辛酸なめ子 さんが 2015/04/30 に更新
DRESS6月号を辛酸なめ子さんが一足早くチェック!

DRESS6月号を辛酸なめ子さんが一足早くチェック!

5月1日発売の『DRESS』6月号は、表紙に長谷川京子さんが初登場! 長谷川さんをはじめとした、“おしゃれ”を超えて、“おしゃれすぎ”な大人の私服を大特集。彼女たちの、モードを楽しみながら自分らしいスタイルに…

辛酸なめ子 DRESS6月号 DRESS 雑誌

5月1日発売の『DRESS』6月号は、表紙に長谷川京子さんが初登場!
長谷川さんをはじめとした、“おしゃれ”を超えて、“おしゃれすぎ”な大人の私服を大特集。
彼女たちの、モードを楽しみながら自分らしいスタイルに落とし込むセンス力、実に勉強になります。

そのほかにも、今年の最旬ウォッチがひとめでわかる特別付録「BASEL TIMES」も読み応え抜群。
「DRESS CLOSET」は、家でも洗えるアイテムだけを集めました。漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんが気になった記事は?
さっそくレビューをチェック!
 

SPECIAL
アイ・ビエルさんの端正なおしゃれの作り方

NY在住のデザイナーアイ・ビエルさん。シンプルでベーシックで筋の通ったライフスタイルが凛としたオーラを形作っているようです。「自分が『好き』『美しい』と感じたものを少しずつ集めて丁寧なケアを怠らず長年愛用」その一例として、マストハブの白スニーカーは汚れたら手洗いし、長くはき続ける、という一文に感動&反省。小学校の頃は誰もが上履きを手洗いしていたのに、いつの間にかその精神は忘れ去られ、汚れたら買い替える、というループにハマってしまっていました。アイ・ビエルさんは服や靴に愛情をかけることで、デザイナーとして衣服と相思相愛の関係を築いているのでしょう。(辛)

 

DRESSの最新ファッションキュレーターたちの、夏の私服計画
/6人6色、ドレススタッフたちのこの春、何買った? どう着る?

おしゃれ最上級者、ファッションキュレーターの私服の記事を見ると、シンプルでゆったりしたシルエットが多いようです。Tシャツはナナメにインしているのが、またおしゃれなシワを作り出しています。ゆるシルエットに合わせるためか、ショートカット率が高く、髪型も含めて全身スタイリングしているのがさすがです。
ファッションページ担当のスタッフがこの春リアルに買ったものを紹介するページでは、流行のガウチョパンツを3つも買った人が。素人は流行が終わったらもうはけないかも……と躊躇してしまいますが、これを見て勇気が出ました。さりげなく消費行動を促進する記事です。(辛)

 

SERIAL
今宵、サイエンス・バーで。第13回稲垣栄洋博士

テーマは雑草。稲垣栄洋博士の「雑草が強いというのはじつは人間の勝手な思い込み」「実際には雑草が踏まれて立ち上がるということはあまりありません。そもそも、なぜ立ち上がらないとならないのでしょう?」「踏まれて立ち上がるという無駄なことにエネルギーを費やすよりも、踏まれながらどうやって花を咲かせ、種を残すか。それを考えることのほうがよっぽど合理的です」という話に心の琴線が震えました。踏まれたままでも生きていっていいんだ、という……。雑草に感情移入しすぎてしまう魅力的な記事でした。(辛)

 

Project DRESSマニフェスト

全ての女性が輝ける社会の実現を目指すマニフェスト。事実婚を認める柔軟なパートナーシップや、余裕がある人から困っている人に贈与するシステム、65歳以上を老人扱いするのをやめる、などありそうでなかった、でも実現してほしいマニフェストが挙げられていて心強いです。さらにもし可能でしたら、働く女性が日々体調を整えるために必須なマッサージ系を、保険がきくようになればすごくありがたいののですが……。(辛)

 

SERIAL
CHICO SHIGETA監修「肌、触れ合って、心、感じあう」
パートナーとの愛を深めるLOVE MASSAGE

パートナーとの関係を深めるCHICO SHIGETAさん提唱のマッサージ。
SIGETAのオイルは愛用していましたが、自分にしか塗っておらず(自塗り)、また自分で自分を揉んでばかりなので、カップルマッサージの写真はインパクト大。女性が男性の腿まくらで、顔を包み込まれて優しく揉まれる……。この写真のポイントは、男性のシャツがはだけているところ。割れた腹筋を見せつけています。ラブマッサージ、お腹がたるんだアラフォー男性にはなかなかハードルが高いかもしれません。また別の角度から腹の脂肪に包み込まれるのは気持ち良さそうですが……。 (辛)

 

辛酸なめこ:漫画家・コラムニスト。東京都生まれ、埼玉県育ち。著書は『女子校育ち』『アイドル処世術』『絶対霊度』『なめ単』など。

OTHER TOPICS

FASHION

贅沢を着こなせる女になりたい 女のダンディズム

Tシャツだから着心地よし。だけどバッチリきちんと感
ドレTで「働く」にもっとカジュアルを!

