人生に関する記事

人生とはその人が生きている間の事で、生まれてから命が尽きるまでの一生の事。人生は一度きりなので、悔いが残らないよう生きていきたいと思います。

人生に関連するキーワード

コンプレックス 女性 幸せ 失敗 女子会 オトナ 男女
>>人生に関連するキーワード一覧

映画『LIFE!』感想。人生を変える、壮大な旅がはじまる!

映画『LIFE!』感想。人生を変える、壮大な旅がはじまる!

この春、新しい自分を見つけてみませんか? ベン・スティーラ監督・主演が描く感動のヒューマン・ドラマ『LIFE!』シネマの時間第4弾は、映画『LIFE!』の魅力と感想をアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


過去を振り返って自信に変えることは、疲れたときの対処法になる

過去を振り返って自信に変えることは、疲れたときの対処法になる

疲れたときの対処法を知りたい人へ――。前を向いて一歩ずつ進みながらがんばっている。そうして未来に向かう途中で「過去」を振り返ってみるのはどうだろう。今の自分がいるのも、明日の自分をつくるのも、これまでの積み重ねだから。がんばるあなたに自信を贈るショートストーリーです。


決められない女にさよならを

決められない女にさよならを

決められない女というのは、“不安”が強い女性、対して強い女というのは、然るべきときに意思決定を下し、次のステップへと跳び箱をポーンと飛んで、抜け出していく女性、とも言い換えられそう。勇気を出して、跳んでみよう。跳べる力はとうについているのだから。


人生好転の秘訣は「受け入れ力」

人生好転の秘訣は「受け入れ力」

人生を好転させる秘訣は受け入れ力を高めること。あなたはいま、どれくらい現状を受け入れることができていますか? あれこれなんとかしたいと思うなら、まずは一息ついて落ち着いて、現状を受け入れるところからスタートしてみましょう。心にゆとりが生まれれば、そこから道は開けていきます。


悲劇のヒロインになりたがる病にかかった人たち

悲劇のヒロインになりたがる病にかかった人たち

不幸自慢をする人は少なくない。人の不幸は蜜の味というけれど、自分の不幸話をするときはなんともいえない快感に襲われる。そんな経験をしたことはないだろうか。不幸な話というのは、本当のところは自分がかわいくて仕方がないときに、ついしてしまうものなのかもしれない。


疲れたときには「甘いもの」に心をゆだねてみる

疲れたときには「甘いもの」に心をゆだねてみる

疲れたときは目の前にある甘いもの、美しいものに、ただただ心をゆだねてみませんか。考えすぎて、悩みすぎて、少しずつ溜まっていく疲れに目が回る……そんな日は未来への不安はいったん置いておいて。がんばるあなたに「ごほうび」を提案するショートストーリーです。


私の人生が好転したきっかけ(5)自分につらい環境を与えるのをやめる

私の人生が好転したきっかけ(5)自分につらい環境を与えるのをやめる

普通の主婦である私の人生が好転したきっかけは、5つの「やめる」を実践したこと。5つめは、実はつらいと感じている環境を、無意識のうちに自分に与えることをやめたこと。自分自身に無理をさせたり、我慢をさせたりすることは決して美徳ではありません。自分を大切に、丁寧に扱うことは人生好転における重要なアクションなのです。


映画『素晴らしきかな、人生』感想。豪華キャストで贈る感動のヒューマンストーリー

映画『素晴らしきかな、人生』感想。豪華キャストで贈る感動のヒューマンストーリー

『プラダを着た悪魔』を手掛けたデヴィット・フランケル監督の最新作『素晴らしきかな、人生』。すべての大人たちに贈る”人生のドン底の乗り越え方”【シネマの時間】第3回目は、『素晴らしきかな、人生』の魅力と感想をアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


人間関係がうまくいく、コミュニケーションの3つのステップ

人間関係がうまくいく、コミュニケーションの3つのステップ

人間関係がうまくいく人は、コミュニケーションの仕方にどんな特徴があるの? ことばデザイナー安憲二郎さんが、オンオフともに使えるコミュニケーションの3つのステップをご紹介します。


「いつまでも女性」があたりまえの国と、女としての寿命が短い国

「いつまでも女性」があたりまえの国と、女としての寿命が短い国

チェコ女性はいつまでも女性である。チェコに住んでそう思います。一方、日本は女としての寿命が短い国であるような気がします。それはもしかしたら子供の頃に植えつけられた固定観念からくるものなのかもしれません。


