12月号をもっと楽しむ! Editor’s Pick Up

12月号をもっと楽しむ! Editor’s Pick Up

今月の表紙のアニマル柄のウォッチ、ちょっと気になりませんか?裏DRESS「米倉涼子 Everyday Luxeを1点投入」でもバージョン違いを紹介していますが、ウブロというブランドの時計です。そのほかに、ボルサリーノの…


今月の表紙のアニマル柄のウォッチ、ちょっと気になりませんか?
裏DRESS「米倉涼子 Everyday Luxeを1点投入」でもバージョン違いを紹介していますが、ウブロというブランドの時計です。そのほかに、ボルサリーノのハットやイギリスで人気のメガネブランドな日常に1点投入したいリュクスなアイテムを紹介しています。(副編集長・渋澤)


SPECIAL
[裏DRESS]私に美しくなじむラグジュアリーが欲しい
米倉涼子 Everyday Luxeを一点投入

今回の表紙や裏ドレスの撮影は九州のグランドハイアット福岡のスイートルームで行いました。実は、米倉さんには「日常贅沢品」を探るため、九州取材に行っていただいたのです。柿右衛門、レクサス……ともに九州から世界に羽ばたく日本が誇る贅沢品の奥深い魅力については、ぜひ「贅沢必需品 PART3」をご覧ください。(副編集長・渋澤)

大特集
好きな服を着てご機嫌よく毎日を過ごしたい♥
働くおしゃれびとは“がんばらない”スタイル

今回の仕事服特集は、とにかくアラフォーの私たちが、リアルに着られて、ちゃんと今っぽくて、体型カバーもできる、そんな服とコーディネートを集めました。こんな女性でありたいな、というシーンでご紹介しています。どれも、今すぐ着たい! と思うものばかりなので、これからの季節のおしゃれの参考にしてください。(編集・影山)


スタイリスト斉藤美恵さん発
働くおしゃれびとは、「ふつうでおしゃれ」がいちばん素敵!

「丸の内のおしゃれびとスナップ」には、場所や職種柄、色は白や黒といったシックなものにおさえつつ、シルエットや小物で今っぽさを出すという、おしゃれ上級テクがたくさん。ドレスコードのある職場で働いている方々が、明日からすぐに参考にできるヒント満載だと思います。(編集・石井)


オフィス街で素敵さ5割増し
“颯爽と”歩ける! 走れる! 「美ズ」シューズ

実際に靴を見てびっくり。ひと昔前は、いかにも!なシルエットのものたちが多く、この歳ではまだ手を出したくないなーという印象でしたが、最近のはすごいですね。形そのものが美しく、履いてみると足もキレイに見える。なおかつ、クッションでフッカフカ!働く女が、もう痛い足を我慢する時代ではなくなりました。美しい靴を履きながら、どこまでも軽やかに。お仕事も恋も(?)はかどりそう!(編集・石井)


[2号集中連載]松本千登世責任編集
『DRESSな女、100の定義』の後半編

11月号で大好評だった松本千登世責任編集、『DRESSな女、100の定義』の後半編も、またまた心に刺さるフレーズの嵐です! 私的には「顔にも体にも心にもインナーマッスルがある」「頭皮も綺麗、腸も綺麗」「若い大人」より「素敵な大人」を目指しているが刺さりました。さて、皆様はどの言葉にハッとしましたか?(副編集長・渋澤)


[新連載]やっぱり結婚したい! パートナー探しを誌上実況中継
進藤やす子40歳、婚活人生泣き笑いゲーム

今年の夏にはお部屋も開運部屋に大改造し、本気婚活をスタートした進藤やす子さん。その婚活の模様を、漫画でお届け! ここに描いてあることは、すべて実話です。赤裸々過ぎて、ドキドキする内容も……。婚活中のあなたも婚活とは無縁のあなたも、ぜひご覧ください!(編集・影山)