BEAUTY

2015サマーメークは“シアー”“シック”がキーワード
唇に、眼差しに、指先に。夏は“色”がなくちゃ始まらない!

目指すは体重減ではなく、引き締めとメリハリ
夏までに美BODY! 背中 二の腕 お腹 ダイエット

SERIAL

[連載]NAVI CARS編集長がDRESSな女とドライブデート
スーパーカーで今川焼きのギャップに女性は弱いのか?

DRESSの東京LOVEレストラン
イタリア食堂のご馳走パスタ。

 


DRESS定期購読はこちらよりお申込みいただけます

 

DRESS6月号P62のASTRAETの素材表記に間違いがありました。
シルク素材とありますが、正しくはポリエステルテシンとなります。

DRESS 6月号P200「 部活ジャーナル」内で誤りがありました。
「合歓の郷」ホテル&リゾートとなっていますが、正しくは「合歓の郷 ホテル&リゾート」 となります。

訂正し、深くお詫び申し上げます。

関連する投稿


私たちが今、「自由」に惹かれる理由

私たちが今、「自由」に惹かれる理由

『DRESS』「Project DRESS」での人気連載や書き下ろしコラムを収めた経沢香保子さんの新刊『すべての女は、自由である。』が本日発売に。この自由な時代に、自分が望む人生を創り上げるヒントが満載です。WFP 国連世界食糧計画(国連WFP)職員の田島麻衣子さんによる書評をお届けします。


【登録無料】DRESS会員募集中!!

【登録無料】DRESS会員募集中!!

DRESSでは会員を募集しております。会員登録無料です。男性も会員になることができます。[※女性のみ参加可能なイベントが一部ございますのでそちらへの男性の御参加はできません。] 家庭でも仕事でもない「サードプレイス」から始まる、新しいアナタの人生を、この春、始めてみませんか??



ポジティブな離婚 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#2】

ポジティブな離婚 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#2】

3組に1組が離婚する時代。もはや離婚は珍しい話ではない。でも、実際に離婚を経験するまで、それを現実味のある数字として受け止めたことはなかったと、自らを振り返って思う。最近、私は独身に戻った。


いい男は落ち着かない 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#1】

いい男は落ち着かない 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#1】

こんにちは、今年からDRESS Webの編集長を務める池田園子と申します。月に一度、私が出会った「DRESS世代のいい女、いい男」をテーマにコラムをお届けします。どうぞよろしくお願いいたします。


最新の投稿


【すぐやる実践婚活教室 #2】「凛ふわ」感を身につけて、惚れさせ体質の女になる

【すぐやる実践婚活教室 #2】「凛ふわ」感を身につけて、惚れさせ体質の女になる

婚活がうまくいかなくて悩んでいるあなた。男性から選んでもらおうとしていませんか? 選んでもらうのではなく、選ばせる女性になる。「惚れさせ体質の女」になることこそ、最強の婚活必勝法。すぐやることで身に着くPractice。さあ、あなたも今すぐ始めましょう。


今月の「推しコス暦」 マストバイな新作コスメをご紹介!

今月の「推しコス暦」 マストバイな新作コスメをご紹介!

8月発売のコスメをピックアップ!


「石鹸の香りがする女」は婚活で勝つ

「石鹸の香りがする女」は婚活で勝つ

近づいた瞬間だけ香る女は、婚活界から早々と卒業していくという。一体なぜ?


「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第3話

「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第3話

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。


【札幌DRESS部】オバさんっぽさとこなれ感の違いって? ヘアアレンジイベントをレポート!

【札幌DRESS部】オバさんっぽさとこなれ感の違いって? ヘアアレンジイベントをレポート!

6月に開催した札幌DRESS部企画「自分に似合うまとめ髪」”ヘアアレンジレッスン”。好評につき、第二回目のイベントが開催されました。札幌DRESS部運営チームの神田さんがレポートします。