1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 自分史上最高のおっぱいの作り方~ブラデリスニューヨーク×DRESSランジェリー部コラボイベント〜

ファッション

PR:ゴールドフラッグ株式会社

自分史上最高のおっぱいの作り方~ブラデリスニューヨーク×DRESSランジェリー部コラボイベント〜

Share

DRESSランジェリー部で12月14日(土)に開催した、ブラデリスニューヨークとのコラボ企画「自分史上最高のおっぱいの作り方」のイベントレポートをお届けします。

自分史上最高のおっぱいの作り方~ブラデリスニューヨーク×DRESSランジェリー部コラボイベント〜

たった2週間で美胸を叶える“乳トレ”が話題となり、別名「おっぱい番長」として活躍中の朝井麗華さん、そして30年間でフィッティングした女性の数は10万人以上、「ブラデリスニューヨーク」カリスマフィッター・呉城秋実さんとによるトークイベント。

今回のトークテーマは「自分史上最高のおっぱいの作り方」。

おっぱいのプロたちによる、「自分史上最高のおっぱいとは何か」や「どうしたら手に入るのか」などポイントをレクチャーしていただきました。

■ブラジャーの選び方やフィッティング方法は大丈夫なのかをチェック

事前にイベント参加者たちから募ったアンケートの中には、「ブラジャーのサイズが自分に合っているのかがわらない」や「ブラからはみ出る脇の肉が気になる」という悩みが多くありました。

また、一般的に補整ブラに対するイメージは「きつい」「苦しい」といった意見もあり、自分たちのブラジャー選びに対して悩んでいる方が多数いることがわかります。

呉城さんには快適な着け心地と本来の美しさを引き出すブラデリス独自の補整ブラについてや、ブラジャーの選び方、フィッティングが大切な理由について教えていただきました。

個々の胸の状態に合わせたブラを選ぶ

ブラデリスのブラは3ステップ(ステップ1「集める」、ステップ2「寄せる」、ステップ3「持ち上げる」)で構成されていて、フィッターがサイズだけでなく、その人の胸の状態に合うものを選びます。

サイズが同じでも、肉質や年齢が違えば同じブラでは合わない場合もあります。店頭でプロのフィッターにお悩みなども聞いてもらいながらブラを選んでもらいましょう。自分に合ったブラを探すためには店頭でフィッティングをしてもらうことが大切です。

ワイヤー入りブラとノンワイヤー入りブラをTPOに合わせて併用のすすめ

イベント当日、呉城さんが着用していたブラはブラデリスミーというブラデリスが作ったノンワイヤーブラ。ワイヤーは入っていないけれど、集めた胸をしっかりとキープしてくれるという優れもの。

ワイヤー入りのブラを使うことは基本ですが、出張や旅行などの日や体調がすぐれない日には、着け心地がより軽やかなノンワイヤーブラを使うなどして併用するのもおすすめです。

■当選した参加者2名にカリスマフィッター呉城さんによる特別フィッティング体験

参加者からカリスマフィッター呉城さんによるブラジャーフィッティング体験にご協力いただいた参加者2名。

ブラデリスのブラを着用する前後でバストの形の違いをその場で見せていただきました。ノンワイヤーブラジャーを体験された河野さんは「ノンワイヤーブラジャーで着け心地がとても軽いのに、胸の高さもかなり上がっている!」と驚いていました。

ワイヤー入りのブラジャーを体験した佐々木さん。実はブラデリスのブラジャーは初体験。胸の高さが上がっただけでなく胴回りもスッキリし、参加者のみなさんも驚いていました。

ブラデリスのブラは補整力を最大限に生かすために、店頭での購入時にはセルフフィッティング法も丁寧に教えてくれます。美しい胸を作るにはブラジャーのサイズ選びと正しいフィッティングは必ずセットで行うことが大切です。