私の人生が好転したきっかけ(4)不満や否定を共有する人との付き合いをやめる

私の人生が好転したきっかけ(4)不満や否定を共有する人との付き合いをやめる

人生が好転したきっかけは、5つの「やめる」を実践したこと。4つめは、不満や否定など負の思いや感情を共有する人たちとの付き合いをやめたこと。人付き合いにおいても、自分の心と直感に従った選択を大事にしてください。人間関係を意識して整えることは、人生好転の大きなきっかけ、弾みになるのです。


私の人生が好転したきっかけ(3)気の乗らない場所・集まりに行くのをやめた

私の人生が好転したきっかけ(3)気の乗らない場所・集まりに行くのをやめた

人生が好転したきっかけは、5つの「やめる」を実践したこと。3つめは、気が向かない場所や、行きたくない集まりに行くのをやめたこと。付き合いで行く飲み会や会合など、気分があがらない場所へ出かけるのを思い切ってやめてみる。それが心に大きな余裕をもたらしてくれるのです。


「ナイト7箇条」に該当するナイトと出会って幸せになる

「ナイト7箇条」に該当するナイトと出会って幸せになる

お姫さま願望(プリンセス願望)を満たし、幸せに生きるための「プリンセス7箇条」と対になるのが、自分だけのナイト(騎士)を見極めるための「ナイト7箇条」。プリンセスなあなたがナイトと出会えますように。


何だかパワーがみなぎってくる、「責任」のポジティブな捉え方とは

何だかパワーがみなぎってくる、「責任」のポジティブな捉え方とは

「責任」って何でしょう。日々何気なく向かい合う、責任という言葉。時には重たくシビアにのしかかってくることもあるでしょうし、姿の見えない存在にやきもきさせられることもあるでしょう。だからこそ、今「責任」なるものをポジティブに捉え直してみませんか。


私の人生が好転したきっかけ(2)足りないものに意識を向けるのをやめた

私の人生が好転したきっかけ(2)足りないものに意識を向けるのをやめた

人生が好転したきっかけは、5つの「やめる」を実践したこと。2つめは、自分に不足しているものに目を向けるのをやめたこと。他人と比べて羨んでも仕方がない。自分が持っているものに感謝して、足りないもののことを考えるのをやめるのです。


願いをかなえる7つの法則で人生がもっと輝き出す

願いをかなえる7つの法則で人生がもっと輝き出す

アレイヤ・ダオさん著『願いをかなえる一番シンプルな方法』は効果的で日常的に実践できる願いをかなえるためのシンプルな7つの法則で、あなたの内と外の世界にポジティブな変化を起こしてくれる本。書籍の内容や目次、著者メッセージなどをご紹介します。


私の人生が好転したきっかけ(1)パートナーを批判するのをやめた

私の人生が好転したきっかけ(1)パートナーを批判するのをやめた

人生が好転したきっかけは、何かを始めることではなく「やめる」ことでした。 普通の主婦である私が人生を好転させ、自分自身に満足できるようになったのは、5つの「やめる」を実践したのがきっかけでした。では具体的に何をやめていったのか。1つずつご紹介していきます。


疲れたときに会いたい人は、自信をくれる人だった

疲れたときに会いたい人は、自信をくれる人だった

疲れたときにふと「会いたいな」と思うのはどんな人ですか。大好きな人に「会いたい」と思い浮かべてもらうために必要なことはなんでしょうか。お互いにとってよい時間を過ごすヒントとなる掌編小説です。


依存を断ち切れる人が、幸せを掴み取れる。

依存を断ち切れる人が、幸せを掴み取れる。

人生は一つひとつの選択でつくられる。だから、もし今あなたが何かに依存しているとしたら、それを人生に加えようと決めたのも自分だ。ただし、依存を続けるか、断ち切ってやめるか、決めて行動するのもあなた次第。


「女」が「おばさん化」するとき

「女」が「おばさん化」するとき

おばさん化が進行するのは30代以降。同時期に「おばさん」という単語に対し、だんだん敏感になってくる。できればそんなふうに呼ばれたくない。おばさんって見た目の問題? それとも、ほかにきっかけはあるのか。ちょっとした視野の持ち方で、死ぬまで「おばさんにならない女」でいられるのかもしれない。