FASHION
ニットほど女であることを楽しめる服はない
KNIT! KNIT! KNIT! 59

ニットって着ているだけで無条件でかわいくなれる、女っぽくなれる、オーバーサイズでも上手く着こなせてバランスがとりやすい……などいいこと尽くし。素材が柔らかいから、雰囲気も柔らかくなれる優秀アイテム。今年の冬は、ニットが豊作なので、いろんなタイプのニットを集めてみました!(編集・金光)


PEOPLE
もしもあなたの「人に言えない恋」の相手が、平岡祐太だったら……

甘いマスクで「ザ・イケメン」という言葉がぴったりの人気俳優・平岡祐太くん。今回は、東京タワーでのデートです。子犬のような無邪気な笑顔に癒されてください!(編集・岡部)


SERIAL
芯のある女性はしなやかで揺るがない I AM A REAL WOMAN
FRANCESCA AMFITHEATROF

ティファニーのデザイン ディレクター、フランチェスカさん。とってもキレイな人で、これから美のアイコンになっていく人になる予感!(編集・高杉)


栗原心平のオトコメシ×オンナメシ

今月のお題は長芋。ゲストは、業界でもファンが多いチオベンの山本千織さんです! 栗原さんが提案するとろろの豚しゃぶは、簡単で美味しくて我が家でも定番になりつつあります。ぜひお試しを!(編集・影山)

 

12月号P.52、P.48に掲載した商品の発売日の掲載に誤りがありました。
P48のベイジ.のカーディガンは現在発売中となり、
P52のベイジ.の白のワイドパンツが12月展開予定です。
ここに訂正しお詫び致します。

本誌12月号P.64にて誤りがありました。
誤 ネックレス¥23,760/マックス アンド コー(マックス アンドコー ジャパン)
→正 ネックレス¥44,280/ミーガン パーク(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)
ここに訂正し、お詫び致します。

12月号P.129に掲載した「崎陽軒のひょうちゃん」に関する記述に誤りがありました。
しょう油入れの「ひょうちゃん」が入っているのは
「シウマイ弁当」ではなく、正しくは「シウマイ」です。
また、赤いパッケージも「シウマイ弁当」ではなく、
正しくは「シウマイ」です。ここに訂正し、お詫び致します。

この記事のライター

関連するキーワード


DRESS 雑誌

関連する投稿


私たちが今、「自由」に惹かれる理由

私たちが今、「自由」に惹かれる理由

『DRESS』「Project DRESS」での人気連載や書き下ろしコラムを収めた経沢香保子さんの新刊『すべての女は、自由である。』が本日発売に。この自由な時代に、自分が望む人生を創り上げるヒントが満載です。WFP 国連世界食糧計画(国連WFP)職員の田島麻衣子さんによる書評をお届けします。


【登録無料】DRESS会員募集中!!

【登録無料】DRESS会員募集中!!

DRESSでは会員を募集しております。会員登録無料です。男性も会員になることができます。[※女性のみ参加可能なイベントが一部ございますのでそちらへの男性の御参加はできません。] 家庭でも仕事でもない「サードプレイス」から始まる、新しいアナタの人生を、この春、始めてみませんか??



ポジティブな離婚 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#2】

ポジティブな離婚 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#2】

3組に1組が離婚する時代。もはや離婚は珍しい話ではない。でも、実際に離婚を経験するまで、それを現実味のある数字として受け止めたことはなかったと、自らを振り返って思う。最近、私は独身に戻った。


いい男は落ち着かない 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#1】

いい男は落ち着かない 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#1】

こんにちは、今年からDRESS Webの編集長を務める池田園子と申します。月に一度、私が出会った「DRESS世代のいい女、いい男」をテーマにコラムをお届けします。どうぞよろしくお願いいたします。


最新の投稿


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。


【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

駐妻になった私は仕事を辞め、専業主婦として日々を過ごすようになった。でも、その暮らしは楽しいばかりではなく、葛藤や不安もあふれていた。モヤモヤした期間を経て気づいたのは、人の役に立っているという実感を、どんな形でもいいから作ることの大切さだった。