■朝井麗華さんによるバストケア

朝井さんからはイメージコントロールの大切さについて教えていただきました。

自分がたくさんのストレスを抱えていたり、嫌だと思うことをし続けていると、知らず知らずのうちに筋肉が固まって、身体が硬くなってしまうとのこと。

参加者全員で実際に体験

下着選びも同様に身体に影響を与える可能性があります。誰にも見せられないような古い下着やいい加減に選んだ下着を毎日着ける人と、心が弾むようなお気に入りの下着を毎日身につける人とでは大きく心身に与える変化は違ってきます。

下着を選ぶときは直接肌に身につけるものだからこそ、サイズはもちろん、色やデザインなど「これだ!」と思うものを選びましょう。また、なりたい自分を思い描いて選ぶことで自分の自信にも繋がっていきます。

また、現代病のひとつに「巻き肩」と言われるものがあり、この症状が出ている人が多くいるそうです。巻き肩とはスマホなどを長時間使用することで、両肩が胸よりも前に出てきてしまう状態を指します。

肩こりの原因になったり姿勢が悪く見えたりするだけでなく、バストの下垂などにもつながる恐れがあります。

ここでは「巻き肩」を簡単に改善するストレッチを全員で実践。片腕ずつストレッチを行ったのですが、ストレッチをするとバストの位置がすぐ上がり、驚きの声があがりました。

■DRESSランジェリー部のために用意されたじゃんけん大会でブラジャープレゼント!

当日、サプライズでDRESSランジェリー部員のためにブラデリスさんからブラデリスミーのブラジャーを2名にプレゼントしていただきました。

呉城さんとのじゃんけんに買った2名の参加者はイベント終了後、呉城さんのフィッティング体験付きでご自分に合ったブラをお持ち帰りいただきました。

■参加者からの感想

今回参加いただいた皆さんからたくさんの嬉しい感想をいただきました。(以下、一部抜粋)

・美バストへのメソッドがたくさん聞けて有意義な時間でした。

・ブラデリスはデザインが綺麗だし、バストをきれいにキープすることができそうなので購入したいと思います。

・自分のバストの変化も見てみたいので、フィッティングしていただきたいです!

・ブラの選び方や朝井さんの簡単なエクササイズなどを持ち帰れてとても充実した内容で満足しました。

・すごく勉強になり、お土産もたくさんで嬉しいです!

・フィッティングしていただき、今までの自分のブラの選び方や着け方の概念が覆りました。早速、選んでいただいた商品を当日購入し愛用しています。

■「自分に合った下着を選ぶこと」と「土台となる体を整えること」

今回のイベントでは朝井さんによる美しいバストを作るための土台となる体を整えることと、呉城さんによるブラジャー選びとフィッティングの大切さを改めて感じていただけたようです。ブラジャーは毎日着ける物なので自分にぴったりと合うブラジャーをするだけでも胸は確実にキレイに変わっていきます。

「面倒くさいから」「特に興味もないから」という気持ちから、合わないブラを着け続けてしまう方もいるかもしれません。フィッティングに行き、着け方を教えてもらうだけでも大きな変化があるかと思いますので、ぜひプロフェッショナルの力に頼ってみてください。

今回の登壇者である朝井麗華さんと呉城秋実さんの対談記事はこちらからもご覧になれます。

これからの女性にもっと“ご自愛”を。いい下着を選んで身体を整えれば、私たちはもっと輝ける

■登壇者プロフィール

朝井 麗華(あさい れいか)さん

中国整体の推拿(すいな)のほか、小顔整体や筋膜剥離、アロマセラピーなどなどさまざまな理論を学び、独自のメソッドを確立。たった2週間で美胸を叶える“乳トレ”が話題となり、別名「おっぱい番長」としてテレビや雑誌などメディアで活躍中。『病気がいやならわきの下をもみなさい』『DVDbookおっぱい番長の乳トレ 日本一の美乳教室』など書籍も多い。


呉城 秋実(くれしろ あきみ)さん

日本で10年ほどボディフィッターを経験したのち、「ブラデリスニューヨーク」の立ち上げを機にニューヨークへ。30年以上のキャリアでフィッティングした女性の数は10万人以上。22年間のニューヨーク生活を経て帰国し、現在は各種メディアに出演して、フィッティングやブラジャー選びの大切さなどを伝える。

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。