人生に関する記事

人生とはその人が生きている間の事で、生まれてから命が尽きるまでの一生の事。人生は一度きりなので、悔いが残らないよう生きていきたいと思います。

人生に関連するキーワード

コンプレックス 女性 幸せ 失敗 女子会 男女
>>人生に関連するキーワード一覧

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

他人の評価を過度に意識したり、他人に自分の価値観を強制したりするのではなく、自分が今この瞬間を楽しく生きることを通じて、そのエネルギーを周囲にシェアしていこう。人生とは、自分を楽しませること。そして、好き勝手に人生を楽しんでいる自分の姿を見て、人々の希望になれたら最高ではないかと思うのです。


湯山玲子『四十路越え』を読むとアラフォーの人生はバラ色に変わる

湯山玲子『四十路越え』を読むとアラフォーの人生はバラ色に変わる

老化の兆しがくっきりと現れ、気の滅入ることが増えるアラフォー世代。そんなアラフォー世代を楽しく乗り切るヒントが、湯山玲子さんの著書『四十路越え』の中にあります。


私らしく生きるために必要なのは「美意識」を鍛えるトレーニング

私らしく生きるために必要なのは「美意識」を鍛えるトレーニング

美意識、鍛えていますか? 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」』を読んで気づいたのは、私らしさを出すためにも、仕事とのより良い向き合い方にも、美意識が欠かせないということでした。


「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「羨ましい」という気持ちにサヨナラ! 隣の芝生だけが青いわけじゃない

「既婚・未婚」「子あり・子なし」「フルタイム・パートタイム・専業主婦」……などなど。女性の生き方は掛け合わせの数だけ、大きく異なります。自分と違う組み合わせの人をみて、羨んだりしたことはないですか?


「三十路のオンナに価値はない」は、全力で蹴り飛ばすことにした

「三十路のオンナに価値はない」は、全力で蹴り飛ばすことにした

女はこうあるべきとか、30代はこうなっているべきとか、誰が決めたのかわからないルールを押し付けられるときがある。何もかも否定する人や、周りと同じであることを求めてくる人は、もう放っておこう。私たちはもっと自由に、軽やかに生きられるから。


松岡修造さんの「考えろ! 考えるな!」実践で、生きやすくなった

松岡修造さんの「考えろ! 考えるな!」実践で、生きやすくなった

松岡修造さんの名言「考えろ! 考えるな!」をご存知ですか。自ら努力してどうにかなるものは、とことん考えて取り組みたい。一方、相手の気持ちや考えなど、自分の努力やコントロールが及ばないものは、考えても仕方がない。くよくよするくらいなら、ほかのことに時間を割こう。生きるのが楽になる、そんな考え方を筆者の経験と共にご紹介。


一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

関本大介というプロレスラーを初めて生で見たときの衝撃は忘れられない。厚い筋肉で覆われた頑丈な体ですさまじい試合を見せてくれた。そんな関本選手の自伝『劣等感』をご紹介する。


不甲斐ない自分でもいい。自ら愛を与えられる人でありたい

不甲斐ない自分でもいい。自ら愛を与えられる人でありたい

ナイフでえぐられた心の傷は深部にまで達した。受け入れてもらえなかった自分。言いたいことが言えなかった自分。そして成熟していなかった自分を認めざるを得ない状況に呆然とする。でも悲しみを噛みしめたら一歩前に歩き出してみよう。自分から笑顔をふりまける人になったとき、人生が好転していく気がするのです。


これからは「裏側」を見られる女性になる

これからは「裏側」を見られる女性になる

優しさには2種類ある。「見えているものへの優しさ」と「見えていないものへの優しさ」。悩んでいるときに「大丈夫?」と気にかけてもらったり、励ましてもらったり、そういう見えている優しさにはすぐに気づくことができる。でも、見えていないところにも優しさは存在していて……。


こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた人は多い、というより、皆何かしらこじらせて、それでも生きている。それを見ていると、ずっと真っ直ぐ育っていける人なんて、いないと思う。真っ直ぐ伸びているつもりでも、気づけば曲がっている。曲がるのも個性だし、曲がりながら伸びることもまた成長だ。


甘え上手な女性は生き方上手

甘え上手な女性は生き方上手

甘え上手な女性がうらやましい。私もあんなふうに甘えられたらいいのに。なんて思ったことはありませんか? 男性も女性も、仕事でもプライベートでも、良い意味で甘え上手な人は、人生がとてもスムーズに進んでいきます。今回は甘え上手になれる考え方をご紹介します。


生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生き方や働き方、もっと身近なもので言うと、ファッションやメイクもそうだ。どんなことでも、他人に迷惑をかけない範囲ならば、何を選んだっていい。生きづらい世の中、他人に無関心になる優しさを誰もが持てば、皆が少しずつ生きやすくなるんじゃないかと思う。


専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

生き方や働き方は誰もが自由に選択できる、はずなのに……。何を選んでも何かしら非難される気がするのは、気のせい? 特に昨今否定されがちな専業主婦という生き方に注目し、本当に「ダメな選択」なのか、考えてみたい。


信じた道を進み続ける人の美しさ - コマエンジェル公演「幾星霜 RETURNS」を観て

信じた道を進み続ける人の美しさ - コマエンジェル公演「幾星霜 RETURNS」を観て

東京都狛江市を拠点に活動する主婦パフォーマンス集団「コマエンジェル」による公演「幾星霜 RETURNS」を観た。昨年9月に上演された「幾星霜」の再演。そして、2017年5月には「幾星霜 OKAWARI」として、コマエンジェルが銀座博品館劇場に進出する。


地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

どこで生きるか。それは、何の仕事をするか、誰と生きるか、といった課題と並んで大きく人生を左右する選択。自分の価値観にあった望む生き方ができる場所はどこだろう? それに悩んだ女性は、何を思い、どういう結論を出したのか……?


生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

人生がうまくいくコミュニケーションの基本は、他人との付き合い方より、自分自身との付き合い方。皆さんは「本音の私」と「普段の私」、両方とうまく付き合えていますか?


『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

いよいよ春ですね。桜とともに過ごすこの季節は、私たちの生活に多くの「変化」を運んできます。そうした変化の中において、もしかしたらあなたの心はちょっぴりくたびれているかもしれません。今日はそんなあなたに、花咲く季節にふさわしいある物語から、心の中の「傷ついた少女」を癒してくれる優しい言葉をお届けします。


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる考え方を知って、毎日を心地よく過ごしてみませんか? 人生は考え方次第で自由に変えることができます。今、なんとなく生きていてしんどい、人との関わりが面倒だな、などと感じているなら、考え方を変えてみてはいかがでしょう。生きるのが楽になる考え方を8つ、前後編に分けてご紹介していきます。