo=芳賀直美

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

Latest Article