1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. ハリとうるおいを取り戻す「お肌の菌活」ケアに注目

美容/健康

PR:株式会社ディノス・セシール

ハリとうるおいを取り戻す「お肌の菌活」ケアに注目

Share

「急に肌が乾燥しやすくなった」「いつものスキンケアなのにピリピリする」「最近肌がどんよりとして、ハリがない気がする」——こんな違和感をおぼえることはありませんか? 普段どおりに過ごしているだけなのに、突然肌の調子が悪くなってしまうのは“肌のゆらぎ”のせいかもしれません。

ハリとうるおいを取り戻す「お肌の菌活」ケアに注目

■美肌に欠かせない“肌免疫”

日焼けや乾燥、大気汚染、加齢によるホルモンバランスの乱れによっても引き起こされる肌のゆらぎは、肌の免疫力が低下してしまっている状態です。

肌免疫は、肌内部の老廃物の除去、傷ついた細胞の修復、新しい細胞の増殖などを促してくれる、美肌には欠かせない大切な機能。この働きによって肌は常に生まれ変わり続け、エイジングの症状をケアすることができます。

一方、肌免疫力の低下した肌はダメージを受けやすく、乾燥やエイジングがさらに進んでいく恐れも。そのため肌のゆらぎを感じたときには、早めに対策を打つことが重要です。

なかでも春は、花粉や空気の乾燥によって肌がゆらぎやすくなる要注意な季節。

実際にDRESSが20〜60代の女性に対して行った「肌トラブルに関するアンケート調査」(※)でも、実に92%の女性が「毎年冬から春にかけて、肌のゆらぎが気になる」と回答しています。

毎年冬から春にかけて、肌のゆらぎが気になりますか?

(※)DRESSが実施した「肌トラブルに関するアンケート調査」より

■肌のゆらぎはエイジング症状を加速させる

アンケートで「肌のゆらぎが気になる」と答えた人の具体的なお悩みを見ていくと、なかでも多かったのが「朝しっかりスキンケアをしても、お昼にはカサカサ」(jejunonさん)など、たっぷり保湿しているのに乾燥してしまうという症状でした。

ゆらぎ肌は普段よりもずっと乾きやすく不安定な状態のため、今までどおりのスキンケアでは保湿力が足りなくなっているのでしょう。いくら塗っても乾いてしまうひどい乾燥を感じたときには、高保湿・低刺激なスキンケアに切り替えるのが回復への近道です。

また、「目のまわりや口元がカサカサしたり、痛がゆくなったりして焦ります」(sachiさん)などのケースも。そんなとき=肌本来のバリア機能が低下して、外的刺激から肌を守る力が弱くなっているため、スキンケアの最後に重めのクリームやワセリンを重ね、バリア機能を補ってあげるのがおすすめです。

他にも、「肌のコンディションが悪く、くすんでみえる」(naho nahoさん)など、くすみやシミが気になるというお悩みも。可能であればピーリングなどでターンオーバーを促したいところですが、乾燥がひどい場合や肌本来のバリア機能が低下している場合はNG。まずは肌をケアすることに専念しましょう。

なかには、肌のゆらぎによってハリ・弾力不足などが現れ、「いつもよりほうれい線が気になる。夕方になって濃くなったほうれい線を見た子どもに、『お母さん、口の横に何か書いてあるよ』と言われた」(まいさん)のように、ショッキングな体験をされた方も!

実際、年齢とともに肌免疫も低下しやすくなることがわかっており、35歳頃を境に肌のゆらぎを感じ始める人が多いようです。

ゆらぎ肌が気になり始めたのは何歳頃からですか?

(※)DRESSが実施した「肌トラブルに関するアンケート調査」より

季節や体調の変化に肌コンディションが左右されやすい大人の女性は、体の免疫だけでなく肌免疫にもアプローチすることが美しい素肌への近道です。

肌の免疫バランスを整えることで、乾燥やくすみ、ハリ不足にもなりにくい、美肌の土台をサポートすることができるのです。

■大人女性の肌を弾力肌へ導く“パントエア菌LPS”

肌免疫を高めれば大人女性の肌悩みをサポートできることはわかりましたが、では一体どうすれば免疫力をUPさせられるのでしょうか。

免疫に注目した美容法にもさまざまなものがありますが、なかでも大人の女性におすすめなのが「パントエア菌LPS」を配合した化粧品です。

東京大学の名誉教授も参加する専門チームが、30年以上も研究し続けているパントエア菌LPS。

長年の研究により、肌免疫のサポートを通してハリ、くすみ、敏感、乾燥などの肌状態にアプローチしてくれることがわかっており、大人のゆらぎ肌におすすめの成分です。



パントエア菌LPSの効果

【ハリ・弾力への効果】肌細胞を活性化し、ハリ・弾力のもとであるコラーゲンやエラスチンを増やす

【くすみへの効果】肌の新陳代謝を促し、みずみずしくクリアな肌をつくる

【敏感症状への効果】肌のバリア機能が低下、アレルギーを引き起こす環境を正常に整える。肌免疫への効果が高く低刺激

【乾燥・整肌への効果】通常の美容成分では届きにくい肌の内部にも、ランゲルハンス細胞を通すことで働きかけることが可能

発酵食品を積極的に摂る菌活は有名ですが、「お肌の菌活」を取り入れることで、効果的に肌の弾力や透明感を取り戻せるというわけです。

■「お肌の菌活」は手軽なイミニリペアセラムがおすすめ

パントエア菌LPS配合のコスメといえば、「イミニリペアセラム」がその代表格。年齢とともに減少するコラーゲン、エラスチンなどをサポートし、ハリのある弾力肌に導くオールインワン美容乳液です。

敏感肌でのパッチテスト済みなうえ、アルコールや防腐剤などの他、シリコンさえも無添加なので、肌のゆらいでいるときはもちろん、もともと肌の弱い人でも安心です。

1本13役のオールインワンタイプという手軽さにもかかわらず、パントエア菌LPSの持つハリや弾力、うるおい、透明感への効果に加え、乾燥小じわを目立たなくする効能評価試験もクリアしているというから驚きです。

普段のケアなら、洗顔後すぐの肌に2プッシュほどをなじませるだけでOK。肌なじみの良いテクスチャーの美容乳液が、すっと心地よく広がってくれます。寒い季節は手のひらで温めながら塗布すると、よりもっちりします。

また、少量をとって日中のメイクの上から使うのにもおすすめ。伸びがよく肌なじみが早いので、メイクの邪魔をせずにしっかりと保湿することができます。

まずはこんな手軽なアイテムでお肌の菌活に挑戦し、今年こそはゆらぎに悩まない、うるおってハリのある素肌を目指すのはいかがでしょうか。

パントエア菌LPSを高濃度配合した、オールインワン美容乳液「イミニリペアセラム」

https://www.imini.jp/shop/a/ai_dressweb1902/

四半世紀にわたって続く研究成果が皮膚の年齢サインにアプローチ。肌力を高め、ハリ・弾力肌を実現します。今なら定期初回半額、送料無料。

Text/ふね

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。