2月号をもっと楽しむ! Editor’s Pick Up

2月号をもっと楽しむ! Editor’s Pick Up

米倉さんもキティちゃんも誕生40周年! という嬉しい偶然から実現したコラボ表紙です。撮影現場ではキティちゃんの七面相を真似てあらゆる顔をつくってくれた米倉さん!そんなDRESS恒例の開運号の発売直前とっても…


米倉さんもキティちゃんも誕生40周年! という嬉しい偶然から実現したコラボ表紙です。撮影現場ではキティちゃんの七面相を真似てあらゆる顔をつくってくれた米倉さん!そんなDRESS恒例の開運号の発売直前とってもおめでたいニュースが飛び込みましたね。『DRESS』を読めば開運できる! そんな都市伝説が生まれそうです。(副編集長・渋澤)

 

SPECIAL

「かわいい」の国のヨネクラリョウコ。

「もういい大人だし、キャラクターとかそんなに興味ないし」なんて、すっかり乙女心を忘れてしまった編集部スタッフ女子一同。(その筆頭が私です)にもかかわらず、キティちゃんに会った瞬間、ものすごいテンションに……。かわいい!手を振って欲しい!抱きしめたい!このかわいさはいったい何??? もはやあふれだす衝動が止められず、そんな自分にびっくりしました。ロケ地のサンリオピューロランドは、大人の女性が心から楽しめる場所。2015年の開運キーワードは「かわいい」ですし、ぜひ遊びにいってみては?(編集・石井)


更新すべき家電 買い替えリスト

2015は家電を買い替えることが、開運につながるそうですよ! どうせ買うなら、デザインもよくて機能性も高いものがおすすめ。キッチン、リビング、ベッドルーム、バスルーム、4つの空間別におすすめ家電を集めました。(編集・影山)

 

板谷由夏さん、2015年最強の開運神社へ行く!

普段ドラマで見せてくれるクールなお顔から一変、少女のようにキュートな表情がとても印象的だった板谷さん。まわりのみんなまでハッピーに!すごく楽しいロケでした。ちなみに撮影で榛名神社に行ってからというもの、難題がするっと解決したり、お仕事で素敵な出会いがあったりといいことばかり。パワースポットって本当にあるんだなと実感した次第です。榛名、かなりおすすめ!(編集・石井)

 

小澤美和さんのハッピーを呼び込む開運メーク

なんと眉は、その人の印象の7割を左右するのだとか。そこで、ツール3つで開運できるメーク術を教えてもらいました。難しいテクニックいらずで、とても簡単! 眉を変えるだけで、今すぐ開運顔に近づけます。(編集・佐野)

 

肌時計を巻き戻す、究極のアンチエイジング

2015年は”アンチエイジング”が開運のキーワード。日々ものすごい数のコスメをお試しする美容プロに、「本気推し」のアイテムを聞きました。読んでいるだけで、「こ、これは効きそう!」なスキンケアが勢揃い。新年こそ、一新するチャンスですよ〜。(編集・佐野)

 

別冊付録
HANKYU BEAUTY×うめだきれい塾 コスメBOOK

別冊付録は「新・大人かわいい」をテーマにしたコスメブックです。
大人と言えばついつい、クールビューティーなイメージがありますがもっと「かわいい」を追及してもいいのでは! と提案しています。この別冊を読めば人気ブランドの新春の新作からスペシャルな限定アイテムまで情報が網羅できます!(副編集長・渋澤)

 

 

FASHION

長谷川理恵 41歳
今の私が着たい服、似合う服

長谷川理恵さんのページがこの号からリニューアルされました。今までは長谷川さんの生活のベースとなる鎌倉で行われていましたが、41歳になった長谷川さんに、〝この年になったから似合う等身大の着こなし〟をテーマに毎月実際にリースに行っていただきコーディネート提案をしていただきます。私服もとてもおしゃれな長谷川さん。今後のページも楽しみです!(ライター・増野)

 

SHOPPING

DRESS CLOSET

絶対ほしい!カッコよく着られそう!おしゃれに見える! をモットーにしたDRESS CLOSET。
誌面もリニューアルされますますパワーアップ! 今回の目玉は何と言ってもパイソンにゴールドの箔があしらわれた開運財布。
そして、私個人的におすすめは、冬スタイルをマンネリ打破できるキレイ色のニット。柔らかいアンゴラを使用したことで、発色もキレイで着心地も最高!みなさん、是非年末年始のお休みに検討してみてください。(ライター・増野)


PEOPLE

もしあなたの「人に言えない恋」の相手が、
歌舞伎役者だったら……片岡愛之助さん

十二月大歌舞伎中の大変お忙しい中、「もし彼」の撮影に応じてくださった愛之助さん。 公演後、夜22時スタートのロケは、大人の艶っぽさを出して頂こう!ということで夜の銀座で行われました。12年間お休みがないため彼女に振られることが多いと語る愛之助さんでしたが、とても気さくで、聞き上手の愛之助さんにその場にいた女子編集部員全員がノックアウトでした(笑)!(ライター・増野)

 

進藤やす子40歳、婚活人生泣き笑いゲーム

リアルな婚活の模様をリポートする連載も3回目。マッチングサイトで出会ったひとりめの彼の音信不通事件から立ち直り、再びマッチングサイトで知り合った男性3人とデートを試みた進藤さん…さてその結末は!?(編集・影山)

 
 

2014年12月27日に発売致しました「DRESS2月号」におきまして誤りがありました。
正しくは以下の通りです。

P27長谷川京子さんご着用メガネ バートン ペレイラの値段
(誤)51,840円(税込み)
(正)52,920円(税込み)
読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

この記事のライター

関連するキーワード


DRESS 雑誌

関連する投稿


私たちが今、「自由」に惹かれる理由

私たちが今、「自由」に惹かれる理由

『DRESS』「Project DRESS」での人気連載や書き下ろしコラムを収めた経沢香保子さんの新刊『すべての女は、自由である。』が本日発売に。この自由な時代に、自分が望む人生を創り上げるヒントが満載です。WFP 国連世界食糧計画(国連WFP)職員の田島麻衣子さんによる書評をお届けします。


【登録無料】DRESS会員募集中!!

【登録無料】DRESS会員募集中!!

DRESSでは会員を募集しております。会員登録無料です。男性も会員になることができます。[※女性のみ参加可能なイベントが一部ございますのでそちらへの男性の御参加はできません。] 家庭でも仕事でもない「サードプレイス」から始まる、新しいアナタの人生を、この春、始めてみませんか??



ポジティブな離婚 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#2】

ポジティブな離婚 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#2】

3組に1組が離婚する時代。もはや離婚は珍しい話ではない。でも、実際に離婚を経験するまで、それを現実味のある数字として受け止めたことはなかったと、自らを振り返って思う。最近、私は独身に戻った。


いい男は落ち着かない 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#1】

いい男は落ち着かない 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#1】

こんにちは、今年からDRESS Webの編集長を務める池田園子と申します。月に一度、私が出会った「DRESS世代のいい女、いい男」をテーマにコラムをお届けします。どうぞよろしくお願いいたします。


最新の投稿


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。


【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

駐妻になった私は仕事を辞め、専業主婦として日々を過ごすようになった。でも、その暮らしは楽しいばかりではなく、葛藤や不安もあふれていた。モヤモヤした期間を経て気づいたのは、人の役に立っているという実感を、どんな形でもいいから作ることの大切さだった。